おからパウダーを食べすぎると逆に太る?デメリットは?

おからパウダーを食べすぎると逆に太る?デメリットは? 大豆製品

ダイエットって聞くと、私はまず食事制限を考えるタイプです。

(運動が苦手なんです笑)

そこで、よく耳にする「おから」。低カロリーで満腹感を得ることができる!

そして腸にも良い!!といい噂をよく聞きますよね。

そして効果が全てダイエットには最適です^^

 

おからにも種類があり、題名にもなっているおからパウダーの他に

生おからと乾燥おからがあります。

そして、それぞれのカロリーや糖質が変わってきます!

 

生おからは水分量が多く、腐りやすいので保存が利かないのですが

カロリーや糖質は一番低く、100gあたり111kcal、2.3g

それを乾燥した乾燥おからは、100gあたり421kcal、8,7g

と生おからの4倍近い値になっています。

 

水分を飛ばしている分、おからの栄養素も凝縮されるため

このような結果になっています。

では、おからパウダーは?、100gあたり350kcalで5.9gです。

ちょうど生と乾燥の間ぐらいの立ち位置ですね。

 

そんなおからパウダー、1日どれぐらいの量を摂るのが正解なんでしょう??

なんだか効果があると聞くと早く痩せたいなぁ・・・

という気持ちが強くなっちゃって、たくさん食べ過ぎてしまいますよね・・・

すごく気持ちわかります!!私もそのタイプでした。

でも、おからパウダーを食べ過ぎるとやはり、あまりよくないことが起こります。

スポンサードリンク

おからパウダーの食べ過ぎってどのくらい?適切な量とは

 

まず最初におからパウダーをどのように摂取するのか!

ここが大切です。

 

おからパウダーは生おからと違いサラサラしているため、

料理などに振りかけることができます。

毎食、おからパウダーを料理に振りかけて食べるようにしましょう。

 

そうすることで、おからが胃の中で膨らみ

普段の料理を食べる時よりも、満腹感を得ることができます。

その時の適切な量は大体1食につき、

大さじ1杯(10g)のおからパウダーとして

1日で大さじ3杯(30g)を目安とするといいでしょう。

この量で、大体1日分の食物繊維を取ることができますよ!

通常の食事と合わせて食べることで、

ちょうど1日の摂取量ぐらいの量になりそうです。

 

そして、おからパウダーを取るタイミングですが

お腹を膨らませて食事を少し抑えるために

食事を食べる前におからパウダーを摂ることをお勧めします!

 

では、おからパウダーの食べ過ぎって、どれくらいなんでしょう??

一応、1日大さじ3杯(30g)を摂ることで

1日の食物繊維をほとんど取ることができます。

それ以上摂ってしまうと、逆に便秘になってしまうことがあるので

それ以上は摂らないようにしましょう!

 

さらに、おからにはサポニンという、苦味を持つ成分が含まれます。、

サポニンは水と油の両方に溶ける性質があり、

体の中で血管についた脂肪を運んでくれる作用を持ちます。

そのため、脂肪の吸収を抑えてくれたり

大豆サポニンは脂肪燃焼を促進してくれます。

 

そんなサポニン、摂りすぎると逆に体に悪い働きをするんです。

吐き気や下痢など胃腸に悪影響をもたらします!

おからパウダーは1日大さじ3(30g)まで!と決めて

食事に取り入れていきましょう!

 

おからパウダーを食べ過ぎると太る?

 

どんな食べ物でも、食べ過ぎると体にはあまり良くないし

カロリーは摂取してしまいます。

効果を得たいと思って、たくさん食べすぎると

100gあたり350kcalのエネルギー量ですから

もし、100gを毎日食べたとしたら

30日×350kcal・・・10500kcalです!

 

え?でも、おからパウダーで満腹感得られるんじゃないの?

おからは食べても、普通のご飯量が減るんじゃないの?ってなりますよね。

 

始めの方は満腹感を得ることができますが、

少しずつ体が慣れていくと、満腹感が得られなくなってきます

なので、極端に多く摂りすぎることはお勧めしません。

スポンサードリンク

おからパウダーを食べ過ぎることによるデメリット

 

おからには食物繊維やサポニンといった

栄養素が含まれていることを先ほどお伝えしました。

 

食物繊維には2種類あり、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維です。

そして、おからに含まれている食物繊維は、主に不溶性の食物繊維です。

 

摂り過ぎてしまうと、

先ほど伝えたように便秘になってしまうのですが

それは、不溶性食物繊維が便量を増やす役割があり

適度な量だと大腸を刺激して便通をスムーズにします。

 

しかし、不溶性食物繊維をとり過ぎてしまうと、便の量が増えるだけで

腸の動きが鈍くなってしまうため、便秘になってしまします。

食物繊維って摂ればいいってもんじゃないんですね・・・!

 

何事もバランスよく、が大切ですね!!

おからパウダーには、不溶性食物繊維が多い!ということは

一緒に食べる食材に水溶性食物繊維が含まれる食材を

選ぶようにすると快便間違いなしですね!!

 

そんな便秘になることを頭に置いておいて、その前に・・・!

1日100g食べたら・・の過程を先ほどお話ししましたが

そんなに食べると、便秘よりも悲惨なことが起こるのです・・!!

 

おからパウダーは胃の中で膨らみます。

その効果で胃が張り裂けそうなくらいパンパンになって

すごく苦しくなるのです・・・!

 

水分をあまりとらず、早食いだとさらに危険!?

体の中の水分を吸収してしまうことや、胃の中でおからが膨らむ前に

たくさんの量のおからを摂取してしまうことで

さらに胃のなかで膨張していくみたい・・・

 

話を聞いただけでも大変そう・・

 

こうならないためにも、おからパウダーは適量で抑えて

ゆっくり効果を感じていきましょうね。

 

おからパウダーを食べ過ぎと:まとめ

 

おからパウダーって、確かにダイエットには効果的だけど

食べ過ぎたら便秘や胃の膨張など、少し怖い一面もありますね・・・。

でも、適切な量をしっかりと守っていたら

苦しむことなく体重を落とすことができること間違いありません!!!

 

普段の食事にプラス10gをキーワードに少しずつ、効果を感じていきましょう!!

おからパウダーは粉のようにサラサラしているので、お菓子づくりにも最適ですね^^

最近は置き換えダイエットのように、朝ごはんのパンを

おからを使った蒸しパンにするといったこともよく、耳にします。

 

1袋で80g〜入っているおからパウダー、そのまま何かにかけて食べるのは

少しつまらないな〜と思う方は、少し加工して食べることも

毎日のダイエットの中で楽しみの一つになるのでお勧めですよ!

適度な量で、楽しく痩せるためにも、おからパウダーの食べ過ぎには注意してくださいね!

おからパウダーそのまま食べるのはアリ?加熱しないといけない?

おからパウダーは離乳食のいつから?初期・中期は?レシピもご紹介

おからパウダーの保存法・期間や容器!冷凍は可能?

おからパウダーはスーパーで売ってる?売り場やない時の手作り方法

おからパウダー関連の記事は、こちらです↑

 

スポンサードリンク

コメント