じゃがいもの皮が緑色時に妊婦さんが食べてOK?すでに食べた場合は

じゃがいもは便利な反面、少し怖い一面も隠しもっていることをご存じでしょうか。

じゃがいもの皮には、ビタミンが多く含まれていて、新じゃがになるとそんな栄養満点な皮を食べられることも特徴。

その反面、じゃがいもの芽には毒があるという事は広く知られていることだと思いますが、

実はじゃがいもの皮が緑色に変色している場合も、ソラニンという毒素が発生していますので食べないようにしなければなりません。

長い間じゃがいもをそのまま買ってきた状態で放置していると皮が緑色に変色してしまった経験はみなさんあるのではないでしょうか?

 

その変色しているじゃがいもをどのように処理や対処していいのか、ましてや食べていいのか?

どのようにして食べるのが正解なのかは、悩んでしまう部分でもあるかと思います。

 

適切な処理を行なっていれば問題になることはありませんが、弱い毒素ではありませんので、

きちんとした知識を身につけておく必要があります。

ましてや妊婦さんはお腹に赤ちゃんを守っていますので、その胎児になんらかの悪影響がでてしまうのではないかと心配になってしまいますよね。

では、もしも皮が緑色のじゃがいもを食べてしまった時どんな影響があるのか
また、妊婦さんにとってはどのような影響があって、誤って食べてしまった時にはどのような対処をしたらいいのかまでを考えて解説していきます!

じゃがいもの緑色の画像で解説!どれくらいなら食べられる?

 

上記に記入したように、

じゃがいもの皮が緑色になっているものがありますよね。

買った時にはそんなことなかったのに、

家に置いておいたら緑色になっていたり・・・など

 

では、この緑色のじゃがいもは食べられるのか??

率直に言います。

 

食べられません。

少量だとしても、食べないようにしてください。

こちら見せた画像のものは、完全にアウトです!

じゃがいもが緑色の画像!この色の正体とは?食べると危険?

 

なぜ?どうして?と、思いますよね。

次の章でお教えします!

 

じゃがいもが緑色だけど、色の正体とは?

 
じゃがいもの芽には毒があるのと同じような毒素が、じゃがいもの皮にも発生します。

その毒素の名前がソラニンといいます。

某アーティストが曲名にしたことで、一時期話題になりましたね。

 

そして、ソラニンと同時に発生する毒素がもう一つあります。

それは、チャコニンというものです。

可愛い名前なのですが、毒素です!

 

余談ですが、わたしの飼っている

猫の名前がチャコという名前だったので

大学でこの成分を習ったときに、興奮したことを覚えています。笑

 

以上余談でした。話を戻します。

そんな毒素たちは、体にどんな影響をもたらし

そして、なぜ発生するのか?順にご説明していきます。

 

まずは、体への影響です。

じゃがいもの毒素は神経毒と言われ、

体内に摂取し中毒になってしまうと

  • 頭痛
  • 吐き気
  • 下痢
  • 食欲減退
  • めまい
  • 呼吸困難

といった症状をもたらします。

スーパーで売られている

じゃがいもの毒素率は、とても低くなっていますが

自家栽培するとかなり高い数値になるので、注意が必要です。

 

また、大人に比べて子供の方が、当たり前ですが

毒素を抱えることができるキャパシティが狭くなるので

緑色になったものや芽の生えたものには、気をつけましょう。

 

そもそもなんで緑色になるのか、というと

太陽の光が原因です。

じゃがいもは太陽光が当たることで、

他の植物のように光合成を行います。

 

他の植物と違うことは、じゃがいもは普段は地中にある実の部分も

光合成が行われるという点です。

光合成を始めると、じゃがいもの茶色かった部分が

次第に緑色に変色します。

そして、その緑色の部分から

自然毒素のソラニンやチャコニンが放出されるのです。

じゃがいもが緑色の場合、妊婦は食べちゃダメ?

 

じゃがいもの皮が緑色に変色してしまっている時には

ソラニンという毒素が発生していますというお話をしましたよね。

特に体の小さい子供や抵抗力の落ちているお年寄り

なんかは特に注意が必要となってきます。

 

では、妊娠していてお腹に赤ちゃんがいる妊婦さんではどうでしょうか?

 

今までソラニンが妊婦さんや胎児に

重大な影響を与えたという話しは出てはいません。

 

なので、特別に妊婦だからといって心配をする必要はありません。

おなかの赤ちゃんにも問題はないでしょう。

じゃがいもの皮が緑色!妊婦が知らずに食べた場合の対処法

 

じゃがいもの皮が変色しているにもかかわらず

皮ごとたべてしまったとしたら、どのように対処をしたら良いのでしょうか。

じゃがいものソラニンという毒素は即効性あるものではないので、

まずは時間を確認しながら、様子をみていくことが必要だと思います。

 

いざ病院に行くことになったら、

的確に時間を伝えられるということがとても大切になってくるからです。

もし病院に行かないといけいような状態になって

しまった時の為に判断基準について紹介します。

 

