じゃがいもの芽が出た後の保存方法!発芽させない方法は!?

じゃがいもの芽が出た後の保存方法!発芽させない方法は!? じゃがいも

じゃがいもは長持ちしますし、常備野菜として大活躍しますよね!

そんな優秀なじゃがいもは是非ともたくさん食べたいし

家族にも食べさせてあげたいですよね。

 

ですがじゃがいもを長期保存していると芽が出てきますよね。

そのじゃがいもの芽には天然毒素が含まれており、食中毒を引き起こす恐れのあるとても怖いものです。

では、そんなじゃがいもの芽が出てきてしまったら、又出ないようにするにはどのようにしたらいいのかを考えてみます。

スポンサードリンク

じゃがいもの芽が出た後の保存方法

 

では、じゃがいもの芽が出てきてしまったらどうしたらいいのでしょうか。

この芽を取り除いたら食べていいのかな?

もう芽が出てきてしまったら食べられなくなってしまうのかな?

と不安になってしまいますよね。

それにじゃがいもから生えてきた芽は、とげとげしていて

なんだか紫がかっていてとてもグロテスク。

見ただけでなんとなく体に悪そうです。

 

芽が生えてきてしまっても、まだそのじゃがいもを食べることはできます!

ですが、その芽に強い毒素が隠れていることも事実なので

きちんと適切な処置をしてから料理しましょう。

 

大事なのは生えてきてしまった芽を取り除いてから、

その周辺を大きめにくりぬいて捨てて下さい。

そして、芽が出てきてしまったらもう皮のままは食べないで下さい。

このポイントは抑えて下さい。

こちらもご参考にしてください↓

 

では、芽が生えてしまった後の保存方法についてです。

もう芽が出てきてしまっていたら、後はどんどん成長してしまい、

身のほうのじゃがいももシワシワになってくるので

とにかく早めに芽は取り除いて下さい。

そして冷暗所である冷蔵庫の中に入れておけば

多少は成長を食い止められます。

 

今後のため:じゃがいもの芽を発芽させない常温保存方法

 

では、芽が出ないように保存することは出来るのでしょうか?

野菜なので、冷蔵庫に入れたら長持ちするイメージがありますよね。

ですがじゃがいもは冷蔵保存には適していないので、常温保存して下さい。

 

芽は植物なので日光に当たるとどんどん伸びてきてしまいます。

なので日光に当たらないようにする、というのが一つのポイントです。

新聞紙に1こずつくるんでもいいですし、

購入したまま段ボールに入れておいてもいいと思います。

私は100円ショップで購入した紙袋に入れて、

大きめのクリップで封をしています。

 

風通しが良い事も大切なので、完全に密封はされないように気をつけましょう。

やはり暖かい所で保存をしていても成長がすすんでしまうので、

 

私は真夏以外は水道の下に保管しています。

真夏はどこにおいても暑すぎてしまうので、冷蔵庫の野菜室

お引っ越ししてもらっています。

スポンサードリンク

じゃがいもとりんごで発芽が 抑えられて長期保存が可能?

 

りんごと一緒に保存すると発芽が抑えられるという話は

聞いたことがあるかもしれませんが、

それは本当です。

では、どうしてりんごと一緒に保存するだけで

発芽が抑えられるのかを考えてみましょう。

 

りんごにはエチレンガスという気体を発生させる性質があります。

りんごは収穫してからも、どんどん追熟していきますよね。

なので収穫された後でもエチレンガスを放出してしまうのです。

エチレンというのは植物が熟成するのに欠かせないホルモンです。

 

放出されたエチレンガスは近くにある物にも影響してしまいます。

じゃがいもの場合は成長を止めるように働いてくれるので

芽が出づらくなります。

ですが他の野菜や果物はどんどん熟していってしまったり、

固くて美味しくなくなってしまうので、注意が必要です!

 

ですがうまく使っていけば、なかなか熟してくれない果物等と

りんごを一緒に保存しておけば美味しく熟してくれるので、

とても役に立ってくれます。

 

きちんとりんごの特性を理解していれば、

食べ物の保存に対してうまく付き合っていけると思います。

じゃがいもに関しては発芽が抑えられる効果があるので、

是非とも試して見て下さい。

 

じゃがいもに芽が出たので早く消費したい!レシピ

 

ここでワンポイトとして、優秀なじゃがいもを買いすぎてしまい、

レパートリーに困ったときにオススメのレシピを少しだけ紹介します。

 

じゃがいも消費レシピ:じゃがいも餅

大人も子どもも大好きで私もよく作るのが、

じゃがいも餅です。餅といってもじゃがいもなので、

誤飲しやすいお餅程は、もちもちしないので安心して下さい。

 

じゃがいもを電子レンジで加熱し、潰します。

そこに少量の塩と、片栗粉を混ぜてよくこねます。

こねたら好きな形に成形して、

私はフライパンでバターをしいて焼きます。

焼き色がついたら醤油を流し入れて、バター醤油焼きにしています。

 

じゃがいも消費レシピ:じゃがいもガレット

他にオススメなのが、じゃがいもガレットです。

じゃがいもを細切りにして、チーズやベーコン等好きなものを混ぜます。

塩・こしょうを加えて小麦粉も混ぜ合わせます。

 

オリーブオイルを敷いたフライパンに乗せて、

きつね色でカリカリにしあがるまで焼いて下さい。

チーズのパリッという食感が好きなのでいつもチーズは多めに入れています。

じゃがいもは細切りにしているので火の通りも早いですよ!

私は細切りにするのが大変なので、いつもスライサーを使っています。

 

ガレットは実は簡単なのですが、手が込んでいるように見えてオシャレなので、

朝食にも出しますが、人が来たときの洋食メニューに1品足したりしています。

 

じゃがいもに芽が出た後の保存方法:まとめ

 

じゃがいもはとても栄養価が高くて意外とビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンは加熱すると破壊されてしまうのでうまく摂取しづらい、というイメージがありますよね。

 

ですがじゃがいものビタミンCはでんぷんで覆われている為に

加熱しても流れ出てしまう事がありません。

なので効率良くビタミンCを摂取する事ができます。

ビタミンCが豊富に含まれていると言うことは若返り効果がありますよね。

ストレスをなくしてくれたり、お肌をキレイに保ってくれます。

そのほかにも食物繊維やカリウムも豊富に含まれています。

 

食物繊維にはおなかの調子を整えてくれて便を出すお手伝いをしてくれる役割がありますし、

カリウムにはナトリウムを排出させてむくみを解消したり高血圧の予防をしてくれる働きがあります。

 

じゃがいもは芽が出ちゃうのがネックですが、きちんと対処すれば、まだまだ食べられます。

どの世代にも積極的に取ってほしい栄養素がたっぷり入っていますので、

適切な保存方法で長く保存させてたくさん食べてみてください。

スポンサードリンク

コメント