じゃがいもが緑色だけどカレーに入れちゃった!大丈夫?

じゃがいもが緑色だけどカレーに入れちゃった!大丈夫? じゃがいも

じゃがいもは普段から家庭で常備している、よく見慣れている食材です。

身近な野菜なので、その変化も見逃しがちになってしまいますよね。

じゃがいもの時間がたってしまうと、緑色になってしまう事もよくありますよね。

皮が緑になってしまっていたら捨てたりするかもしれませんが、

皮を剥いてみないと中まで変色しているかの判断が付かないので難しいです。

 

いざ緑色に変色したじゃがいもを手にしたときにも、

これは食べられるのかと心配になりながらも料理してしまい、

そのまま食べたけれども、後からどんどん心配になってきてしまった…

なんてこともよくあるのではないでしょうか?

ましてや家族に食べさせてしまったら、とっても心配ですよね。

緑色になってしまっているじゃがいもは、食べても大丈夫なのでしょうか?

どのように処理をしたらいいのでしょうか。

もしもそのまま食べてしまったらどうしたらいいのか、お伝えします。

スポンサードリンク

じゃがいもが緑色だけどカレーに入れて大丈夫?

 

じゃがいもの芽には、毒がある事を知っている方も多いかと思います。

しかし、皮が緑色に変色してしまった時にはどうしたらいいのかを

困っている方もたくさんいるのではないでしょうか。

芽が出ているわけではないので、

そのまま食べている方もいるのではないでしょうか。

 

こちらもご参考ください↓

じゃがいもが緑色に変色しているのは、ソラニンという毒素が作用しています。

しっかりと毒があるので、食べないようにするのが間違いないでしょう。

じゃがいもが緑だけど既にカレーに入れてしまった!どうすればいい?

 

じゃがいもが緑色に変色してしまったが

もう調理してしまった時にはどうしたらいいでしょう?

大事なのは皮を剥いたかどうかです

 

ソラニンは皮に多く含まれているのと水に溶けやすいので、

通常のじゃがいもの処理と同じように皮をむいて水につけて

アク取りをしてから調理をしていれば、

その毒素は少なくなっているかと思います。

 

皮をしっかりとむいているのであれば、

含まれている毒素はそんなに多くはないと思います。

たくさん食べる訳ではないと思うので

そのまま食べてしまってもすぐに食中毒になるという

事にはならないかと思います。

 

ただ、皮をそのまま調理してしまっていた場合には

食べない方が良いです。

ソラニンはそんなに弱い毒素ではないので、怖いです。

 

あとは子供には絶対食べさせないで下さい。

もちろんペットなんかにも食べさせてはいけません。

適切な処理を行っていたとしても

子供は体が小さいので、毒素が回りやすくなりますので

食べさせないように注意してください。

 

もし知らずに食べさせてしまったら、

子供は自分で症状を言えない場合も多いかと

思いますので、すぐに病院に連れていってあげて下さいね。

じゃがいもが緑色だけどカレーに入れちゃった!大丈夫?

 

じゃがいもの緑色は苦い!?カレー以外の料理は可能?

 

しゃがいもが緑色に変色してしまった時に、その部分を食べてしまったら

苦いし渋かったり口の中がイガイガしてしまうかと思います。

毒を感じると舌がしびれるような感じもするかと思います。

 

緑色の部分をしっかりと取り除いて

水にさらしてから料理をするのであれば

どの調理法にしても問題はないかと思いますが、

万が一苦いとか味に変化を感じることがあったら、

食べることは中止することをオススメします。

 

処理さえ問題がなければどんな調理法でも問題はないのですが、

しっかりと火を通したものにした方が安全です。

購入してから少し日が経っていてしまったら、

軽くゆでただけのじゃがいもサラダみたいな

ものよりかは煮物のようにしっかりと煮込んだものにしてみて下さい。

スポンサードリンク

じゃがいもが緑色のときの対処法

 

では、じゃがいもが緑色に変色してしまっていた時には、

どのように対処をしたら良いのかを

具体的に説明していきましょう。

 

まず、その毒素は皮に多く含まれていますので、

皮はかなり厚めに取り除いてしまいましょう。

皮をしっかりと取り除いたら、使いたい大きさにカットします。

カットが終えたら、アク取りの意味もありますが

しっかりと水に浸しておきます

じゃがいもの毒素は水に溶け出しやすい特性がありますので、

水に浸すのも大事です。

 

その後はそのまま調理してください。

今まで知らずに、緑色のじゃがいもを

食べてしまっていた方もたくさんいるかと思います。

もし、毒素にあたってしまって中毒状態になってしまったら、

どのような症状が出てしまうのかも勉強しておきましょう。

 

  • 舌のしびれ
  • 頭痛
  • 喉の違和感
  • 腹痛
  • 下痢
  • 嘔吐
  • 吐き気
  • 呼吸困難
  • 疲労感
  • 脱力感

等の、通常の食中毒と同じような症状が出てくるかと思います。

アレルギーなんかの症状にも似ていますよね。

じゃがいもが緑色だけどカレーに入れちゃった!大丈夫?

 

じゃがいもの毒素に即効性はないかと思いますので、

誤って緑色に変色したじゃがいもを

食べてしまっていたら、きちんと様子を見て下さい。

そしてこの中で当てはまるものがあるとしたら、病院に行ってみてください。

 

その際にはどれくらい前にどのような処理をして食べてしまったのかを

正確にお医者さんに伝えてくださいね。

早めの対処を行ってもらえば重症化も防げると思いますので、

正しい知識を持って料理をする事はとっても大事な事です。

 

こういう事を聞いてしまうとちょっと怖くなってしまいますよね。

ですが、適切な処理をきちんと行ってさえいれば心配することはないのです。

じゃがいもは手軽で使いやすい食材なので、是非ともこれからも

たくさん使ってほしいです。

 

じゃがいもを長持ちさせる保存方法

 

では、じゃがいもが長持ちする保存方法についても紹介しておきます。

じゃがいもは日光に当たるとどんどん芽が出てきてしまったり

皮が緑色に変色してしまいますので、日光を遮断する事が大切です。

 

冷蔵庫だと寒すぎますので

シンク下などの冷暗所に置いておくのがベストだと思います。

紙袋や新聞紙にくるんで適度に風通しも良くしておくのも大切です。

 

夏は室温が上がりすぎてしまいますので

新聞紙や紙袋に包んだまま、冷蔵庫に入れておいてくださいね。

日光に当てないようにするだけで

じゃがいもの寿命はかなり長くなりますので、長い期間楽しめるかと思います。

 

まとめ

 

食べ物は体内に入るものですし、神経質になりがちですよね。

もし緑色のじゃがいもをカレーに使ったとしても焦らず、

落ち着いて適切に対処してくださいね。

じゃがいもが緑色の画像!この色の正体とは?食べると危険?

こちらもご参考ください↑

 

スポンサードリンク

コメント