大葉の離乳食はいつから?アレルギーの可能性や調理方法・注意点は?

赤ちゃんが成長すると、離乳食が始まります。

そんな時、色々な食品をいつから食べさせれば良いのかと考えるようになります。

離乳食では食物アレルギーも心配ですが、様々な食品を食べる経験も大切です。

そこで今回は、大葉の離乳食について時期やアレルギー、調理方法をご紹介します。

大葉(しそ)は離乳食でいつから与えられる?

 

※〇…食べられる、△…注意が必要、×…食べられない

5~6ヵ月7~8ヵ月9~11ヵ月1歳~1歳6ヵ月
××

一般的に大葉は、離乳食後期(カミカミ期)の生後9~11か月くらいから与えてもかまわないとされています。

テキストによっては、1歳から1歳半ごろを目安に極少量から始めるとしています。

ただし、多くは与えてもいいが、赤ちゃんが好まないので無理をしないと注意書きをつけています。

薬味である香味野菜は風味を楽しむものですし、刺激が強いので消化器官が成長してからでも遅くないと思います。

 

また、珍しがって欲しがっても、食べ過ぎに注意が必要です。

大人になっても嫌いな人は嫌いですので、無理に食べさせなければならないものではありません。

大人になってからでも、十分間に合います。

離乳食に焦りは禁物です。

赤ちゃんが楽しく、美味しく食べられることを目的に離乳食で食べる食品を増やしましょう。

大葉の栄養食べ過ぎとどうなる?効果効能をご紹介します

大葉(しそ)の離乳食でアレルギーの可能性はある?

 

大葉は、アレルギーの可能性があります。

アレルギーの起こしやすさでいうと、比較的アレルギーを起こしやすい食材といえます。

アレルギーを起こす原因として、大葉の香りに含まれる成分のペリルアルデヒドという成分が関係します。

この物質そのものがアレルギーを起こすのではなく、アレルギーを促進する物質としての作用があります。

症状としては、口の周りが赤くなったり、ジンマシンが出たりすることがあります。

極端な例ですが、大葉にさわって肌に発疹が出ることもありますし、ショック症状が出ることもあります。

栽培している大葉農家の方でも発疹が出ることがあるのです。

 

反対に、大葉のオイルがアトピーで食事制限が多い方にとって救世主になることもあります。

これは、食べた経験がないものは体内に蓄積がないので、アトピー反応が出ないことがあるからです。

これは大人になって今まで大丈夫だったものでアレルギーを起こすのは、体質の変化ではなく容量オーバーになったからと説明されることもあります。

一概に言えませんが、アレルギーの可能性があるのかといわれれば、あると言えるほどの反応が出ます。

離乳食時の大葉(しそ)の調理方法

 

離乳食では、大葉は加熱します。

アレルギーの可能性があるのは香味成分ですので、この成分をなくすために加熱します。

また、離乳食では基本的に加熱調理です。

そして、大葉の食感がもそもそするので、細かく刻みます。

よく調理例として紹介されるのが、お粥に大葉を細かく刻んで入れて加熱してから与える
というものです。

 

しかも、大葉はごく少量です。

離乳食が完了して、ハンバーグを食べられるようになると、大葉を刻んで混ぜてしっかりと加熱することもできるようになります。

いずれにしても、細かく刻んで加熱するやり方が離乳食の大葉の調理方法です。

大葉の栄養加熱することの影響!生とどっちが良いの?

大葉(しそ)を離乳食で与える時の注意点

 

ここでは、大葉を離乳食で与える時の注意点を、いくつかご紹介します。

もちろん離乳食の基本は、初めての食べ物はごく少量を与えて、嫌がったらやめるです。

これは鉄則です。

大葉の状態で気になることがありましたら、こちらの関連記事もご覧ください↓

大葉に黒い斑点や粒が!食べられる?大丈夫か不安なあなたに

 

大葉(しそ)はアクが強いので、無理させない

赤ちゃんが大葉を嫌がったら、食べさせない。

これに尽きます。

もしお粥に大葉を混ぜて嫌がったら、お粥を嫌いになることもあります。

離乳食でお粥がダメになると、正直お手上げです。

 

では、どうして大葉を嫌がるのでしょうか?

赤ちゃんは苦味に対して敏感だからです。

大葉を多く触っていると、手が黒くなります。

それほど大葉にはアクの成分が多くあります。

アクの成分は、食べた時に苦味を感じます。

この大葉の苦味に対して、赤ちゃんは「食べたくない」と反応してしまうのです。

 

美味しい、美味しくないではなく、食べたくないと反応するのです。

大人の味覚と赤ちゃんの味覚は異なることを覚えておいてください。

薬味は大人の味

大人になってから美味しく感じるものは多くあります。

ピりッとした山椒の味やコショウ、トウガラシもそうですね。

ミョウガや刻んだネギも入ります。

幼児でも、生のネギは苦手なことも多いですね。大葉も薬味です。

大人でも、好き嫌いがはっきりしています。

 

そんな薬味を離乳食で体験させなければならないものでしょうか?

もう少し自分で判断できるようになってから、食べさせても遅くないと思います。

大葉(しそ)が嫌いなパパとママの赤ちゃんは?

人間の味覚を作り上げるのは、遺伝と環境又は経験です。

大葉が嫌いなパパとママの赤ちゃんが、大葉が大好きな可能性はほとんどありません。

これって、わかりますよね。

もしパパとママが大葉を嫌いである、又は好きではないのであれば、赤ちゃんは生まれつき大葉が好きだと思いますか?

自分が好きでもないものを、自分の赤ちゃんが嫌っても仕方ないですよね。

赤ちゃんに好き嫌いをさせたくない親心はわかりますが、離乳食は無理をさせない方を優先させましょう。

 

離乳食で大切なことは?

離乳食で大切なことは、赤ちゃんのペースに合わせることです。

赤ちゃんは個人差があります。

発達もそうですが、食べ物の好みも同じです。

大人でも食べ物の好みはありますが、赤ちゃんは特に敏感です。

味覚だけではなく、食感も敏感で個人差もあります。

同じ月齢だから、同じものが食べられるわけではありません。

 

テキスト通りに育たないことは、赤ちゃんを育てる時に多くの場面で出くわします。

昨日食べられたものが、今日は食べられなくなることも多くあります。

もちろんテキストでおすすめの食材や味付けを嫌うこともあります。

焦ることはありません。

大事なのは、赤ちゃんのペースに合わせること、個人差があることを忘れないでください。

 

大葉(しそ)の離乳食はいつから?アレルギーの可能性や調理方法・注意点は?:まとめ

 

赤ちゃんの離乳食は、とても大変です。でも、決して忘れてはならないことがあります。

それは、食べることは楽しいものだということです。

基本的に3歳までに経験した食べ物は食べられると言われています。

3歳までにあと何回食べるチャンスがありますか?

食事の時間が苦痛にならないようにすることを第一に考えてあげてください。