パイナップルを酢豚に入れる理由・タイミング・効果!意味あるの?

あなたは酢豚にパイナップルを入れる派?入れない派?

中華料理の定番メニューである、酢豚。お好きな方も多いでしょう。私は大好きです!

しかし、酢豚を語るときに避けられない

「酢豚にパイナップルを入れるか否か???」という大問題が立ちはだかります。

甘酸っぱさがアクセントのパイナップル、あの甘さが苦手…という方もいるのではないでしょうか。

そこで、酢豚にパイナップルを入れるようになった由来や理由・効果などについて、詳しく書いてみました。

酢豚のパイナップルがお好きな方も苦手な方も、ぜひ読んでみてくださいね。


 

パイナップルを酢豚に入れる理由・意味

 

まず多くの方が「パイナップルに入っている成分がお肉を柔らかくするからでしょ?」と考えるでしょう。

私もずっとそう思っていました。

確かに、パイナップルにはブロメリンという酵素が含まれています。

これはタンパク質を分解する働きがあるため、お肉を柔らかくする効果が期待できるのです。

 

しかし、ブロメリンには熱に弱いという特徴があり、60度以上の熱を加えてしまうと効果が期待できません。

(よって、缶詰のパイナップルも製造過程で加熱処理されていますので、

ブロメリンの効果は期待できないのです…)

 

それではなぜ?パイナップルをわざわざ酢豚に?と怒りを感じる方もいらっしゃるでしょう。

落ち着いてください。ちゃんと由来はあったのです…。

 

パイナップルを酢豚に入れるようになった由来

 

酢豚にパイナップルを入れるようになった理由は諸説ありますが、

ここでは有名なものを紹介していきます。

起源は中国、清の時代

イギリス領だった香港や、フランスの影響が強かった上海で誕生しました。

 

中国に住んでいる欧米人を相手に、高級感のある料理を出そうと考えていた料理人が

白羽の矢を立てたのはパイナップル。その当時は、とても高価で貴重だったのです。

現在と比べると、1200倍の値段で約90万円ほどしたそうですよ!

 

確かにパイナップルは色も綺麗ですし、入れることでカラフルな酢豚の見栄えも

更によくなり高級感も増したことでしょう。

 

酢豚のパイナップルはいらない?嫌い?世の中の意見

 

あなたは、パイナップルの入った酢豚はお好きですか?

パイナップル入り酢豚、好き嫌いが分かれますよね。

否定派の方の「フルーツを炒めるなんて言語道断!」「甘くておかずにならない!」なんて声が聞こえてきそうです。

私の夫(否定派)なんかは「パイナップルに触れた部分が甘くなって許せない!」と鼻息を荒くしておりました。

 

ちょっと古いデータなんですが、2015年にインターネットで行われた調査(172,401人回答)によりますと…

  • 好き22%
  • 嫌い31%
  • 特に何とも思わない45%
  • その他2%

という結果が出ております。

パイナップル否定派の人は一定数、というか「好き」と答えた人よりも

多く存在している…!ということが分かりますね。

パイナップルを酢豚に入れるとどんな効果がある?

 

賛否両論あるパイナップルですが、とにかく酢豚に入れると

どんな効果があるのか気になるところですよね。

まず、パイナップルを酢豚に入れることで「酢豚らしく」なるのです。

パイナップルの甘みが、酢豚本来の甘酸っぱいあんを引き立ててくれます。

 

そして、パイナップルにはクエン酸やリンゴ酸が含まれているのをご存知ですか?

クエン酸やリンゴ酸には、食べ物の味に深みを持たせる効果があるのです。

更に、食欲増進効果も!

一度油で揚げたお肉をあんに絡めた…という文章に起こすと胸焼けしそうな料理も、

パイナップルのおかげで美味しく食べられるのかもしれません。

 

パイナップル入り酢豚を作るときのタイミング・注意

 

ここからは、パイナップル入り酢豚肯定派のあなたに向けて発信です。

ぜひこの機会に、柔らかお肉のパイナップル入り酢豚の作り方を覚えちゃいましょう!

この記事の最初の方にパイナップルに含まれるブロメリンは熱に弱い、と書きましたが

「じゃあどのタイミングでいつ入れたらいいの?」とお思いのことでしょう。

 

60度以上の熱を加えたらアウトなので…火を加える前の肉と一緒に漬け込んでおくか、

最後にあんを加える仕上げの段階に投入するのがベストです。

こちらも前述しましたが、パイナップルの缶詰は加熱処理がされているため、

使用するなら生のパイナップルですよ!!

 

…こうやって書いていくと、生のパイナップルを酢豚のために使用するなんて贅沢ですね…。

 

パイナップルを酢豚に入れる理由・意味・由来・効果:まとめ

 

パイナップルが酢豚に入るようになった理由や効果などをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

意外と酢豚に入るべくして入った、というような理由ばかりだったのではないでしょうか。

私はパイナップル入り酢豚肯定派なので、パイナップルの肩を持つような描写があったかもしれませんが、どうかお許しくださいね。

パイナップル入り酢豚否定派の方がこの記事を読んで、

パイナップル入り酢豚に寛容になったり、より興味を持てたのなら嬉しいです!

 

パイナップルの冷凍保存の期間・賞味期限は?解凍方法もご紹介

パイナップルが腐る時の見分け方!味に変化はある?冷凍保存方法も

パイナップルを赤ちゃんにあげるのはいつから?缶詰・果汁は?

パイナップル関連の記事は、こちらもぜひご覧ください↑