りゅうきゅう(高知)とは何?購入場所・通販や調理法は?

りゅうきゅう(高知)とは何?冷凍など調理法や購入場所・通販は? 野菜

りゅうきゅう(高知)をご存じですか?知らない方は琉球?沖縄?と思ってしまいますよね。

りゅうきゅうとは、なんのことなのでしょう。

高知の土佐のりゅうきゅうについて、詳しく紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

高知(土佐)のりゅうきゅうとは?

 

りゅうきゅうとは、そもそも何のことなのでしょうか?

りゅうきゅうとは、野菜の事なのです。知らない方は、ピンときませんよね。

どんな野菜なのでしょうか?

その見た目としましては、緑色の長い茎のような、私はアロエに似ているなと感じます。

りゅうきゅう(高知)とは何?冷凍など調理法や購入場所・通販は?

 

茎の部分の皮を剥いて、調理するのです。

緑色の皮を剥いてしまえば、中身は白のスポンジのようなすかすかしている見た目です。

りゅうきゅうの旬は夏から秋にかけてですが、

高知ではハウス栽培も盛んにおこなわれていますので

1年中販売されている野菜なのです。

 

りゅうきゅうはサトイモ科に属する野菜で、

高知以外の地域では蓮芋(はすいも)と呼ばれて販売がされています。

何故高知の野菜なのに、りゅうきゅうと呼ばれているのでしょうか?

 

それは、りゅうきゅうは元々は沖縄から来た野菜だからです。

ですが、沖縄でりゅうゅうがよく食べられているのかと言えば、そうではなく

知名度も低くて、栽培されている訳でもないので、

あくまでも沖縄から来た説が強いみたいだよ。という程度の説になります。

 

今現在で言いますと、りゅうきゅうの栽培は高知以外ではほとんど行われてはいませんが、

江戸時代では全国で栽培されていたという説もあります。

高知だけ国民に親しんでいて残っていたのか、土壌が合っているのか、不明ですね。

 

調べれば調べるほど、どうして高知まで来たのかな?

高知にしか浸透していないのはなぜなのだろうか…

と思ってしまいますね。謎の多い食べ物です。

 

高知のりゅうきゅうはどんな味?

 

食べた事のない方は、りゅうきゅうがどんな食感で、どんな味をしているのかが気になりますよね。

安易に手を出しづらい見た目をしていますからね。

味については、味付けをしたらその味をよく吸ってくれて

うまみが出て料理のアクセントにもってこいの食材です。

りゅうきゅう自体は特に味がないらしいので、不思議な食べ物です。

 

食べる芯の部分の断面は、本当にスポンジのようにすかすかとしているのですが、

調理後の食感としては、どんなに味を付けて煮込んだとしてもシャキシャキとした歯ごたえをしています。

どんなに小さくても、どんな料理にしてもりゅうきゅうは存在感が強くて

高知県民はみんな大好物で、お気に入りの調理方法を語れる程に

愛着のある食材なのです。愛されてますね!

 

酢の物や味噌汁に使う?調理法は

 

そんなりゅうきゅうは、どんな料理に使うのでしょうか?調理法が気になります。

高知県民はわりと、なんにでもりゅうきゅうを入れて料理をしてしまうので、

家庭ごとに知られざる魅力のあるレシピがありそうですが、

定番の代表的な料理としては、

りゅうきゅうの酢の物・味噌汁・炒め物等が有名なのです。

 

酢の物は夏にぴったりでさっぱりと美味しく、

いくらでも食べられるという事で大量に作って各家庭で消費しています。

味噌汁はど定番で、ねぎ等の定番野菜のように当たり前に入っているのです。

炒め物は、高知の鰹節との相性もいいので

おおきく削ってある鰹節と一緒に炒めてしまうと

最高においしくてたまらないですよ!

 

これらの定番以外にも鍋に入れたり、油揚げと煮込んでみたりと

オールマイティな何にでもあるような常備野菜として、扱っているりゅうきゅう 。

 

そんなりゅうきゅうの調理方法は、どのようにするのでしょうか?

下処理の方法を詳しく紹介します。

 

  1. まずは、緑色の皮をむきます。するするとキレイに簡単に剥けます。
  2. 料理に剥いている切り方でカットします。
  3. 塩をもみこみ、しんなりとしてきたら軽く水洗いをして水気を切る。
  4. そのまま料理に加えます。しんなりとするとかなりかさが減ります。

 

このように、簡単に下処理はできてしまいます。

鍋物に入れる場合などは、カットしてから軽く水にさらすだけで、

そのまま鍋に投入してしまう事もあります。

スポンサードリンク

りゅうきゅうは冷凍もできる?

 

そんな高知の定番野菜のりゅうきゅうは、どのように保存をしているのでしょうか?

常用しているので、長期保存できると助かりますよね。

りゅうきゅうを長期で保存をしたいときには、

皮を剥いてしまってから使いたい大きさにカットして、

塩をふってしんなりとするまで放置します。

軽く水洗いして水気を切っておきます。

それを、そのまま1回分づつに個包装してから、ジップ袋に入れて冷凍してしまいます。

 

ハウス栽培もおこなっていて1年中手に入るとは言え、

旬の安くて美味しい時期に大量に仕入れて、処理してから冷凍保存をしておいて、

普段の料理に少しづつ楽しんでいるという方も多いです。

りゅうきゅうの購入場所!高知でしか買えない?

 

りゅうきゅうは、どこで購入したらいいのでしょうか?

高知県では、どこでも手に入ります。

それこそ近所のスーパーにさくっと行って買ってきて夕飯に使う、

というような普通の野菜と同じように簡単に手に入ります。

 

では、高知県以外ではどうでしょうか??

一応高知以外でも蓮芋(はすいも)という名前でスーパー等に売っています。

旬の時期には店頭に並んでいることもあるかもしれませんので、注意して見てみてくださいね。

売っている確率が高いのは、高級なデパ地下のスーパーです。

手広く色々な食材を扱っていますので、出会える可能性も上がりますよ。

 

通販でも販売している?

 

高知県から引っ越しをして、どうしてもあのりゅうきゅうが食べたい!絶対に手に入れたい!という方は、

スーパーでの出会いを期待するよりも、通販で確実に購入したいですよね。

通販でも購入することはできるのでしょうか?

 

なんと、豊洲市場から取り寄せをすることが可能なんです!

近くにお住いでしたら、直接買い付けにいってもいいかもしれませんね。

通販で配達をしてくれるので便利ですが、とても高いような気もしますね。

ですがどうしても食べたくて、禁断症状が出ているような方であれば

それでも購入したい所だと思いますので、参考にどうぞ↓

『リュウキュウ(はすいも)』高知県産 約200g×3パック
「はすいも」は高知県の特産品で「リュウキュウ」とも呼ばれます。茎の部分のみを食べる里芋の仲間で、成長すると成人の背丈よりも高く育ちます。露地とハウスで一年中栽培されていますが、旬は7〜9月の夏の暑い時期です。はすいも自体には味がないため、シャキシャキとした独特の食感を活かした料理に使われます。皮を手や包丁で剥いてから、...

 

まとめ

 

こんなに特定の地域にのみ愛されている食材も、珍しいですよね。

りゅうきゅうは知名度が高くないだけで、魅力的な食材です。

通販でも購入可能なので、ぜひとも試してみてください!

スポンサードリンク

コメント