ソラニンの中毒症状がでてしまったら、
通常の食中毒と同じような症状がでてくるかと思います。

 

そのような症状がでてしまったら、すぐに病院へ向かって

お医者さんへ何時頃にどのような調理方法で食べたのかを詳しく伝えてください。

状況を詳しく伝えられる事で重症化を防げる事もありますので、

様子をきちんと見ておくというのがとても大切です。

 

また、口に入れた瞬間に舌がしびれたり

苦味を感じるようであれば食べるのを中止して、

もし誤ってたべてしまった後だとしたら、

妊婦さんなので念の為に病院に行って相談してみてください。

 

その際には、妊娠中であるということも必ず伝えて、

念の為に母子手帳も持って行くと

円滑に診察が進むかと思いますので忘れずに行って下さい。

 

じゃがいもが緑色なのはソラニン! 妊婦と赤ちゃんへの影響とは?

 

もし妊婦さんが、緑色に変色しているじゃがいもを食べてしまっても

その妊婦さんや赤ちゃんへの大きな影響は今の所報告されていません。

ですが、健康な人でも食中毒になってしまう可能性があるものなので、

妊婦さんは自分の体と赤ちゃんの両方を守るために

正しい知識を身につけないと心配ですよね。

 

もし、じゃがいもが緑色に変色してしまっている場合でも、

皮を厚めに剥いてしまって、アクをとるときと

同じように水につけてから料理してしまえば問題はないでしょう。

ソラニンという毒素は水に溶けやすい性質がありますので、

流れ出てくれるからです。

 

もし、変色していなかったとしても、体の為に皮を剥いて

水につけてから使用するように決めてしまったら、安心できますよね。

また、茹でるという方法も効果的だと思います。

 

注意してもらいたいのが、新じゃがは基本的に皮のまま食べますよね?

皮付きでたくさん食べてしまうと、危険度も上りますので

新じゃがで美味しいからといって、食べ過ぎには注意してください。

 

そして、不思議と妊婦さんが妊娠中にハマりやすい食材がじゃがいもですよね。

フライドポテトが無償に食べたくなったなんて話をよく聞く事がありますが、

私も妊娠中にはどうしてもフライドポテトがたべたくなってしまい、

すこしでも体によくしようと思って

じゃがいもをカットしたら、オリーブオイルと塩をまぶして

油で揚げないでオーブンで加熱をするようにしていました。

また、じゃがいもが入っているもので美味しい料理と言えば、カレー!

カレーを作った際に、もしも皮が緑のじゃがいもを使ってしまっていたらどうなのでしょう。

最後に番外編として、ご紹介しますね。

じゃがいもが緑だけど既にカレーに入れてしまった!どうすればいい?

 

じゃがいもが緑色に変色してしまったが

もう調理してしまった時にはどうしたらいいでしょう?

大事なのは皮を剥いたかどうかです

 

ソラニンは皮に多く含まれているのと水に溶けやすいので、

通常のじゃがいもの処理と同じように皮をむいて水につけて

アク取りをしてから調理をしていれば、

その毒素は少なくなっているかと思います。

 

皮をしっかりとむいているのであれば、

含まれている毒素はそんなに多くはないと思います。

たくさん食べる訳ではないと思うので

そのまま食べてしまってもすぐに食中毒になるという

事にはならないかと思います。

 

ただ、皮をそのまま調理してしまっていた場合には

食べない方が良いです。

ソラニンはそんなに弱い毒素ではないので、怖いです。

 

あとは子供には絶対食べさせないで下さい。

もちろんペットなんかにも食べさせてはいけません。

適切な処理を行っていたとしても

子供は体が小さいので、毒素が回りやすくなりますので

食べさせないように注意してください。

 

もし知らずに食べさせてしまったら、

子供は自分で症状を言えない場合も多いかと

思いますので、すぐに病院に連れていってあげて下さいね。

じゃがいもが緑色だけどカレーに入れちゃった!大丈夫?

 

じゃがいもが緑の場合、妊婦はOK?:まとめ

 
このじゃがいもについての記事を読むと、

食べるのが怖くなってしまう事もあるかと思いますが、

適切な処理をして食べていれば、じゃがいもは決して怖い食材ではありません。

料理につかいやすくて手に入りやすいじゃがいもを

毛嫌いすることなく、これからも食べてくださいね。

じゃがいもは糖質が多くて、炭水化物なので太ってしまうイメージが

あるかもしれませんが、ビタミン類や食物繊維もたっぷりで

カリウムも豊富なので、便秘解消であったり

高血圧の予防に効果的な役割のある、とてもバランスの良い優秀な食材なのです。

 

妊娠すると起きやすくなってしまう

マイナートラブルに便秘や血圧の上昇があるかと思います。

それらを解消するのにもとっても役立ちますので、適度に食べてみて上手に付き合っていきましょう。

どんなに体に良いものでも、摂りすぎはよくないので、バランスよく色々な食材を摂取してくださいね!

じゃがいもの関連リンク(外部サイト)