桃の保存期間・方法!冷凍・カット後や夏場・冷蔵の場合は?

桃の保存期間・方法!冷凍・カット後や夏場・冷蔵の場合は?

甘酸っぱい香りでケーキやパフェなどにもよく使われている桃。

子供から大人まで好きな人が多い果物ではないでしょうか?

そんな多面的に使用されている果物の桃について書いていきたいと思います。

スポンサードリンク

桃の保存期間・賞味期限・日持ち&桃の保存方法!冷蔵庫?常温?

 

桃の保存期間は、保存方法によって違うので、それぞれにわけてお知らせしますね。

桃は基本的には、常温で保存がおすすめです。

品種によっても固さに違いがありますが、固い桃を柔らかくしたいときは

2~3日ほど常温に置いておくことで柔らかくなります。

 

冷たいとおいしいと思いますが、桃は冷蔵庫で冷やすと甘さが落ちてしまいます。

なので、できるだけ常温保存が望ましい果物なので、常温での保存がおすすめです。

 

桃の保存、夏場はどうする?

 

しかし、夏場は常温となるといたむのが早いんじゃないか?という心配もありますよね。

常温の場合の賞味期限は3日程度といわれていますが、夏場で常温においておくときは、

3日程度の時でもすでに傷んでいるときもありますので、

食べる前に桃の状態をよく見てから食べてくださいね。

 

夏場は常温でも部屋全体が熱く、エアコンをしようとしている人も多いと思います。

しかしエアコンや扇風機に桃を当ててしまうと、

桃の水分が奪われて乾燥してしまう恐れがあるので気をつけてくださいね。

 

昼間など、外出しているときはエアコンを消して出かけている方もいらっしゃると思います。

そんなとき、他に涼しい場所といえば、安心なのは冷蔵庫!という考えを持つ方、いらっしゃいますよね。

 

夏場はどの場所においても暑くて逆に悪くなってしまう心配もあるかと思いますので、

もし冷蔵庫に入れるときは、長期間の保存は避けた方がいいですよ。

先ほどもお話したように、桃は常温保存が基本なので、

冷蔵庫で長期間保存してしまうと、甘みが逃げてしまうので、味も変わってしまいます。

 

もしどうしても冷蔵庫の中に入れたいということであれば、野菜室がおすすめです。

保存方法としては桃を新聞紙に包んでビニール袋に入れて保存します。

ネットがついているものも、1つ1つラップに包んでネットに入れなおして野菜室で保存でも大丈夫です。

冷蔵庫での保存期間は5日前後です。

ただし、先ほども話したように、長期間の冷蔵保存は甘みが逃げるため出来るなら、

食べる直前に冷やすようにするのがおすすめです。

スポンサードリンク

桃の保存方法、カット後は?

 

品種によって違いはありますが、固い桃を柔らかい桃にしたい場合。

1~2日ほど常温に置いておくことで柔らかい桃になりますよ。

すでに柔らかめの桃である場合は、それ以上置いておくといたんでしまう恐れもありますので、

新聞紙でそっと包んで、日陰や冷暗所で風通しのよい、涼しいところで保管するか、早めに食べることをおすすめします。

 

基本的には、桃は常温保存がおすすめです。

カットした場合は、出来るだけ早めに食べてくださいね。

保存してとっておくときは、密閉容器に入れ、空気に触れさせないようにして保存してくださいね。

 

桃をカット後に冷凍保存するとシャーベットのようにシャリシャリと食べることもできます。

これはこれで、おいしいですよね!

暑い夏にはおいしい食べ方かもしれません。

桃を凍らせることで、違った食感を楽しむことができますね。

 

桃を冷凍保存方法・保存期間

 

桃はいただきものでくることもありますよね。

たくさんいただいたときなんかは、1日2日で食べてしまうこともできないこともあると思います。

そんなときに長期保存したいという人もいるのでは?

そんなときは、冷凍保存があります。

上手に冷凍して保存をすることで最長で1ヶ月近く保存することが可能になります。

桃を凍らせることで、シャーベットのような食感を味わうこともできますよ。

 

桃をまるごと冷凍する方法

桃はまるごと冷凍することができます。

初めに水で桃を優しく丁寧に洗い、きれいに水をふき取ります。

柔らかく触ることで、いたみをふさぐことができます。

サランラップなど1度で包んで密封します。

その後、フリーザーバックに入れて更に密封し二重に密封して出来るだけ手で空気をぬきます。

冷凍保存すると解凍したときに皮がむけやすくなりますよ。

 

桃をカットして冷凍する方法

食べやすい大きさにカットして冷凍すれば食べるときも簡単です。

カットして冷凍用の保存袋に入れて冷凍保存します。

まず、水で軽く洗ったあと皮を剥いて、食べやすい大きさにカットします。

 

変色をふせぐためにレモン汁をかけるか、レモン汁に浸すかして変色防止対策をするといいですよ。

次に、まるごと冷凍するときと同様ラップで包んでフリーザーバックで保存します。

フリーザーバックに入れるときは、1袋の量をあまり多くしないで、パンパンにならないように調整してください。

量が大きいと冷凍に時間がかかり劣化することが考えられるからです。

 

フリーザーバックに保存した日にちを記入しておくと賞味期限が一目でわかっていいですよ。

もし、密閉容器に入れる時は、マスキングテープに日にちを記入して容器に貼っておくことで、

簡単にテープをはずすこともできますので、日にちの把握もできて、容器もまた再利用できますよね。

桃のおいしさを味わうために、入れた日にちは覚えておいてくださいね。

 

桃が腐ってないか、判断の仕方

 

桃は腐っているのかどうかの判断、みなさんも気になると思います。

柔らかいし、いたんでいるところは茶色っぽくなっている、なんて経験ないですか?

桃に限らず、腐っているかどうかを判断するのは、まず色ですよね。

茶色っぽくなっている範囲が広くて、しかも、その部分がすごく柔らかくなっていたり、

その部分を触るとぐにゃ~っと柔らかいのはアウト!ですね。

 

あと、臭いも大事です。

また、汁が出たり、カビがはえているときも腐っていると考えていいです。

詳しくは、こちらの記事でどうぞです↓

桃が腐ると見た目がどうなる?見分け方と判断方法をご紹介!

 

桃の保存期間や方法:まとめ

 

桃は柔らかい果物なので強く触ってしまうと、その部分は他の部分と風味も甘みも変わってきます。

必要以上に触らないのがよさそうですね。

そして、保存は常温で!これは大事ですね。

夏場で暑いときなどは新聞紙で包んだものをビニール袋に入れて保存し、5日前後で食べてくださいね。

もちろん日数は目安なので、食べる前に桃を触って状態を確認してください。

 

桃が腐ると見た目がどうなる?見分け方と判断方法をご紹介!

桃関連の記事は、こちらもぜひご覧ください↑

 

スポンサードリンク

コメント