オレンジを綺麗に輪切りするコツ!これで自信を持って切れるように!

オレンジを綺麗に輪切りするコツと!これで自信を持って切れるように! オレンジ

甘くて、ジューシーで、ほどよい酸味が、たまらなく美味しい「オレンジ」。

店先には、ほぼ1年を通して並んでいます。オレンジが置いてあるコーナーは、何だかとても明るい雰囲気になっていますよね。

それは、オレンジなどの果物がもつ鮮やかな色「ビタミンカラー」のおかげです。

 

「ビタミンカラー」は、私たちを元気にしてくれます。その陽気な明るさで、新陳代謝もアップ、元気に活動的になれるのです。

オレンジはおしゃれなデザートにも欠かせませんよね。

輪切りにして、ケーキにトッピングしたらとっても華やか・・綺麗になります。

 

ところが!!オレンジをまっすぐ、綺麗に切っているつもりなのに・・

切り始めと切り終わりの幅がどうも違っている?トッピングがうまく決まらず、思い描いたケーキに仕上がらない。そんなことありますよね。

そこで、「オレンジを綺麗に輪切りするコツ」を、いろいろなとこから探ってみようと思います。

スポンサードリンク

オレンジの輪切りのコツと方法

 

さっそく、オレンジを切ってみましょう。

 

オレンジのヘタが横になるようにまな板に置き、

片方の手でオレンジを押さえて安定させます。

先に、端の部分をまっすぐに切ってみましょう。

この切り口に合わせて平行に、同じ幅で切っていきます。

 

包丁を垂直に入れてしまうと、

オレンジの縦の方向に圧力がかかってしまいます。

そのまま力任せで真下に落とすように切ると、

実がつぶれてしまい綺麗ではありません。

 

コツは包丁の刃全体を使って、

手前に引くような感じで切っていくことです。

これは「引き切り」という切り方で、

軟らかい食材の繊維を崩さず切ることができます。

 

オレンジの皮の部分は少しだけ力を入れて切り、

実まで達したら前後に力を入れず「自然」に切ってみましょう。

 

上手く切れるかどうか心配だったら、あらかじめ包丁の刃先などで、

少し傷を入れてみて下さい。

そこに刃を滑り込ませ、引いて切ってみると意外と簡単に切ることができます。

切りはじめの目印にもなりますね。

ただ、あまり慎重になり過ぎずないように・・試してみて下さいね。

 

オレンジの輪切り、まっすぐ下に切るためのコツ

 

では、オレンジを曲がらずにまっすぐ切るコツはないでしょうか。

 

まずは、ちょっとあたりまえのことかもしれませんが・・。

「オレンジは鮮度の良いものを選びましょう!」

鮮度が落ちて、熟しているオレンジは、皮や実が軟らかくなっています。

切りにくいだけではなく、切っていくうちに実がつぶれてしまい、

見た目もけっして綺麗ではありません。

 

次に、包丁です。

「よく切れるものを使いましょう!」

これもあたりまえのことでしたね・・。

オレンジの「皮」はかたく、おまけにオレンジは「まるい」。

とても転がりやすいのです。

 

切れない包丁を使って皮を切ると、滑ってしまって、

指を切るなどの思わぬケガにつながることがあります。

もし、台(まな板)が滑りやすくなっていたら、

濡れたふきん・滑り止めなどをまな板の下に敷いから始めましょう。

 

オレンジを切るときは、顔を包丁の真上にくるようにします。

視線を包丁の真ん中に合わせるように、

上からしっかり見下ろせるような位置を保つようにします。

また、手首や腕の力に任せで切ろうとすると、

なかなかまっすぐには切ることができません。

スポンサードリンク

オレンジの輪切りはコツよりも道具?

 

さて、今日はどうしても綺麗なオレンジのスライスを作らないといけない。

時間がなくて、とにかく早くたくさんのオレンジを切らないといけない。

そんな「事情」があるときは・・

 

便利な道具があるのです。

トマトや玉ねぎなど、コロコロ転がりそうな、

まるい野菜や果物を均等にスライスできる、

とても便利なキッチン用品。

その名も「トマト&オニオンスライスヘルパー」

トマトや玉ねぎだけではなく、オレンジやレモンの輪切りにも

役立ってくれる優れものです↓

 

まずは「刺して切る!」。

①オレンジに突き刺します。

②スライスヘルパーのくしの間に、包丁を差し込んで切っていきます。

③食材は均等な厚さにスライスされ、完成です!

「トマト&オニオンスライスヘルパー」

  • サイズ:223×80mm
  • 本体重量:83g
  • 素材、材質:ステンレス、ポリプロピレン、エラストマ、ABS

価格は1000円以下でも購入できて、リーズナブルです。

 

こちらは「トマトスライサー」トング式です↓

 

ご覧の通り(トマトですが)オレンジをはさみ、まな板の上に固定します。

溝に沿って包丁を差し込み切っていきます。

トング式なので、大変持ちやすいです。

  • サイズ185×800mm
  • 重さ60g
  • 材質ABS

価格は1000円~と、こちらもリーズナブルです。

 

どうしても、オレンジの輪切りが苦手だったり、もっと綺麗に切りたい時は、

こんな便利なキッチン・用品を使うのも、ひとつの手段として見逃せませんよ。

 

オレンジを綺麗に輪切りするコツには体が関係している?

 

やはり包丁を手にすると何だか緊張してきますよね。

しかも、「なかなかまっすぐ切ることができない・・」

「いつも失敗してしまう・・」そんな先入観を持ちながら、まるいオレンジを

目の前にしてしまうと、なおさらです。

 

どうしても、包丁とオレンジだけに目がいってしまいがちですよね。

実は、包丁は、腕や手だけで使うものではないのです。

体全体で「安定な姿勢を保ちながら」切ることがとても大切なのです。

 

まずは、体の力を抜いて、リラックス・・リラックス!

深呼吸して・・・どうですか?リラックスできましたか?

 

さて、まな板を台の上に置いて、

そこから拳一つくらい空けて立ってみましょう。

それから、利き手と反対の足を少し後ろに下げて下さい。

肩幅程度に足を開くと体が安定しますよ。

 

上半身はまな板と平行になるようにし、前に出ている足にやや重点を置きます。

オレンジと目線の角度を一定に保ち、脇は軽くしめます。

これで、疲れず安定した姿勢を保つことができます。

 

オレンジの輪切りのコツ:まとめ

 

最初は難しいかもしれませんが、コツをつかんだら簡単にオレンジの輪切りをきれいにできるようになります。

悩んでいても仕方がないので、まずは何度もやってみる!道具の使用の検討もしてみる!

とそのようにして、新鮮なオレンジで、綺麗な輪切りに挑戦してみましょう!!

オレンジ関連の記事として、こちらもご覧ください↓

オレンジを長持ちさせる保存の仕方とは?どんな場所が適しているの?

 

 

スポンサードリンク

コメント