トマトは苦手!! ではフルーツトマトは?苦手克服の調理法とは?

一年中、いつでもお目にかかれるとても身近な野菜「トマト」。

なかでも夏にかけては旬の野菜として、美味しいトマトがいただける季節です。

みずみずしい真っ赤なトマトには元気のもとがたくさん詰まっています。

「トマトが赤くなれば医者が青くなる」なんていうことわざがあるくらい栄養価が高い、まさに健康優良児のトマト。

親としてはぜひ・・何としても食べてもらいたい「トマト」・・なんですが、「嫌い」「苦手」な子供が結構多いようです。

そんなトマトが苦手な人でもフルーツトマトなら大丈夫なのか、レシピなどをご紹介します。

トマトの酸味が苦手な子でもフルーツトマトならOKな訳とは?

 

トマトが好まれない理由のひとつがその「食感」です。

実の部分のざらっとした感じ、種のどろっとしたのが、嫌い。

確かに、そんな感じするかもしれませんね。

 

そしてトマトのもつ独特な「酸味」が、

トマトが好まれない大きな理由になっているようです。

野菜くささ・・っていうんでしょうか。

 

もともと、「酸味」や「苦み」は子どもたちの苦手な味になりやすいそうです。

食べ物の「酸味」は「腐ったもの」として、

「苦み」は「毒のあるもの」として、

体が本能的にそれらを「害のあるもの」として捉え避けてしまうというのです。

自らを守ろうとしているのですね。

 

一方、「甘味」や「うま味」は好まれる味として受け入れられます。

食べ物の「甘味」や「うま味」の中には子どもたちが成長するために

必要なエネルギーや栄養がたくさん入っていると、

これもまた本能的に感じてとっているんですね。

 

人間は、本当に素晴らしく出来ているものです。

 

トマトとフルーツトマトの味の違い

 

そんな子供たちの本能をくすぐる、

フルーツのように甘味たっぷりの「フルーツトマト」

こちらも目にすることが多いのではないでしょうか。

 

「フルーツトマト」とは品種名ではなく、

「水分ストレス栽培」という方法で甘くなったトマトのことをいいます。

トマトに極限まで水分を与えないことで、トマト自身が生命と存続の危機を感じ、

子孫を残そうと実に栄養分をどんどん送り込むんだそうです・・

その結果、甘味が強く濃縮されたトマトができあがります。

 

甘さを数字で表した「糖度」が8度以上のトマトをフルーツトマトと呼びます。

普通のトマトの「糖度」が4~5度ですので

2倍の甘さということになりますね。

 

水分が少ないため実はあまり大きくなりませんが、

普通のトマトに比べ甘さは約2倍、リコピンはなんと3~5倍にもなります。

(栽培方法により違いはありますが)

 

また、酸味のバランスも良く、あの独特な野菜くささもが軽減され

とても食べやすくなっています。

甘味も栄養分もびっしり凝縮されたフルーツトマト。

普通のトマトは食べられなくても、フルーツトマトなら大丈夫!

そんな子供が多いのは、どうやらこの味の違いにあるからなのです。


 

トマトが苦手な子が好きになるフルーツトマトレシピご紹介!

 

トマト最強成分の「リコピン」は、もともと油に溶けやすく熱にも強い、

生で食べるより吸収が良い!という性質を持っています。

まずは、心もほんわり、温かなスープをご紹介します。

トマト苦手でもOKなフルーツトマトレシピ:トマトスープ

◎材料(2人分)

  • 玉ねぎ1個
  • フルーツトマト1個
  • コンソメ顆粒大さじ1/2
  • お湯300ml
  • 有塩バター20g
  • こしょう少々
  • 乾燥パセリ少々

 

玉ねぎは薄切り、トマトは1cmの角切り、

バターで玉ねぎをアメ色になるまで炒め

お湯を入れ弱火で10分、コンソメとトマトを入れひと煮たち、

こしょうで味を調え器に盛り、パセリを散らして出来上がり。

彩りのきれいさで食欲もアップ!子どもの喜ぶ味ですよ。

 

