昆布の離乳食でアレルギーも?いつから食べるのがベスト?

昆布の離乳食でアレルギーも?いつから食べるのがベスト? 昆布

出汁をとるときや、おやつにも使われている昆布。

出汁で活用するときは、和食によく使われていますが、今、出汁はパックに

なっているものもありますから、昆布そのものから出汁をとるのはちょっとめんどくさい

って思っている人もいるはず。私も実際そうです。

しかし、昆布の出汁は、離乳食を食べる子供にも活用するもの

調味料で味をつける前に、味付けは出汁からスタートしていく赤ちゃん。

私も子供がいますが、大好きな子供のためなら手間がかかろうが、一から出汁をとっています。

 

パックの出汁は塩分が強いので使えないのも理由ではありますが、

昆布そのものの味を経験してほしいのもあるので。

いろんな形で食されている昆布ですが、赤ちゃんに与え始める時期などは決まっています。

また、昆布の出汁だけでなく昆布そのものもあげてみたい、と思う時もありますよね。

とても大事ですので、決められた時期に食べさせてあげてくださいね。

そこで、昆布の離乳食などでの子供への食べさせ方などについてご紹介します。

スポンサードリンク

昆布の離乳食でアレルギーも?いつから食べるのがベスト?

 

昆布だしはアレルギーになる食材ではないので、離乳食初期から与えても問題ないのです。

心配なら、アレルギーが出ていない食材だけの日に

お粥に昆布だしを混ぜてみて、様子を見るといいですよ。

 

赤ちゃんに与える時には、離乳食初期であるゴックン期から食べさせるのがベストです。

離乳食初期は素材そのものの味から離乳食を始めるので、

はじめの頃は基本的に味付けはしません

口に運べばなんでも飲みこんでくれることが多いゴックン期ですが、

いつも同じように食べさせていると、赤ちゃんの食いつきが悪くなることがあります。

 

その時だしの旨味があると、ぐんと離乳食も美味しく感じます。

離乳食初期から活用し、出汁の美味しさを子供にぜひ伝えていってください。

お粥などに混ぜて食べさせてあげてください。

 

昆布を離乳食で食べるのはいつから?

 

昆布を離乳食で食べるのはいつから?:昆布だし

赤ちゃんに与えるときには、昆布だしとして離乳食に入れて利用できます。

赤ちゃんへはゴックン期と言われている離乳食初期(5、6ヶ月)

の時期から使用して大丈夫です。

お粥などに混ぜて食べさせてください。

 

昆布を離乳食で食べるのはいつから?:昆布そのもの

昆布そのものを食べさせた方が栄養がある、と考える人もいるかもですね。

確かに素材そのものを摂取できれば、それが栄養が1番とれるという考えは悪くないです。

しっかりと歯が生えていない赤ちゃんや子供には出汁として食べさせる分は

問題ありませんが、昆布そのものを与えることはしないでください

昆布で出汁を取った後に持ちやすくカットして、それを与えるのでもOKです。

 

しっかりと歯が生えていない赤ちゃんや子供に昆布そのものを食べさせると、

喉に詰まらせたり、口に怪我をさせてしまうことにつながります。

歯が生える時期も個人差があるので、歯が生えてしっかり噛めるようになっている

ことを確認してから、食べさせてくださいね。

 

そして、塩分が強い昆布を避けるのが大原則です。

大人用のおつまみになっているおしゃぶり昆布は塩分が強く、子供には適していないので

赤ちゃんには与えないでください。

大人が食べて味が薄いと感じる程度が、赤ちゃんに与えるのにベストな塩分です。

 

昆布には、グルタミン酸という成分が含まれています。

この成分には母乳にも含まれており、そのため、赤ちゃんが好きな風味であると考えられています。

グルタミン酸は「うまみ」成分として知られていますが、昆布には、他にもいろいろな

栄養素が豊富に含まれているのです。

昆布に含まれているカルシウムは牛乳の6倍以上、

水溶性食物繊維はさつまいもの8倍も含まれています。

 

また、カルシウムは赤ちゃんの歯や骨の形成に欠かせない栄養素ですし、

水溶性食物繊維は老廃物の排出を助け、腸内環境を健康に保ってくれます。

赤ちゃんに積極的に食べさせたい食材であることがわかりますね。

スポンサードリンク

離乳食での昆布の食べさせかた

 

上記にも述べたように、離乳食での昆布を食べさせるときは、

出汁として食べさせてください。

離乳食初期から食べさせて大丈夫です。

出汁として食べさせる場合は、お粥などに混ぜて食べさせていきます。

昆布はアレルギーになる食材ではないと言われていますが、初めて食べさせる食品は

不安がある人もいるはずです。

 

ですので、アレルギーが出ていない食べ物に、

まずは小さじ1から混ぜて食べさせてみると安心できますよ。

 

離乳食での昆布の食べさせ方:昆布だし

 

昆布だしは、冷凍保存可能です。

1週間分ずつ作って冷凍すると便利ですよ。

スーパーで売っている昆布だしは、化学調味料や塩などが入っているものが多いので

赤ちゃんには濃すぎます。

昆布だしを作るのは、意外に簡単です。

基本は鍋で取る方法、少量作るのにお手軽なレンジや水出しの方法もあります。

基本の昆布だしの取り方

鍋で作る基本の昆布だしの取り方です。

昆布10㎝、水2カップが必要です。

 

昆布は、水気を絞ったふきんで綺麗に拭きます。

鍋に昆布と水を入れ20分放置します。

弱火にかけ、沸騰する直前に昆布を取りだします。

 

鍋で作る昆布だしの取り方・時短編

次は、鍋で作る昆布だしの取り方の時短編です。

材料と昆布をふきんで拭くまでは同じです。

 

時短編では、鍋に水を入れて沸騰させます。

沸騰したら火を止め昆布を入れて10分放置します。

これで完成です。

 

電子レンジで作る昆布だしの取り方

電子レンジで作るときは、昆布3㎝、水1/2カップ用意します。

鍋で作るときと同じで、水気を絞ったふきんで昆布をふくところまでは同じです。

耐熱ボウルに、キッチンばさみで切った昆布と水を入れます。

軽くラップをして電子レンジで500wで3分加熱します。

これで完成です。

 

水出し昆布だしの取り方

最後に、水出し昆布だしの取り方です。

昆布10㎝、水2カップ用意します。

昆布を水気の絞ったふきんでふくまでは同じです。

密閉容器に水と昆布を入れ冷蔵庫に一晩放置、これで終わりです。

 

しかし、注意が1つ。

使う前には加熱してください。

様々なやり方でとれる昆布だしですが、作ったあとは冷凍保存ができます。

冷凍するときは製氷皿などに入れて冷凍し、固まったらフリーザーバックなどに

入れて、使う分だけを取り出して、離乳食に混ぜて食べさせます。

 

昆布の離乳食・アレルギー&いつから食べる?:まとめ

 

アレルギー成分も入ってない昆布、でも出汁として利用すれば栄養もとれて赤ちゃんにはいい食材。

しっかりと歯が生えていない赤ちゃんには、昆布そのものでは食べることができませんが、

昆布だしとしては離乳食初期の赤ちゃんから食べさせることができますし、

まとめて作ると冷凍保存して、いろんな離乳食に混ぜて活用できます。

大好きな子供にぜひ食べさせてあげてくださいね。

昆布は冷凍できる?保存期間や冷凍保存法・解凍方法は?

昆布はダイエット中の間食に適切?効果や危険性・注意点を解説

昆布関連の記事は、こちらもご覧ください↑

 

スポンサードリンク

コメント