かぼちゃの冷凍はまずいしおいしくない?対処法は?

かぼちゃの冷凍はまずいしおいしくない?対処法は? かぼちゃ

冷凍食品のショーケースの中に、インゲンやほうれん草とともにかぼちゃは定番です。

でも、私はなぜかうまく調理できません。

それではと、自分で冷凍しても、やっぱり美味しくできません。

そこで、今回はかぼちゃの冷凍方法や調理法についてお伝えします。

苦手な食材を減らして、献立のレパートリーを増やしましょう。

スポンサードリンク

かぼちゃの冷凍はまずいしおいしくない?原因は

 

かぼちゃの冷凍が美味しくない原因は、かぼちゃに含まれる水分が原因です。

かぼちゃは水分が多い食品で、熟れ具合によっては水分がとても多く含まれています。

かぼちゃの中の水分が凍ってしまうので、食感が変わったりドリップがでたりします。

冷凍食材の困りごとの代表的な症状になってしまいます。

 

そして、自家製のかぼちゃの冷凍が美味しくない原因は、種やわたをきれいに取り除いていないことです。

種やわたは傷みやすいので、ニオイの原因になってしまいます。

また、冷凍焼けも美味しくない原因です。

冷凍する時に密閉していないと、冷凍焼けしてしまいます。

 

この他に、長すぎる冷凍保存も冷凍焼けの原因です。

この冷凍焼けは冷凍庫のニオイがついてしまうことなので、

他の食材でも同じニオイがつくことがあります。

冷凍だから賞味期限はないと思ってしまいますが、

自家製の冷凍食材は冷凍焼けにならない期間を目安にしています。

永遠に冷凍できるというわけではないので、注意しましょう。

 

かぼちゃの冷凍がまずい・おいしくない時の対策

 

かぼちゃの冷凍を美味しいと思えない・まずいと思う理由は、煮物にした時によくわかります。

濃い味付けの煮汁に冷凍のままのかぼちゃを入れて作った煮物は、

想定した以上に水分が多くなっていることです。

 

そして、火は通っているけど味がしみていないことです。

最悪の場合は、煮溶けたところがあるのに、まだ火が通っていないこともあります。

ほくほくすぎるものや、スカスカになっていることもあります。

冷凍したかぼちゃが美味しくない時の対策は、水分を飛ばすと確実に美味しくなります。

 

我が家のかぼちゃの冷凍がおいしくない時のお助けレシピ

かぼちゃの冷凍を煮物にして美味しくない時には、

ニオイが気にならなければ、濃い味付けにする方法が確実です。

我が家ではかぼちゃの煮物が残った時は、

一口大に大きさをそろえて卵を割り入れてオープンオムレツにします。

 

おかずが残って困った時は、いつも卵にお世話になっています。

濃い味付けが気になりだした年齢なので、卵で味を薄くする方法で乗り切っています。

汁ごと使うので、煮溶けたかぼちゃに少し焦げ味がついてそれなりに香ばしくなります。

 

それから、ニオイが気になる時には、ちょっと強めの香りをかぶせます。

かぼちゃの煮物を耐熱皿に汁ごと並べて、パスタソースをかけて

とろけるチーズをのせてオーブントースターで焼き色がつくまで加熱します。

パスタソースは好みですが、ミートソースかカルボナーラがおすすめです。

チーズが苦手な時には、パスタソースだけでも美味しく食べられます。

ただし、オーブントースターで焼くので、お皿を洗うときはそれなりの覚悟が必要です。

 

次回のために:かぼちゃを冷凍してもまずくならないための調理法

 

かぼちゃの冷凍は、凍ったまま調理します。

冷凍焼けでニオイが心配な時には、カレーなど香りが強く、煮溶けてもそれなりに食べられる料理にします。

また、始めからペースト状にして冷凍してあればポタージュに使えます。

できるだけ、冷凍したものはそのカットした形で調理できる方法を選択した方が間違いありません。

 

どうしてもかぼちゃを和風に煮物にしたい時には、出し汁も味付けも濃くした調味液が

沸騰した状態のところにかぼちゃを凍ったまま入れます。

(やけどにご注意ください。)

再沸騰するまでは強火で、その後は中火で煮ていきます。

最後にふたを開けて煮汁を飛ばし、鍋をゆするとほっくりと仕上がります。

スポンサードリンク

次回のために:かぼちゃを冷凍してもまずくならないための冷凍方法

 

食材を冷凍保存する時のコツは「傷みやすいところを取り除く」

そして「水分」と「すぐに使える状態にしておく」ことです。

 

かぼちゃを冷凍するときのポイント「傷みやすいところを取り除く」

かぼちゃの傷みやすいところは種とわたの部分です。

この部分をきれいに取り除くことが、ニオイを防ぐポイントになります。

そして、わたの部分が水分が多いので、冷凍前に洗うときには皮だけにしましょう。

 

かぼちゃを冷凍する時のポイント「水分」

自宅で食材を冷凍するときのポイントは「水分」をなるべく少なくすることです。

冷凍すると、食材の中に含まれる水分が凍ってドリップのもとになります。

このドリップが解凍した時に流れ出てしまうと、旨味も一緒に出て行ってしまいます。

 

また、食材を洗った水分が残っているとそれも一緒に冷凍してしまいますので、

凍ったまま調理するときには、鍋の中に余分な水分として入ってしまいます。

そこで、かぼちゃを冷凍するときには

皮の部分を洗って。しっかりとペーパータオルでふき取ることが大切です。

 

また、かぼちゃ内部の水分を取り除きたい場合には、電子レンジでの加熱がおすすめです。

電子レンジによる加熱は、食材の内部の水分を加熱して全体を温める方式です。

したがって、カットしたかぼちゃを電子レンジで加熱して

粗熱が取れてから、ラップで包んでからジッパーバッグに入れて冷凍します。

 

かぼちゃを冷凍する時のポイント「すぐに使える状態にする」

調理する時に凍ったままの状態で加熱しますので、すぐに使える状態で冷凍します。

例えば、切り方はスライスとか、煮物用の乱切りとかマッシュなどがあります。

そして、密封することで冷凍焼けを防ぐことができますので、1回分ずつをラップの上に平らに並べます。

そして、ぴっちりとラップをしてから、ジッパーバッグに入れて冷凍します。

理想は2週間ですが、できれば1か月くらいで使い切って下さい。

 

次回のために:かぼちゃを冷凍してもまずくならないための解凍方法

 

かぼちゃを冷凍のまま調理することをおススメしてきましたが、解凍方法もお知らせします。

天ぷらにする時は、解凍しないと油がはねて危ないですもんね。

冷凍したかぼちゃは、自然解凍か電子レンジで解凍しましょう。

自然解凍といっても、使用する前日に冷蔵庫に移動しておくことです。

完全に解凍するとドリップがでますし、調理しにくいこともありますので、半解凍を目指しましょう。

 

また、冷凍した大きさより、切って調理に使うときも半解凍の状態で切りましょう。

マッシュにしたかぼちゃは、冷蔵庫で解凍します。

一度冷凍したかぼちゃは、必ず火を完全に通してから食べましょう。

 

かぼちゃの冷凍がまずい時:まとめ

 

今回は、かぼちゃの冷凍方法とその調理法を中心にお伝えしました。

小分けにして、調理のたびごとに冷凍庫から出して無駄なく使い切りましょう。

かぼちゃは日持ちのする食材ですが、調理してからが足の速い面もあります。

緑黄色野菜のかぼちゃを困った時のお助け食材として、上手に献立に取り入れましょう。

スポンサードリンク

コメント