トマト苦手でもOKなフルーツトマトレシピ:トマトと卵のチーズ炒め

材料(2人分)

  • 卵2個
  • フルーツトマト1個
  • ピザ用チーズ25g
  • マヨネーズ大さじ1/2
  • 塩、こしょう各少々
  • サラダ油大さじ1

 

※ボールに卵を割りほぐしマヨネーズ、塩、こしょう、

2cmに角切りしたトマトを混ぜる。

フライパンにサラダ油を熱し、※を入れて大きく混ぜ合わせ、

半熟状態でチーズを散らす。

蓋をして火を止め、余熱でチーズが溶けたら出来上がり

 

果物のように甘いフルーツトマトですから、

デザート感覚で頂くのもおすすめですね。

 

トマト苦手でもOKなフルーツトマトレシピ:フルーツ・トマトヨーグルト

材料(2人分)

  • プレーンヨーグルト  大さじ3
  • 市販のいちごソース 大さじ1
  • フルーツトマト 1/2個(細かく切る)

 

そうは言うものの、フルーツトマトだってトマトでしょ・・

トマトは見ただけで「いやなのっ!」と強い意思をお持ちの子ども、

中にはいらっしゃるかもしれませんね。

 

そんな子どもには、(まずはバレないように)

いつもの大好きなカレーやミートソースにフルーツトマトを加えてみて下さい。

コクが出て美味しくなりますよ。

 

母「今日のカレー、美味しかったでしょう~」

子ども「美味しかった!!」

母「どうしてだと思う~?」

子ども「う~~ん??」

母「このトマト入ってたからだよ~」(と、手に持たれたフルーツトマトが登場する)

子ども 「へぇ~、トマト大好き!」(と、フルーツトマトを手に取り大喜びする)

 

なんてストーリーが成り立つと、良いですね。

子ども達は経験を積み重ねる中で、本能的に受け入れなかったものも少しずつ

「危害を与えない存在」として認め食べられるようになります。

トマトの栄養

 

トマトが真っ赤なのは天然色素カロテノイドのひとつ

「リコピン」が豊富だからなんです。

この「リコピン」、トマトの代表的な成分で、

大変強い「抗酸化作用」があると言われています。

 

私たちは呼吸をしながら、酸素を体の中に取り入れていますよね。

酸素は体の中で様々な過程を経て、生きていくためのエネルギーに

作りかえられていくのですが、その一部が「活性酸素」にかわります。

 

「活性酸素」は体内で細菌と戦ったり、ウイルスを防いだりと

兵士のような役割を担っているのですが、

増えすぎてしまうと私たちの細胞や遺伝子を攻撃してくるというのです。

 

その結果、私たちの体は疲れやすくなったり、

風邪をひきやすくなったり、様々な病気を起こしやすくなってしまいます。

「リコピン」はちょっと厄介なこの「活性酵素」の増えすぎを、

強い「抗酸化作用」の力で防いでいるのです。

 

また、トマトには骨を丈夫にするために

必要なカルシウムやビタミンKも多く含まれています。

これからすくすく成長していく子供たちに大切な栄養素ですね。

 

さらにトマトの皮に含まれる「ペルオキシダーゼ」という酵素が

花粉症などのアレルギー症状を改善させる働きがあるというのですから、

トマト丸ごと、昔のお医者さんを青くさせたのもわかる気がしますよね。

 

トマトが苦手だけど、フルーツトマトは?:まとめ

 

毎年発表されている「子どもの嫌いな野菜ワースト10」に常にメンバー入りしているトマトが、

子どもたちの成長とともに「好きな野菜トップ10」入りを果たしていくのもそれを物語っているかもしれませんね。

 

もともと人が生まれながらにもっている「防衛反応」にも邪魔され嫌われることが多いトマト、

過酷な環境の中に身を置き「フルーツトマト」として私たちの前にやってきました・・

なんだか、トマト自身が選んだ道なのではないかと私などは勝手に想像してしまいます。

それほど、トマトは栄養豊富・・トマト自身が知っていて、子ども達にもたくさん食べてもらいたいだって。