じゃがいもの芽が赤いのはなぜ?知っておきたい豆知識!

じゃがいもの芽が赤いのはなぜ?知っておきたい豆知識! じゃがいも

じゃがいもはいろいろなお料理に使いやすいので常に大袋で買って

常備している食物のひとつではないでしょうか?

 

我が家にも春夏秋冬だいたいじゃがいもと人参は常備してあります!

でも、じゃがいもってすぐに芽が生えてきますよね。

小さいころからじゃがいもの芽には毒があるって聞いてきた方、多いのではないでしょうか?

私もそのひとりで、芽が生えてくると包丁でしっかりと取り除いて料理しています。

 

その取り除く芽、ときどき芽が赤いじゃがいも、みませんか?

ちょっとドキっとして食べて良いのか迷っちゃいますよね。

赤い芽のじゃがいもは、芽を取り除いても食べられるのでしょうか?

スポンサードリンク

じゃがいもの芽が赤いのは品種による!

 

まず、じゃがいもの芽にはソラニンやチャコニンという毒素が含まれています。

だから「芽は食べたら毒なんだよ」は、正しいのです。

毒については後程詳しく説明しますね。

 

さて、すべてのじゃがいもではないものの、芽が赤くなるじゃがいも、

これはなんなのでしょう?

芽が赤くならないじゃがいもの芽と比べて毒素が強いのでしょうか?

 

違います。

これは品種の違いなのです。

たとえば日本人になじみの深い「きたあかり」や「はるか」などという品種は

芽の部分が赤くなるじゃがいもです。

 

色の違いだけで、特に毒素に変わりはないので

やはり芽はしっかりと取り除いて調理してくださいね。

 

じゃがいもの芽には毒がある!食べると危険!

 

そうなんです、前途のとおりじゃがいもの芽には毒素があります。

ソラニンやチャコニンと呼ばれるのですがこの毒素は

食べると嘔吐下痢に始まりめまいなども起こしますので

とても危険です。症状としては、食中毒の症状に似ています。

毒の種類としてはアルカロイドの一種であり、神経毒です。

 

致死量としては体重50kgの大人で200-350mgなので相当量の

芽を食べなければ大丈夫ということです。

ただ、小さい子供は致死量も違いますので十分注意して、

できるだけ芽の部分を口にすることがないよう監視が必要です。

 

でも、じゃがいも、あっという間に芽が生えてきますよね。

毒素が含まれているならば、やっぱり食べたら危険なんでしょうか?

 

いいえ、芽をしっかり取り除いたら問題はありません。

そしてソラニンやチャコニンは水溶性なので水に溶けます。

仮に芽が出てしまった場合にはその芽の根本から

しっかりと取り除いて、水にしばらく浸してください。

それによってソラニンやチャコニンが水に溶けだして毒性がなくなります。

じゃがいもの芽について、詳しくはこちらの記事をご覧ください↓

 

じゃがいもの芽が出ないようにするには?

 

じゃがいもはどんどん成長を続けてしまうので

芽が出ないようにすることはむつかしいです。

ただし、成長を遅らせることは可能です。

 

実はじゃがいもは、日光にあたることで芽が生えてくるのです。

そしてそれは日光だけではありません。

蛍光灯など、家庭の光でも発芽します。

 

じゃがいもに芽が出てくるのを遅くさせたり、防ぐためには

光を遮断するように保存してください。

 

たとえば、新聞紙やいらなくなった紙袋でくるんで

冷蔵庫で保存すると良いでしょう。

100均のお店でちょっとおしゃれな

茶色の紙袋(取っ手なし)があり、それを使っても

おしゃれなキッチンライフが楽しめると思います。

 

ちなみに野菜の鮮度を保つ袋も100均に売っていますので

ダブル使いにすると良いですよ!

スポンサードリンク

じゃがいもにカビが生えないようにするには?

 

じゃがいも、すぐ芽が出るだけでなく、カビも生えてしまいますよね。

結論から言うと、仕方がありません。

 

そもそもカビの胞子というものは空気中のどこにでも

浮いているものです。

普通に生活をしていてもその胞子はさまざまな場所に

付着し、条件がそろうと発芽し、増える、という仕組みです。

 

じゃがいもだとカビにとって十分な栄養分まであるので

好条件なんですね。

カビは温度が25-30度、湿度80%以上、栄養、が必要条件

なので、じゃがいもの発芽を防ぐ方法、

“新聞紙(紙袋)にくるんで冷蔵庫”はカビ防止にもなっているんですね。

 

カビはどんどん違う食材にもうつってしまいますので

できるだけ発生しないように気を付けたいですね。

じゃがいもに芽やカビが!!知っておくべき対処法とは!?

 

長く保存してしまったじゃがいもはどうする?

 

芽が出てしまったらしっかり取り除く、柔らかくなったりしわしわになって

しまった場合は皮を5mmは切り落としてください。

そうすると味はそこまで気にならずに食べられます。

カレーやシチューにすると全く気にならないでしょう。

 

ただ、ぶよぶよになったじゃがいもはあまりおいしくありません。

それを無理に食べることはないでしょう。

芽がでていてぶよぶよになってしまったじゃがいもは

是非お庭に植えてみてください。

 

じゃがいもはほとんど勝手に成長してくれるので

そのうち新じゃがが楽しめます!

採れたてのじゃがいもを洗ってレンジでチンしてバター

を付けて食べると頬っぺたが落ちますよ!

 

余談ですが、かぼちゃやピーマンも勝手に芽を出して

実がなりますので悪くなってしまったものでも

良いですし、種でも良いのでぜひ植えてみてください!

 

じゃがいもの芽が赤いのはなぜ?危険?について:まとめ

 

じゃがいもの芽が赤いから特別危険、というわけではありません。

じゃがいもの芽が赤くても赤くなくてもソラニンやチャコニンの毒性

は含まれていることがわかりましたね。

じゃがいもの芽はしっかりと根本からとってください。

ピーラーに芽を取る機能がついているものもあります。

それだと簡単だし、ちょっと楽しいのでぜひ試してください。

 

私は小さいころから母にじゃがいもの芽は絶対にとらなければいけないと教わってきました。

同じように娘にもじゃがいもの芽の毒について幼稚園の時にすでに教えてあります。

 

外食やファーストフード店のポテトでもたまに芽の

ような部分があると残す癖はついてしまっていますが・・・

でも、子供と食の安全について話すことは大切なことだと

思います。料理にも興味を持ってくれるようになりますしね。

 

おいしいものを、安全に食べる、そんなモットーで一見もう食べられないかな?

という食材もどうしたら食べられるのか、という豆知識を増やして

ぜひこれからもじゃがいもでいろいろな料理を試してみてください!

スポンサードリンク

コメント