卵のサイズによってタンパク質は変わる?卵の栄養素とは!?

卵のサイズのよってたんぱく質はかわる?卵の栄養素とは!?

スーパーに行くと必ず目にする卵。

よく特売なんかで100円で売っているときは、必ず買ってしまいますよね!

 

そんな卵、売り場に行くといろいろなサイズが置かれていますね。

S、M、Lとまるで服のようだな・・・と感じます。

卵の大きさはSS・S・SM・M・L・LLと6種類も存在するのです!

今回は、そんな大きさやサイズ違いの卵たちの栄養構成の違いについて、

たんぱく質などの違いについて、管理栄養士の資格を持つ私がご紹介します。

スポンサードリンク

卵のサイズの違いは、何の違い?

 

こんなにも大きさだけで種類のある卵たち

どの大きさの卵を買えばいいのか、わからなくなりますよね・・・

そんな卵の大きさの違い、なんの違いなのか知っていますか??

 

実は、卵を産むニワトリの『年齢差』によって

大きさが少しずつ変わっているのです。

年を取るにつれて卵管が大きくなるため、それに比例して卵も大きくなっていきます。

 

なので、SSは一番若くぴちぴちなニワトリから

LLは少し年のいったニワトリから、生まれた卵というわけです。

 

また、大きさの区別は細かいグラムでしっかりと分けられています。

そんな卵たち、大きさは違えど、黄色い黄身の大きさはあまり変わらないのです。

 

SSからLLまで少しずつ大きくはなるそうですが

それは微々たる程度なので、大きさの違いのほとんどは…そう!

卵白の多さが違うんです!

 

なんだそれだけか・・・と、おもったそこのあなた!

それだけじゃないんです!

大きさにともなり、栄養の構成成分も変わってきているんですよ。

 

卵の大きさによるタンパク質含有量の違い

 

大きい卵のほうが、量がたくさん食べられるし

お得な気がしますよね!

私もついついLサイズの卵を購入しがちです。

 

でも、量だけでなくその分、栄養素の構成も変わってきます。

特に卵に多く含まれるタンパク質の量や性質が

変わってくるんですよー!

 

サイズに対してのタンパク質含有量は、以下の通りです。

  • SSサイズ・・・約5g
  • Sサイズ・・・約6g
  • MSサイズ・・・約7g
  • Mサイズ・・・約7.5g
  • Lサイズ・・・約8g
  • LLサイズ・・・約9g

 

また、上記でも述べたように、

黄身の大きさはほとんど変わりません。

 

黄身には約3gのタンパク質が含まれるので

上のタンパク質量と差し引きすることで、

それぞれのサイズの卵白に含まれるタンパク質量が算出できます。

 

  • SSサイズ・・・約2g
  • Sサイズ・・・約3g
  • MSサイズ・・・約4g
  • Mサイズ・・・約4.5g
  • Lサイズ・・・約5g
  • LLサイズ・・・約6g

 

SSサイズとLLサイズでは、

3倍ものタンパク質の違いがあることが分かりますね!

でも、これだけ見ると

やっぱり大きい卵を食べたほうがいいじゃん!って思いますよね。

 

ニワトリが生む年齢が違うことによって

卵の大きさが変わっているように、

 

私たちも年齢によって

卵の大きさの必要性が変わっているんです。

そのことについて次に説明します。

スポンサードリンク

卵 のSSサイズに含まれる栄養素が成長期に欠かせない訳とは?

 

若鳥の生んだSSサイズの卵は、

卵白:黄身:殻=6:3:1と卵白と黄身が2:1の割合で含まれているため、

卵1つ食べると相対的にですが

黄身を多く食べることができます。

 

そんな卵の黄身には、成長に欠かせない栄養素が多いので

成長真っ盛りの子どもたちにはおすすめの食材です。

含まれている栄養素は

  • タンパク質
  • 脂質
  • ミネラル
  • ビタミン

と、大きく分けて4つです。

 

特に卵黄には、脂質が多く含まれています。

その中でも特に脳や神経組織、細胞膜を作る

リン脂質の割合が多くなっています。

なんと!すべての食材の中で1番多くのリン脂質を含んでいるそうです!

リン脂質を摂るなら卵黄だと覚えておきましょう~。

 

SSサイズは小さく、黄身も多く食べることができるので

成長期の子どもたちにはもってこいの食材だといえます!

卵のサイズとカロリーについては、こちらをご参考に↓

卵のサイズのよってたんぱく質はかわる?卵の栄養素とは!?

 

卵 ・Lサイズの タンパク質(黄身)と必須アミノ酸(白身)とは?

 

必須アミノ酸とは何かご存知ですか?

 

まず、タンパク質は多くのアミノ酸という成分が集まって出来ています。

そのアミノ酸は多くの種類があり、

私たちの体の中で十分に作ることができるものと

できないものがあります。

 

その、体内で十分に作ることができないアミノ酸のことを

必須アミノ酸と呼びます。

 

必須アミノ酸は

  • リシン
  • ロイシン
  • イソロイシン
  • バリン
  • フェニルアラニン
  • リジン
  • メチオニン
  • ヒスチジン
  • トリプトファン

の9種類あります。

 

卵はこの必須アミノ酸をすべて含んでおり、

特に卵白にたくさん含まれています。

 

そう、つまり卵白の量が多いLサイズの卵には

多くの必須アミノ酸が含まれています!

 

必須アミノ酸は、それぞれ体に働く効果が異なります。

  • 肝臓の機能を良くする
  • 血管詰まりにくくする
  • 血糖値のコントロール

など・・・

 

多岐にわたって効果があり、

主に生活習慣病の予防につながります。

 

一方で、卵の黄身に含まれるタンパク質は

主にリポタンパク質と言われ、脂質とくっついているものになっています。

 

みなさんがよく耳にする

LDLコレステロールやHDLコレステロール

のことを総称してリポタンパク質と呼び、それが卵の黄身には多く含まれています。

 

知っている方も多いとは思いますが、

LDLコレステロールは悪玉コレステロールと言われ

HDLコレステロールは善玉コレステロールと言われています。

 

そんなコレステロール

やっぱりたくさん摂ると体に悪い・・・ということは、皆さんご存知だと思います。

 

上記で述べたように、卵のサイズが変わっても

卵黄の大きさはあまり変わらないため

LLサイズの卵は、SSサイズなどと同じコレステロール量

たくさんの必須アミノ酸を摂取する事が可能なんです。

 

卵のサイズとタンパク質の関係:まとめ

 

卵のサイズの違いはわかりましたか?

黄身の大きさは同じで、卵白が多い。

これだけでも、料理によって「どうやって使い分けようか」

というイメージが付けるようになりますね!

 

サイズによってタンパク質の量は変わりますが、

卵の栄養構成の違いは大きさによっては変わらないので

自分にあったサイズの卵を食べることをおすすめします。

卵のサイズとカロリーは関係している!?卵1個の場合は?

卵関連の記事として、こちらもご覧ください↑

 

スポンサードリンク

コメント