パイナップルの便秘解消の効果&食べ方!でも食べ過ぎには注意?

パイナップルの便秘解消の効果&食べ方!でも食べ過ぎに注意? パイナップル

「お腹が張って苦しい」「お腹の張りのせいでズボンやスカートもパツパツ」など、便秘は本当にやっかいな問題ですよね。

美容や健康に気をかけ、良い食生活をしても便秘があるだけで、必要な栄養素は腸から吸収もされません。

しかも便秘が悪化すると便が硬くなり切れ痔になってしまったり、いぼ痔や腸閉塞などの原因にもなり、

最悪の場合、手術をしなくてはいけなくなる事態にもなりかねません。

そこで、なんと「パイナップルが便秘解消に効果がある」との話を耳にしたので、

パイナップルの便秘解消の効果やお通じに良い食べ方、食べ過ぎに注意な理由などについてまとめてみました。

スポンサードリンク

パイナップルは便秘解消に効果ある?なぜ?

 

パイナップルにはたくさんの栄養素が含まれており、便秘解消に効果があるとされている食物繊維も含まれています。

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類あるのですが、パイナップルにはどちらの食物繊維も含まれています。

文字通り、水溶性食物繊維は「水に溶けやすい」食物繊維であるのに対して、不溶性食物繊維は「水に溶けにくい」食物繊維です。

 

水溶性食物繊維は水に溶けやすいので、便の水分量を増やして便を柔らかくしてくれます。

また、善玉菌のエサともなるので、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境の改善も見込めます。

不溶性食物繊維は水に溶けにくいので、腸内の老廃物を巻き込んでくれます。

そうして便のかさが増えることで、腸内が刺激され、便通をサポートしてくれるのです。

 

ちなみに、パイナップルは不溶性食物繊維の方が多く含まれています。

「え…。それって便が柔らかくならずに量だけ増えるんじゃないの?」と思いますよね。

大丈夫です!幸いにもパイナップルはちゃんと水分も含んでいるので、便が硬くなりにくいのです。

 

更にパイナップルにはブロメラインというタンパク質を分解する酵素が含まれています。

この酵素のおかげで、未消化のタンパク質が腸内に届くのが軽減されます。

これによって、腸内の悪玉菌の繁殖を抑える事ができ、腸内環境を整えられるのです。

また、タンパク質の消化・吸収がよくなることで、胃腸への負担が減り排泄機能の向上が狙えるのです。

パイナップルの食物繊維と酵素が、このように便秘解消に効果を発揮してくれるのですね。

 

パイナップルジュースでも便秘解消に効果あり?

 

お店にパイナップルを買いにいくと丸々1個のパイナップルやカット済みのもの、

缶詰め、冷凍食品、ジュースなどさまざまな種類のパイナップル製品があるかと思います。

その中でも一番お手軽にパイナップルを摂取できるのはジュースではないでしょうか?

切ったり、解凍したりといった手間もなく、ジュースであれば開けるだけですよね。

しかし、ジュースとして加工されたパイナップルには便秘解消に効果を発揮してくれるのでしょうか?

 

まず、ジュースには製法が2つあります。「ストレート」と「濃縮還元」というもので、ジュースのパッケージにも記載されています。

「ストレート」はパイナップルを生のまま搾ってジュースとして詰められたもので、

「濃縮還元」はパイナップルを加熱してペースト状にして、水を加えてジュースとして詰められたものです。

「濃縮還元」は加熱処理をしてしまうので、ビタミンや酵素などは破壊されてしまいます。

なので、便秘解消の効果を得るためには「ストレート」のパイナップルジュースの方が良いということです。

スポンサードリンク

便秘解消に効果的なパイナップルの食べ方は?

 

私は「フルーツは食後のデザート」というイメージが強いので、パイナップルを食べるなら、食後に食べてしまうと思いますが、

実際は食生活のなかでいつ、どのようにパイナップルを取り入れるのがベストなのでしょうか?

パイナップルにはタンパク質を分解してくれる働きがあるので、ガッツリ食べがちな昼食や夕食のタイミングで食べるのが良いのではないでしょうか。

一口大のものを食前3〜5個、食後3〜5個と食べることで、消化・吸収も良くなります。

 

一方、朝は体内の老廃物を排泄しやすい時間帯なので、パイナップルを食べることで消化器官の働きを良くしてくれるという見方もできます。

1日の食生活の中でどのタイミングでパイナップルを取り入れるかは、これを参考に自分の食生活に合わせてみてくださいね。

 

でも、パイナップルの食べ過ぎには注意!?

 

便秘解消の効果もあって、さらにビタミンC、ビタミンB、カルシウム、カリウムなどの美容効果もあるパイナップル。

こんなに「パイナップルはいいフルーツだよ!!」ってあちらこちらから情報が入ってくるとついつい、食べ過ぎてしまう方もいますよね。

え〜…はい。それ私です。(苦笑)

 

私はまだないですが、友達が「パイナップル食べてたら口から血が…」なんて言っていました。

友達は美容のためとパイナップル習慣をしていたようです。

あなたも気を付けてくださいね‼

 

パイナップルに含まれているブロメラインという酵素ですが、実はこれ、かなり強いタンパク質分解酵素なんです。

その性質を利用した皮膚科治療の医薬品もあるくらいなんです。

私は仕事でこの医薬品(まさに「ブロメライン」というど直球の名前です)

を使用したことがありますが、健常な皮膚にも影響を及ぼす恐れがあるため

患部以外には撥水性のクリームを塗って保護し、患部のみにこの医薬品を塗布するように注意していました。

ちなみにこれ、壊死して硬くなった皮膚をふやかして(溶かして)柔らかくして、他の薬剤が浸透するようにする薬という薬です。

 

こんな話をしてしまうと「パイナップル怖い」などと思われてしまうかもしれませんが、

あくまでも、「過剰摂取はしないでくださいね」というだけですので大丈夫です!!

ただし、口内炎がひどいときや胃腸の調子が悪いときはやはり刺激となりやすいので、パイナップルは控えた方が良いでしょう。

なんでもそうですが、「やりすぎ」はやはり体にも負担になってしまいますよね。

 

パイナップルの便秘解消への効果:まとめ

 

  • パイナップルには水溶性食物繊維、不溶性食物繊維の両方が含まれており、
    便秘解消に効果がある。
  • パイナップルの酵素によって腸内環境の向上も見込める。
  • パイナップルは加熱加工されてしまうと、酵素が破壊されてしまうので、そのまま食べたり、ストレートジュースで摂取するのが良い。
  • パイナップルを食べるタイミングで食事の消化・吸収をサポートできる。
  • 過剰摂取はしないように気を付ける。

パイナップルがこんなにも便秘解消に効果があるとは思わなかったのではないでしょうか?

いい事づくしのパイナップル効果で、ほどよく上手に取り入れて、体の内側からキレイも目指せそうですね。

 

パイナップルと牛乳の食べ合わせは苦いし分離する?他の食べ物は?

パイナップルが腐る時の見分け方!味に変化はある?冷凍保存方法も

パイナップルの冷凍保存の期間・賞味期限は?解凍方法もご紹介

パイナップルを赤ちゃんにあげるのはいつから?缶詰・果汁は?

パイナップルを酢豚に入れる理由・タイミング・効果!意味あるの?

パイナップル関連の記事は、こちらもぜひご覧ください↑

 

スポンサードリンク

コメント