トマトはレンジで爆発する!?栄養はどう変わる?爆発防ぐ方法も

トマト

トマトは、爆発します。

ドーンと炸裂します。

レンジに入れたら破裂するわけではなく、加熱したらヤバいです。

でも、大丈夫です。ひと手間かければ、回避できます。

しかも、トマトには加熱すると増える栄養成分もあります。

今回は、トマトのレンジでの爆発対策や栄養などについてお伝えします。

スポンサードリンク

トマトはレンジ加熱で爆発するか

 

トマトは、条件が整うとレンジで爆発します。

レンジは、電磁波によって食品中の水分子が運動し、

それによって生じた熱によって内部から加熱します。

つまり食品内部の水分が沸騰状態になるわけです。

 

食品を加熱する時は、焼いたり茹でたりしますが、どれも外側から熱を加えます。

ということは、レンジ加熱に向いている食品もあれば、不向きの食品もあります。

レンジ加熱が不向きな食品の代表が、です。

 

レンジが発売された当時、

加熱しても焦げない調理器具ということで話題になりました。

当時の主婦にとっては、「焦げない魔法の調理器」と期待されましたが、

卵料理が苦手ということで残念がられたという話があります。

そこで、レンジは主に料理の再加熱に使われた時代がありました。

 

再加熱でも、レンジの苦手がバレてしまいました。

ご飯、特に赤飯(おこわ)は水分が少ないと

レンジで加熱した時にカピカピになってしまうのです。

つまり、レンジでチンする時は水分がポイントだと認識されるようになりました。

トマトの賞味期限は見た目でわかる?ぶよぶよしていたら?

 

トマトのレンジでの爆発を防ぐには切る・穴をあける・いったん冷凍する

 

トマトに話を戻します。

トマトは中に含まれる水分量が多く、外側を皮膜で覆われています。

爆発する条件が揃っています。

では、どうすればトマトの爆発を防げるのでしょうか?

ヒントは「外側を皮膜で覆われている」です。

外側を皮膜で覆われていなければ、理論上は爆発しません。

 

そこで、外側の皮膜を覆われない状態にするためにはどうするか?

簡単な方法は、トマトを切ることです。

皮膜が完璧な状態のトマトを加熱するから爆発するのですから、

丸いトマト以外の形にしてしまいます。

 

でも、どうしても丸いトマトの形にこだわりたい時は、

トマトに楊枝などでポツポツと穴をあけます

コンビニのお箸についているつまようじは、こんな時にも使えます。

レンジで目玉焼きを作る時は、黄身にポツポツと穴をあけて爆発を防ぎます。

 

この方法は、ミニトマトではよく使われています。

簡単にしたい時には、フォークでプスプスします。

包丁でやってみたい時は、ヘタを中心に皮膜を十文字に切ります。

湯むきよりは長めにして、爆発が心配であれば切る本数を増やします。

 

この他に、切ったり穴をあけたりしないでトマトの爆発を防ぐ方法があります。

それが、トマトをいったん冷凍することです。

トマトは洗ってから、ヘタをまわりごとくり抜くようにきれいに取り除きます。

ミニトマトの場合は包丁を使わなくても、手でヘタを取ればOKです。

 

冷凍用のジッパーバッグに入れて、空気を抜いて冷凍します。

約2週間を保存期間を目安にしてください。

この冷凍トマトのスゴイところは、レンジで加熱しても爆発しないだけではありません。

皮が簡単にむけることです。

凍ったまま、流水にあてるだけで、皮がつるんとむけます。

湯むきの必要はありません。

スポンサードリンク

トマトのレンジ加熱で栄養はどうなる?

 

トマトをレンジで加熱すると、増える栄養素があります。

主な増える栄養素はリコピン、ルテイン、ベータカロチン、ビタミンKです。

 

リコピンはトマトの皮に集中していて加熱で吸収が3倍になる

トマトといえば、リコピン

リコピンといえば抗酸化作用で、老化防止に役立つことで有名です。

トマトの赤はリコピンの色。

リコピンはカルテノイド色素の一種で、皮に集まっていますので、

食べる時はなるべく皮をむかないで食べましょう。

また、加熱することでリコピンは吸収が3倍に高まるといわれています。

 

目の疲れが気になる時は加熱したトマトでルテインの補給を!

ルテインは、目の疲れに効果があるとして話題になっています。

ルテインは、リコピン同様カルテノイドの一種です。

リコピンと同じように抗酸化作用があります。

そして、ルテインは熱に強い栄養素としても有名です。

スマホやパソコンの使用で目の疲れを感じる時はトマトを加熱して、

ルテインを補給してください。

 

体内でビタミンAに変わるベータカロチンは、油と相性バッチリ

ベータカロチンは、体内に入るとビタミンAにかわります。

ビタミンAは主に粘膜の保護を行い、ウイルスの侵入を防ぎます。

また、ビタミンAは脂溶性ビタミンですので、

油を使って料理をすると吸収率が10倍になります。

 

カロリーが心配な時は、煮るだけでも吸収率は2倍になります。

メニューの中で、トマトの加熱に油の使い方を工夫しましょう。

 

骨の形成を強める効果のあるビタミンKは加熱しても変化なし

骨の形成にかかわるビタミンKは、骨粗鬆症にも効果があります。

骨粗鬆症の予防は20代から始めないと、手遅れになります。

そして、ビタミンKも脂溶性ビタミンです。

加熱しても減ることはありませんので、効果的に油を使用して加熱しましょう。

 

ビタミンCは煮るより焼いてトマトの中に閉じ込めてしまう!

トマトの栄養成分は加熱して増える成分だけではありません。

ビタミンCもトマトには多く含まれています。

しかし、ビタミンCは水溶性ビタミンですので調理方法によって、

水分に溶ける量が異なります。

トマトを煮ると、ビタミンCはほとんどが溶け出てしまいます。

 

ところが焼くとビタミンCは破壊されて2割くらい減ってしまいますが、

調理に水を使用しないので、溶けることはありません。

つまり調理に使う水分量で、加熱した後に残っているビタミンCの量は異なります。

水を加えて調理するより、レンジで加熱したほうが

ビタミンCはより多くトマトに残った状態になります。

 

調理は科学です。

加熱すると、栄養成分は濃縮されます。

その時の水分の減少が蒸発するか、流れ出てしまうかで栄養価は変わります。

 

トマトはレンジで爆発する?栄養は?:まとめ

 

トマトもミニトマトも切るか、皮に穴をあけるか、いったん冷凍するとレンジで加熱しても爆発しません。

トマトにはリコピンやルテイン、ベータカロチンなど抗酸化作用を多く含んでいます。

そして、抗酸化作用のある栄養素は目の疲れにも効果を発揮します。

どうぞ、ひと手間かけて爆発を防いだトマト料理のレパートリーを増やして、楽しくトマト生活を楽しんでください。

トマトの常温は腐るまで何日かかる?長持ち保存の方法もご紹介!

トマトの賞味期限は冷蔵庫でいつまで?その他の場合は?

トマト関連の記事として、こちらもご覧ください↑

 

スポンサードリンク

コメント