にんにくの保存は常温?保存期間や日持ちはどのくらい?

にんにくの保存は常温?保存期間や日持ちはどのくらい? にんにく

料理の隠し味だったり、薬味として使ったりと料理の中でわき役として、使われることが多いにんにく。

スーパーに行けば、国産や輸入品などいつでも手に入る野菜です。

だいたいは、まるごと1個を買ってくることが多いにんにく。

買ってきて、使おうとすると、緑色だったり芽が顔を出したりしていて、がっかりという経験が…。

そんなにんにくの保存は常温が適しているのか、保存期間や日持ちなどについて、上手に保存する方法をご紹介します。

スポンサードリンク

 

にんにくの保存方法は常温がベスト?

 

スーパーなどでにんにくを購入してくると、他の野菜と一緒に野菜室に入れてしまったりすると思います。

でもそれは、にんにくにとっては最適な環境ではありません。

にんにくは湿気が多いと、粒と粒との間にカビが生えてしまいます。

そういうことを考えると、にんにくは常温での保存が望ましいと言えます。

 

にんにくの常温の保存期間や保存方法

 

にんにくを常温で保存する場合…

にんにくが吊り下げられているのを見たことはないですか?

これは、にんにくに含まれている水分(球根の部分なので水分が含まれている)を飛ばしている状態です。

 

にんにくは常温で気温が高いところに置いておくと、数日で芽が出てしまうので

温度が高い場所や直射日光の当たる場所は不向きです。

家の軒下など、風通しのよい場所につるしておくとよいでしょう。

 

その際、にんにくまるごとを網の袋に入れて(ない時はストッキングでも代用可)つるしましょう。

スーパーなどで購入したものはビニール袋から出して、早めに入れ替えてあげると良いです。

 

保存期間としては、夏場ならば1週間冬場ならば2週間くらいになります。

湿気を嫌うので、風通しのよい場所で保存しましょう!

我が家では、畑から採ってきたらすぐに軒下につるします。吊るす期間も長めにします。

理由としては、採りたては水分が多いのと、えぐみが強いので、少し長めに吊るします。

なので、もし茎の付いたにんにくを購入した場合は、長めに吊るすのをオススメします。

 

にんにくの冷蔵庫の保存期間や保存方法

 

とはいえ、夏場など常温よりも冷蔵庫でにんにくを保存した方が良い時もあります。

にんにくを冷蔵庫で保存する場合も、気をつけなくてはいけないことがあります。

にんにくの皮(うす皮)をきれいにむいて、一粒ずつキッチンペーパーなどで包み、保存用の袋(ジップロックなど)に入れます。

その際、野菜室でもいいのですが、チルド室やパーシャル室といったところに入れた方が長持ちします

買ってきて、新鮮なうちに皮をむいて保存するのが良いでしょう。

 

冷蔵庫に保存しておけば、2~3カ月もつので経済的ですね!

にんにくは夏場よりも冬場の方が長持ちするので、夏場は早目の保存処理が望ましいですね。

スポンサードリンク

醤油・味噌漬けなどにすると長持ちする?

 

にんにくを醤油漬けやみそ漬けにすると、普通に保存した時よりも長持ちさせることが出来ます。

にんにくの醤油漬け

にんにくの醤油漬けは、密封できる容器に入れ、涼しいところに置けば1~2年は保管出来ます。常温の場合でも、1年は保管が出来ます。

酸化すると風味がおち、醤油の色も濃くなったりしてしまいます。

上手に保存出来れば、醤油をつぎ足しつぎ足しして使用できます。

醤油自体に殺菌効果があるので、腐りません。

 

にんにくを漬け初めて、2週間くらいで使いはじめることが出来ます。

また、漬けたにんにくも、おつまみとして食べれます。

我が家ではにんにく醤油を生姜焼のタレとして使ったり、唐揚げの味付けなどに使っています。

とても美味しく頂けますよ!家族も大喜び。

 

にんにくの味噌漬け

味噌ににんにくを漬けて保存しても通常よりも長く、にんにくを食べることが出来ます。

こちらの場合も、密封容器に入れて保存します。

お好みの味噌とみりんを少し加えて、柔らかくしてまるごとのにんにくを漬け込みます。

 

だいたい3~4週間すると食べられます。

味噌にもにんにくの味がつくので、焼きおにぎりにぬっても美味しく食べれます。

冷蔵庫での保管がベストです。

 

醤油漬けも味噌漬けものどちらも、入れる容器は煮沸消毒をして雑菌を取ってから使用して下さい。

菌が残っていると、漬けた時の腐りの原因にもなるので気をつけて下さい。

私は、コーヒーの空き瓶を利用して醤油漬けを作っています。

わざわざ新しいものを購入しなくても、コーヒー瓶や海苔の瓶などでも作れるのでお試しください!

 

にんにくの長持ちの方法としては、他にも「冷凍」もありますよ↓

にんにくを冷凍すると変色・透明に?アリシンや栄養は大丈夫?

 

にんにくの芽が出たら食べられる?

 

にんにくをいつまでも置いておくと、緑色の芽が出てくることがあります。

高温の場所や日当たりのいいところだと、数日で芽が出てしまいます

にんにくの芽が出たものを食べても問題はありません

 

ですが、芽が出たにんにくは栄養が発芽に使われてしまうので、におい・風味・味が弱くなってしまいます。

新鮮なにんにくと比べるとあまりおいしいとは言えません。

その理由としては、にんにくの実よりも、芽の方が熱処理をすると苦みやえぐみが出てしまうからです。

 

どうしても、もったいなくて捨てられない場合などは、そのまま放置しましょう。

芽がある程度まで伸びてきたら、芽の部分を刻んで、炒め物にしたり、肉料理の隠し味などに使用すると良いでしょう。

スーパーなどで売っているにんにくの芽と比べると味が少し落ちますが、食べて問題はないので上手に無駄なく利用しましょう。

 

にんにくの保存は常温がいい?保存期間は:まとめ

 

にんにくの保存にはいろんな方法がありますが、時期や場所を考えて上手に保存すれば長い間、おいしく食べることが出来ます。

いろいろ試してみると良いでしょう。

にんにくを冷凍すると変色・透明に?アリシンや栄養は大丈夫?

にんにく関連の記事は、こちらもぜひご覧ください↑

 

スポンサードリンク

コメント