トマトそのままはいつから食べられる?赤ちゃんや子供のために!

トマト

子供にはじめて食べさせる食材って、少し緊張しますよね。

はじめての白湯、はじめてのつぶしがゆ、はじめての果汁・・・。

食事に関しては特にあかちゃんの「はじめて」の数と同じだけの数

のママ・パパの緊張が存在するものですよね。

 

離乳食は首がしっかり座り、食に興味を持ちはじめる

生後5,6か月後頃から開始するのが一般的です。

つぶしがゆから始め、次にすりつぶしたお野菜に移りますが

ここあたりで「これはどうなんだろう?」と疑問に思う食材がいくつかでてきますよね。

 

トマトはどうでしょう?

トマトは簡単にソースにできるので当時フルタイムで働きながら子育て

をしていた私はとてもお世話になりました!

 

ただ、はじめて使おうと思ったときは私も

「皮は剥いたほうがいいよね?」「アレルギーの心配は?」

などいくつか疑問に思った食材の一つです。

そんなトマトはいつからそのまま食べられるのか、についてご紹介します。

スポンサードリンク

トマトの皮そのままはいつから食べられる?

 

大人にとってもトマトの皮は口に残りやすく、

消化もあまりよくありません。

赤ちゃんにとってももちろん同じです。

歯茎でしっかりと噛めるようになるまで

皮を取り外し、さらに加熱調理すると良いです。

 

トマト皮は何歳ころから食べられるのでしょう?

結論から言いますと、目安としては1歳ころになったら

皮はそのままでも食べることができるでしょう。

 

普通のトマトの皮そのままはいつから食べられる?

料理をする方はお気づきでしょうが、

普通のトマトとミニトマトを比べると、

普通のトマトのほうが皮が柔らかく、薄いです。

その分皮も剥きやすく、調理が楽です。

 

ということは・・・お子さんに初めてトマトを

皮ごと食べさせるときは皮の薄い普通のトマトがおすすめです。

 

ミニトマトの皮はそのままはいつから食べられる?

よく、ミニトマトのほうが普通のトマトよりも栄養価が高い、

と言われていますよね。

 

実際、ミニトマトのほうが栄養がぎゅっと詰まっているそうです。

ミニトマトの皮は厚く硬いため、完熟まで収穫を待つことが

可能になります。

そのため、糖度も栄養価も高くなるそうです。

 

ミニトマトを皮ごと食べるのはしっかりと歯茎ですりつぶせる

ようになってからが良いでしょう。

ただ、ミニトマトのほうが糖度が高いため

皮まで食べられそうだな、と思ったら1/4などに切ってあげて

みてもいいかもしれません。

 

我が家の下の娘は食に興味を持つもの、歯が生えたのも

早めだったので離乳食後期の前半にはミニトマトも

皮つきで食べていました。もちろん気管に詰めてしまうのは

怖かったので小さく切っていましたが。

トマトの湯むきの理由!仕組みやその後の保存方法をまとめた!

 

トマトは生のままOR加熱いつから食べられる?

 

どんな食材でもそうですが、トマトも例外ではありません。

 

トマトはまずは加熱をして、いつから食べられる?

トマトでも、稀にアレルギーがおこることがあります。

トマトは離乳食初期から与えることができますが、

初めて食べさせるときには必ず加熱をし、量は少しずつ与えるようにして、

口の周辺が赤くなったり、かゆがったりした場合には

すぐに小児科に相談をしてみてください。

 

トマトに限りませんが、加熱調理をするとアレルゲンをなくすことが

できると言われていますので1歳までは加熱をしてあげてください。

 

生トマトそのままは1歳から

いっぽう1歳を過ぎ、それまでにトマトで特に問題がなかった場合は

生で食べさせても問題ないと思われます。

ただし、気管よりも大きいサイズのものはある程度大きく

なっても気を付けてくださいね。

 

我が家でも、上の子と下の子で食に関する成長が違いましたので

しっかりその子の成長と小児科の先生とのコミュニケーションで

見極めて食事は進めていってください。

スポンサードリンク

トマトそのままを離乳食で食べさせるときの注意点

 

トマトペーストなどからトマトそのままに離乳食を移行する

ときは何よりも誤飲に気を付けてください。

ペーストなどで問題がなければ、アレルギーはとくに問題は

ないものと思われます。

 

次に皮を付けたまま、そして最後に種もそのまま、

順を追って食べさせてください。

少しでも気になることがあれば小児科の先生に相談してください。

 

ミニトマトをそのまま、は離乳食期にはまだ早いでしょう。

ただしミニトマトは甘くておいしく、また栄養もたっぷりなので

お子様の離乳食の進み具合によっては離乳食後期に

小さく切ってあげてください。

 

トマトそのままは1歳から?

 

前途にもありますように、トマトそのままはおおむね1歳頃から

食べさせてあげてみてください。

ただ、歯の生え具合や離乳食の進行状況はお子さんによってさまざまです。

しっかりと進行具合を見極めてくださいね。

 

トマトそのままはいつから?:まとめ

 

我が家ではトマトに十の字の切り目を入れて熱湯に10秒程度入れ、氷水につけ、皮をむいていました。

そのトマトから種を出し、ペーストを作ったらそれをジップロックや

ミニタッパーに入れ、冷凍させてました。

そうするとごはんやおうどんと一緒に煮て簡単に離乳食が完成するので重宝していました。

 

今でもトマトは大好きで、生野菜の準備が面倒な時はトマトをささっと洗って切って出しています。

ちなみに甘いトマトの見極め方は色が赤くハリツヤが良い、

だけでなくお尻に白い線がはいっているか、も重要なポイントらしいですよ!

 

トマトにはリコピンをはじめ、様々はビタミンが含まれています。

ぜひスーパーでおいしいトマトを探してあげて

トマト好きの子供に成長させてあげてください!

トマトの食べ過ぎは幼児や赤ちゃんに害?病気になることも?

トマトの湯むきの理由!仕組みやその後の保存方法をまとめた!

↑トマト関連の記事はこちら、そしてこの記事の下もご覧ください。

 

スポンサードリンク

コメント