柿を食べると腹痛が!理由と対処法を知ってこれで解決!

柿を食べると腹痛が!理由と対処法は?

「食欲の秋」といわれるほどですから、秋には美味しい食べ物がたくさんありますよね。

特に「秋がきたなぁ~。」と実感する食べ物の1つとして、柿があります。

食べると甘味が口いっぱいに広がり、見ても楽しい、食べるととっても美味しい。

秋を視覚と、味覚で楽しませてくれる私にとっては、とっても身近な秋の果物だと思っています。

 

そんな柿は栄養価がとても高く、体内の酸化を防いでくれるので老化予防にもなる、βカロテン。

発ガンを抑制してくれるβクリプトキサンチン。

女性は特に嬉しいのではないでしょうか!?

美肌効果や免疫力を高めて風邪をひきにくくしてくれる、ビタミンC。

ビタミンCに関しては、いろいろある果物の中でも、

1個食べれば、1日の推奨量が摂れるというぐらい、ビタミンCが豊富に含まれているのです。

これだけでも、栄養価が高い食べ物だということがわかりますよね。

ですが、美味しいからとどんどん食べていると…。お腹が痛くなることってありませんか?

 

ただの食べ過ぎなのか、他に原因があるのか。美味しく食べるなら、安心して食べたいですよね。

今回はそんな柿について紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

柿を食べて腹痛が起こる原因はアレルギー?

 

よく耳にする「アレルギー」ですが、

柿にもアレルギーになる成分が含まれているのでしょうか?

実は、花粉症と関係があるようです。

花粉症にもスギ、ヒノキ、イネ、シラカンバ…などの種類がありますが、

果物の種類により、それぞれに当てはまるものが違ってきます。

 

果物に含まれる花粉と似たアレルゲン(たんぱく質)が体内で、花粉だと判断し、

唇や口の中、のど、耳の奥などに痒みや腫れ、痛みなどを感じるという、

アレルギー反応が表れるということです。

これを口腔アレルギー症候群というのですが、

今回紹介している「柿」はというと、

シラカンバなどカバノキ科にあたるということで、

この種類の花粉アレルギーがある方は特に注意が必要です。

 

花粉症とわからない方も、柿を食べると、アレルギー症状が出る。

と言う方はもしかしたら、花粉症と判断した体内の反応かもしれません。

一度病院で、アレルギー検査をしてみてもいいかもしれませんね。

 

口腔アレルギー症候群が原因であれば、

果物や野菜は、加熱をすると症状が起きにくいといわれていますので、

ジャムや焼き菓子など加熱して加工することによって、

症状が出にくくなるということです。

もし症状が当てはまるようでしたら、一度、加熱して召し上がってみてはいかがでしょうか?

柿とオリーブオイルは便秘に効果抜群!?量や食べ方は?

腹痛が起きた時の対処法

 

柿には、カリウムとタンニンという成分も含まれていて、

カリウムが、高血圧を抑える作用があり、

タンニンが鉄分と反応し、貧血になってしまうというもので、

それが原因で、体が冷えてしまうそうです。

 

元々、冷え症や貧血の方は腹痛などになりやすくなる可能性があるので、

召し上がる時は、気を付けてくださいね。

もし、お腹がゆるくなってしまったら、体を温めてくださいね。

 

後は、水分を取ることです。

お腹がゆるくなると、一緒に水分も出てしまうので、脱水症状になりかねません。

体を温めることも考えると、冷たいお水は控えて、

白湯を少しずつ飲むようにすると良いと思います。

 

また、タンニンは、他の作用として、下痢止めの成分として使用されています。

もし、普段から便秘だという方は摂取しすぎると、

腸の働きが更に弱まり、便秘による腹痛になりかねませんので、

そういった作用もあることを覚えておくと良いと思います。

便秘になってしまった時は、

お腹を温めてマッサージなどをして腸を動かすようにしましょう。

 

腹痛以外の他の症状として、吐き気や胃痛、じんましんなどが表れた場合は、

他の原因としてアレルギーなどの症状が出ているかもしれませんので、

食べるのをやめて、ひどいようであれば、病院へ受診することをおすすめします。

スポンサードリンク

柿で腹痛が起きないための対策

 

柿を食べる時の注意として、「お腹が空いた」と、空腹時に柿を食べ過ぎると、

「柿胃石」といわれる病気になってしまいます。

実は、体を冷やす効果のあるタンニンですが、

大量に摂取することにより胃石ができてしまいます。

腹痛だけでなく、吐き気や嘔吐の症状がでた場合は、

早めに病院へ行くようにしてください。

 

症状があっても、病院に行かずに放置し、重症化してしまうと、

腸閉塞になってしまうかもしれません。

腸閉塞の症状は、胃部不快感、膨満感、げっぷ、しゃっくりなどがあげられます。

胃石ができてしまうと、胃洗浄をし、胃石を溶かさないといけなくなります。

良かれと思って食べて、救急車の騒ぎになっては大変です。

空腹時に食べる場合は、少量にしておきましょうね。

柿を食べると腹痛が!理由と対処法は?

 

腹痛が起きないための柿の適正量

 

どんな食べ物でも、適量というものがありますよね。

柿は果物ですので、果物の1日の摂取量は200gということで、

それを目安にすると、柿1個が約180gです。

柿だけを食べるのであれば、1日に1個を食べると良いと思います。

 

ですが、これは目安にすぎませんので、成分や作用を踏まえた上で、

自分の体質や体調と相談しながら食べることをおすすめします。

どうせ食べるなら、腹痛などに悩まされずに、

美味しく秋の味覚を堪能したいものですからね。

 

まとめ

 

美肌効果があると言われると、ついつい飛びつきたくなる私ですが、

冷えの原因にもなるんですね…。

元々、冷え症だという方は食べる量に気を付けて下さい。

1個まで大丈夫!とそのまま食べてしまうと、

もしかしたら腹痛の原因になってしまうかもしれません。

私も冷え症の1人なので、食べる時は気を付けたいと思います!

アレルギーもまさかの花粉症!

柿には出たことがありませんが、そういえば、特定の果物を食べた時に耳の奥が痒くなったりする!

ということは、何かしらの花粉症!?

特に今まで気にしてきたわけではないのですが、本人が気付かないところで、身体は正直ですね~。

逆に果物から、自分がどの花粉症なのかわかるかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメント