小松菜のシュウ酸はスムージーにはダメ?生食は危険?

小松菜のシュウ酸はスムージーにはダメ?生食は危険? 小松菜

これからの季節、かぜ予防にビタミンなどの栄養素を多く取り入れたいと思っている人も多いと思います。

これから旬の野菜「小松菜」にもたくさんの栄養素が含まれています。

健康のために気を使っている人などは、スムージーにしたりして野菜を取り入れているようです。

小松菜の多くの栄養素の中にも「シュウ酸」という成分が含まれていて、取り入れるのにいくつかの注意点があります。

小松菜のシュウ酸についていろいろまとめました。

スポンサードリンク

小松菜のシュウ酸はスムージーに使ってOK?

 

小松菜は、スムージーによく使用される野菜です。

小松菜はほうれん草・チンゲン菜・レタスなどは、スムージーの定番の野菜と言えます。

シュウ酸も比較的多く含まれています。

小松菜などのアブラ菜科の葉物は毎日、

摂取するのでなければスムージーに使用しても問題はありません。

 

小松菜をスムージーに使う時の注意点

 

では小松菜をスムージーに使用する際の注意すべき点をいくつかあげてみましょう。

小松菜などの野菜は常温に!!

スムージーは基本、冷たい飲み物です。朝食の際に飲む人も多いですね。

ですが、起きて少しずつ体温が上がってきているところに

冷たいスムージーを飲んでしまうと、体温の上昇を妨げてしまいます。

なので、使用する際はあらかじめ冷蔵庫から出して

常温に近いものを使用すると、良いでしょう。

小松菜のシュウ酸はスムージーにはダメ?生食は危険?

スムージーに使う小松菜の量を控える

いろいろな野菜を混ぜて作るスムージーですが、

小松菜を使用する時の量を、他の野菜よりも少なめにすると良いでしょう。

小松菜の量が多いと、独特のエグミや苦味が出てしまうので量に注意して使用しましょう。

スポンサードリンク

小松菜をスムージーに使うときに工夫できること

小松菜のシュウ酸に対する工夫

小松菜のシュウ酸は、カルシウムと結合するとよくない働きをするので、

それを防止するためにカルシウムの多いキウイなどと

一緒に使用することをおすすめします。

(くだものを混ぜることによって甘さで苦味を和らげてくれます)

 

体温を一気に下げないための工夫

飲む際の工夫点としては、冷たいスムージーを飲んで

体温を一気に下げないために、

スムージーを飲む前に白湯(さゆ)などを飲んでから

常温にしたスムージーをゆっくりと時間をかけて、

噛むようにして飲む事が大切です。

小松菜のシュウ酸はスムージーにはダメ?生食は危険?

小松菜のシュウ酸を減らすには、レンジが良い?

 

基本的に小松菜の下処理に関しては、あまり必要ないと言えます。

確かに下処理をする事で、生のままよりもエグミが減らせます。

時間の短縮でレンジを使用するということであれば、おすすめです。

 

あまり長い時間あたためてしまうと栄養成分が損なわれてしまうので、

良く洗って、根元の部分をカットしたものを

500ワットのレンジで1分~1分半ほどチンします。

そのあと、すばやく冷水で冷まして、水気を切ってスムージーに使用してください。

小松菜のシュウ酸はスムージーにはダメ?生食は危険?

小松菜の生食はダメ?そもそもシュウ酸の何がいけないのか?

 

小松菜の生食はほうれん草と比べてみると、

そんなにシュウ酸が多くないので大丈夫だと言えます。

いろいろな栄養成分も含まれています。(鉄分・ビタミンE・βーカロテン)

 

シュウ酸があまり良くないと言われる理由としては、

シュウ酸を多く含む食べものを摂ることによって、

腸から吸収されたシュウ酸が肝臓でカルシウムと結合して

結石の元である結晶になるリスクがあるからだと言われています。

必要以上に摂取しなければさほど問題はないので、心配することはないと言えますね。

小松菜の茎や葉の離乳食はいつから?与える時の注意点も

どうしても心配であれば、シュウ酸は湯がくことでお湯の中に溶け出てしまいます

ひと手間加えて使用すると、良いでしょう。

シュウ酸を含む野菜に共通して言えることは

どれもアクの多い食べ物(ほうれん草・オクラ・大豆・セロリ・さつまいも)であることです。

 

アクや苦味は口に入ったときに感じてしまうので、体が過剰に反応してしまいます。

デメリットばかりのように思いますが、

小松菜や他の野菜も他の栄養成分も沢山入っているので安心して食べてください。

グリーンスムージーに小松菜は危険、と言われる他の理由

 

小松菜をスムージーに使用する際に

シュウ酸以外に危険だと言われる理由がありました。

それは小松菜に含まれる成分の1つ「硝酸態窒素」というものです。

言葉の響きだけだと、ヤバいかもと思ってしまいますが…。

 

この成分、人間が摂取することで発ガン物質に変換されてしまうと言われています。

小松菜は、この硝酸態窒素を多く含む野菜だと言われています。

危険だからといって、小松菜は食べないなんていうことは避けたいことで、

この硝酸態窒素は熱を加えることで一気に減ってしまいます。

なので、グリーンスムージーなどで使用する場合などは、少し湯通しをすれば良いでしょう。

 

その際は、ちゃんと茹でたものを水で洗ってくださいね。

お湯の中には小松菜から出た成分が残っているので、水洗いは基本です!(レンジの場合もOK)

 

小松菜のシュウ酸はスムージーにはダメ?:まとめ

 

これからの季節、ますますおいしくなる小松菜。

旬のお野菜をおいしく、健康にもいいスムージーで摂取できるのはとても良いことです。

生のままで、摂取する事で栄養分はそのまま体に取り入れるこができます。

プラスな反面、少しのリスク的な部分もあることをちゃんと理解して使用すれば

グリーンスムージーも、おいしく飲むことができるのではないでしょうか。

毎日、健康に生活するために食の大切さを知り、使用する物のメリット・デメリットをしっかりと見極めたうえで健康な身体づくりをしたいものですね!!

スポンサードリンク

コメント