パイナップル ピリピリする理由は腐ってるから?舌が痛くならない方法

パイナップル ピリピリする理由は腐ってるから?舌が痛くならない方法 パイナップル

カットしてパフェやゼリーに使われていたり、加工してジュースやアイスになったりして食べられているパイナップル

もちろん、そのままの状態でもスーパーや八百屋さんで販売されていることもありますよね。

私は、カットするのが面倒なので、缶詰やすでにカットされている状態でしか購入したことがありませんが・・・。

私は変わっているのか、缶詰やカットされている状態のパイナップルは食べれますが、

そのままの状態で販売されている状態のパイナップルから皮などをカットして、

食べれる状態にしたパイナップルは、なんか酸っぱい経験があったので、

それ以降は缶詰か、カットされて販売されているパイナップルしか購入したことがありません。

あくまで、私個人の感想なんですけどね。

 

もちろん、ジュースやアイスなんかのパイナップル味は食べれます!

それはそれで美味しいですよね。

たまたま自分が食べたパイナップルがすっぱかっただけなのかもしれませんね。

そんな甘くて美味しいパイナップルについて、舌がピリピリする理由は腐ってるからなのか、舌が痛くならない方法、治し方などについてまとめました。

スポンサードリンク

パイナップルで舌がピリピリする理由!腐ってるから?

 

パイナップルで舌がピリピリすることがあることもあります。

そのままのパイナップルをカットして食べたときの酸っぱさも

どっちかというと、ピリピリだったような気もします。

 

ピリピリと聞いて、思いつくのはアレルギーでした。

でも、アレルギーとなると、どんな状態のパイナップルでもなるものだと思い、違うかなあと。

缶詰でのパイナップルはそんな感じなかったので。

 

もちろん、アレルギーでも舌がピリピリすることはあります。

しかし、アレルギーでは、ピリピリする以外に喉がかゆかったり、

痛いなどの症状や唇や顔全体が腫れるなど、その他の症状が出ます。

そのときはアレルギーを疑ってください。

以前食べた時に酸っぱい?ピリピリ?したときは、

私は、腐ってる可能性も考えて、食べるのはよくないと思って処分しました。

しかし、腐っているわけではありませんでした。

 

舌がピリピリする理由、それはパイナップルに含まれている酵素にあります。

パイナップルは「プロメリン」と呼ばれる酵素が含まれていて、

この酵素はたんぱく質を分解する作用があります。

「プロメリン」は「ブロメライン」とも呼ばれています。

 

人間の舌は唾液に含まれている粘膜によって保護されていますが、

これはただの唾液ではなく、たんぱく質なんです。

そして、プロメリンがこのたんぱく質を分解してしまうのです。

そのため、舌を保護している粘膜の作用が弱くなってしまい、

パイナップルの酸味によって舌がピリピリと痛むように感じているんです。

これが理由でした。

 

なんてこと!と思いました。

そんな作用がパイナップルにあったなんて、とビックリです。

果物にそんな作用が含まれているなんてと驚きでした。

何気なく食べている果物に隠された作用だなあと感じました。

 

では、ピリピリするから食べれないのかというわけではありません。

だってパイナップルって結構出回ってますよね。

簡単に手に入らない果物ならそこまで気にしませんが、年間通しても

パイナップルは食べる果物の1つですから、対処法は大事です。

スポンサードリンク

パイナップルでピリピリ舌が痛くならない方法

 

完熟したパイナップルを食べることが、まずは対処法の1つ。

パイナップルの選び方については、こちらの記事で解説しています↓

パイナップルの選び方は葉っぱでわかる?見分け方は匂いなど他にも!

 

他には、パイナップルの舌の痛みには牛乳やヨーグルトといった食品に効果があります。

先ほど、舌はたんぱく質が含まれる粘膜で保護されていると話しましたが、

牛乳とヨーグルトにもたんぱく質が含まれています。

パイナップルのたんぱく質を分解する作用を、

たんぱく質の含まれる食品を摂取して補うということです。

 

パイナップルとヨーグルトは相性は良いですし、

ヨーグルトにパイナップルを入れて食べるのもいいです。

また、プロメリンについては60度以上の熱で効果が失われるため、

食べる前に加熱するのも効果があります。

缶詰のパイナップルについては長期保存するために元々加熱されているため、

缶詰であれば痛むこともないでしょう。

 

みかんや桃などの他の果物と一緒にヨーグルトに混ぜて食べるか、

加熱して食べるのが、ピリピリしないで食べる方法としては一番食べやすいかなと思います。

 

