じゃがいもの芽が伸びすぎた場合の対処方法は?廃棄の目安は?

じゃがいもの芽が伸びすぎた場合の対処方法は?廃棄の目安は? じゃがいも

カレーや肉じゃが、コロッケやフライドポテトなど、じゃがいもは、子供から大人まで、とても好まれる野菜です。

一年中、安価で手に入るため、家庭料理でも大活躍、とても重宝されています。

じゃがいもは、常温で常備菜として長期保存ができる野菜です。

それなのに、いつの間にかにょきにょきと芽が出てしまったことがありませんか。

どれくらいが伸びすぎなのか、についてお話しします。

スポンサードリンク

じゃがいもの芽はどこまでが伸びすぎ?

 

じゃがいもは収穫されて約3ヶ月間は「休眠状態」に入っていて、

その期間発芽しません。(品種により休眠期間は異なります)

この休眠期間が過ぎ、温度や湿度などの環境が整うと発芽が始まります。

じゃがいものごつごつとした表面のくぼんだ部分から芽が出てきます。

 

この芽、どれくらいだと「伸びすぎ」なのかですが、

どれくらい、というのは関係ありません。

たとえ少しでも伸びていたら、必ず取り除いてください。

「ちょっとくらいいいでしょ」と思って

食べたら、それがとんでもないことを悲劇を引き起こすかもしれません。

特に小さい子供、妊婦さんは要注意です。

 

この芽には「ソラニン」「チャコニン」という天然毒素が含まれ

食中毒の原因になります。特に消化器官への影響が大きく、

下痢や腹痛、吐き気や嘔吐などがおこり、

大量に摂り過ぎると昏睡状態など重篤な症状を引き起こします。

芽が出ていたら、にょきにょき状態になる前に、しっかり取り除くことが必要です。

 

じゃがいもの芽が伸びすぎた時の対処法は?

 

まず、芽が既に立派になってしまったら手で伸びた芽をポキッと取り、

芽があった部分とその周辺を包丁でえぐり取ります

包丁の刃の直角になっている部分を利用し、

芽の周りをひとまわりするように、取り除きましょう。

芽だけではなく、周辺も毒が強くなっていますので

少し余分な部分までしっかり取り除いて下さい。

 

また、じゃがいもの皮も毒性が強くなっていることが多いので、

皮はそのまま使わず剥いた方が安心です。

 

「ソラニン」「チャコニン」は、熱に強い毒素で

加熱だけでは簡単に分解されません

170度以上の油で揚げると、減少すると言われています。

 

さらに「ソラニン」「チャコニン」は水に弱い性質があるため、

「水にさらす」ことで、一定量の毒素が水に流れ出すといわれています。

じゃがいもを調理する前に、水にさらすひと手間を加えると良いでしょう。

 

じゃがいもの芽の伸びすぎ、いつ廃棄する?

 

じゃがいもに芽が出始めると、そちらの方に栄養が取られてしまいます。

そのため、じゃがいもはシワシワで軟らかくなり、味も栄養価も落ちていきます。

芽がぽちっと出ただけのものでも、伸びすぎて

宇宙人のようになってしまったものでも、

じゃがいもの芽に毒が含まれていることには変わりはありません。

芽や周辺をしっかり取り除けば食べることはできるかもしれません。

 

ただ、そのようなじゃがいもは、風味・品質も落ちて

けっして美味しいとはいえません。

栄養面も期待できませんし、目に見えない毒素を考えると、

芽が伸びすぎたじゃがいもは破棄した方が安全だと思います。

スポンサードリンク

じゃがいもの芽が伸びすぎても、芽を取れば食べられる?

 

じゃがいもは、芽さえ取れば伸びすぎても食べられるのでしょうか。

じゃがいもの芽やその周辺をしっかりと

取り除くことで、食べることは可能でしょう。

 

ただ、じゃがいもの芽には食中毒を引き起こす

「ソラニン」「チャコニン」という天然毒素が含まれています。

たとえ取り除いたとしても、私たちの目で

それをはっきりと見ることはできません。

 

大切なのはじゃがいもに適した保存方法で芽を出さないようにする、

芽が出る前に使い切れる量にするなどの工夫です。

芽が出てしまったら、芽の長さに関係なく、

まずはしっかり芽を取り除き、出来るだけ早く食べてしまいましょう。

 

店頭にはほとんどありませんが、

緑色がかったじゃがいもを見たことはありませんか?

長期間の保存中などで光があたってしまい、

じゃがいもが光合成することで変色が起こるのですが、

この色が変わった部分は、これから芽が出る部分で、芽と同じ毒素が含まれます。

 

変色したじゃがいもは、正常なじゃがいもの

10倍近い毒素が含まれています。

芽だけではなく、色が変わって緑色のところも厚めにしっかり取り除きましょう。

過去には小学校内で栽培、収穫したじゃがいもが原因の食中毒が起こっています。

 

校内の菜園で土がしっかりかぶせられず、日光をあびてしまって毒素が増加、

そのじゃがいもを食べたことが原因だったようです。

また、未熟で小さなじゃがいもにも毒素は多く含まれます。

校内や家庭菜園でじゃがいもを育てる時は十分注意が必要です。

 

じゃがいもの芽の伸びすぎを防ぐために

 

では、じゃがいもの芽が伸びないようにするにはどうしたら良いでしょうか。

じゃがいもは常温保存が適している野菜ですが、

気温が20度以上になると発芽、腐敗しやすくなります。

保存する時は段ボールなどに新聞紙を敷き、

(さらに数個まとめて新聞紙で包むと良いです)

光が当たらない冷暗所に置きましょう。

 

じゃがいもは湿気を嫌いますので、できるだけ風通しの良い場所を選びます。

土が付いた状態ですと、湿気を呼んでしまいますので、

まずはしっかり土をはらって下さい。

 

りんごを一緒に入れると、エチレンガスの影響で

発芽しにくくなると言われています。

気温が高くなる夏場は、さらに芽が出やすくなりますので、

冷蔵庫を利用してみましょう。

 

冷蔵庫内は0~5度ほどで、冷たく乾燥しています。

じゃがいもの水分が抜けてやすく、シワシワになってしまいますので、

冷蔵庫の野菜室(5~10度)に入れると良いでしょう。

 

乾燥しないように、新聞紙で包みポリ袋などに入れて保存します。

その際、ポリ袋の口は軽く閉めて下さい。

きっちり固く閉めすぎますと、湿気がこもり、傷みの原因になります。

野菜室で2ヶ月ほど保存ができます。

 

じゃがいもの芽の伸びすぎ:まとめ

 

じゃがいもはビタミンCが大変多く、みかんと同じくらいの量含まれています。

ビタミンCは体の免疫力を高める働きがあり、美肌効果も期待できます。

また、ナトリウムを排出するカリウムも豊富に含まれ、塩分の摂り過ぎなどを調整してくれます。

高血圧の予防やむくみの解消に役立ちます。

その他、疲労回復に効果があるビタミンB1や腸内環境を整えてくれる食物繊維も含まれる野菜です。

そんなせっかくの栄養を、芽に取られてしまっては困りますよね。

なので、芽はすぐに取り除くようにしましょう。

スポンサードリンク

コメント