パイナップルは傷むと、あめ色に透明化してきます。

パイナップルの場合は皮もしっかりしているので、

皮からの見た目では判断は難しいかもです。

発酵臭がするので、臭いもかいで判断してくださいね。

皮と果肉の2種類から見分けることができるので、両方みてください。

 

分厚い皮の部分ですが、新鮮なうちは鮮やかな緑色を呈して瑞々しく身が引き締まっています。

それに対し、腐り始めると黄色に変化して徐々に水分が失われ、

乾燥したガチガチの皮になっていきます。

さらに、そこから腐ると徐々に白いカビのようなものが生えてきて異臭を放ちます。

皮に白いカビが生えてる状態の場合ですが、

パイナップルは皮が分厚いのでカビが生えても中までカビが到達するのは遅いです。

 

果肉の部分ですが、腐り始めるとだんだん外側から濃い黄色に変化していき、

新鮮な時よりも多く水分を含むようになります。

さらに、そこから腐ると熟れた部分がブヨブヨになって異臭を放つようになり、

食べると甘ったるい味がします。

食感は新鮮な時よりもかなり柔らかく特に時間が経った果肉については、

若干白みがかったぬめりが分泌され始めます。

こうなったら食べない方がいいです。

詳しくは、こちらの記事をご覧ください↓

パイナップルが腐る時の見分け方!味に変化はある?冷凍保存方法も

 

パイナップルは腐敗が速い果物で、冷蔵庫で保存しても2~3日持つか持たないかです。

それ以上経つと、上記のように腐敗していきますので、早めに食べてくださいね。

パイナップルの賞味期限は購入したときの鮮度にもよりますが、

目安は2、3日とされています。

高温多湿の場所で常温保存だとすぐにカビが生えて悪くなります。

 

風通しのいいところだと5日くらいもつこともありますが、

食べる前に必ずパイナップルの状態は確認が必要ですよ。

夏場は常温だと暑いので、冷蔵庫がいいかもです。

パイナップルをそのまま冷蔵庫に入れたときの賞味期限は1週間持ちます。

 

食べごろをみるには、下のおしりの匂いを嗅いでみてください。

甘い匂いがしたら食べごろです。

カットしたパイナップルはラップをして冷蔵庫で2日以内に食べてください。

パイナップルは、冷凍も可能な果物です。

2日以内に食べきれない場合は、冷凍保存がおすすめですよ。

 

冷凍する場合は、皮はすべて切り落とし、1口サイズにカットしてから

タッパーやジップロックなどの容器に入れて保存しましょう。

冷凍したパイナップルは完全に解凍すると甘みが溶けてしまうので、

半解凍状態でシャーベットにして食べることをおすすめします。

コンビニなどでも冷凍パインって売ってありますよね。冷凍させても普通に美味しいですよ。

パイナップルの冷凍保存や解凍方法については、こちらの記事をどうぞ↓

パイナップルの冷凍保存の期間・賞味期限は?解凍方法もご紹介

 

パイナップルでピリピリした時の治し方

 

美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまって、実際に舌がピリピリと痛くなってしまうことってありますよね。

美味しいとつい食べるの止まらないこと、私もあります。

そんな時の舌の痛みを治す方法ですが、身近にあるものでは、

牛乳を飲んだり、ヨーグルトを食べることで痛みが治ります。

 

理由は、上記にも書いたように、パイナップルには「プロメリン」というたんぱく質分解酵素が入っています。

そのため、同じたんぱく質を含む牛乳やヨーグルトを口に含むことによって、

たんぱく質分解酵素がそれらと結びついて、痛みが和らぎます。

牛乳やヨーグルトは簡単に手に入りますし、

痛くなったときは牛乳やヨーグルトを食べてみてください。

 

パイナップルでピリピリする理由:まとめ

 

カットしてそのまま食べても美味しいパイナップルですが、舌が痛くなるとせっかく美味しい食べ物も手がつかなくなってしまいますよね。

上記に記したように、加熱したり、牛乳やヨーグルトと一緒に食べたりすることで、不快な思いからさよならできますよ!

困ったときは試してみて、美味しく食べてください。

ただ!残念ながら、牛乳とパイナップルの食べ合わせについて、こんな話もあります↓

パイナップルと牛乳の食べ合わせは苦いし分離する?他の食べ物は?

 

パイナップルは咳が出る時に効く?咳止め効果がある?

パイナップルの便秘解消の効果&食べ方!でも食べ過ぎには注意?

そのほかのパイナップル関連の記事はこちらをどうぞ↑

 

スポンサードリンク

コメント