カップラーメンは太るor痩せる?原因は?毎日はさすがにダメ?

カップラーメンってすごい食べ物だと思いませんか?

忙しい時ややる気が起こらないときには、お湯を沸かして3分待つ(なかには5分待つのもありますが)だけで食べられる。

それに片付けも楽だし、非常食としてもストックしておける。

手軽に食べられる、頼もしい存在です!

 

カップラーメンはその手軽さと安さから、「保存食にもなるし」と、

つい沢山買ってしまう人もいるのではないでしょうか。

買い置きの食べ物がある状態は、ダイエット中にもかかわらずついつい食べ過ぎてしまう原因にもなります。

私も休日や何もしたくない時には、よくお世話になっています。

でも食べる時に一瞬、考えるんですよね。

体に悪いよね、とかカロリー高いなぁ、とか。

とはいっても、便利さに負けて結局食べちゃうんですけどね(^^;)

 

そのなかでも罪悪感を感じながら、スープだけは飲まないようにしてます。

「このスープが太る原因だ!」

と以前、テレビ番組で言ってたことがずっと記憶に残ってて・・・

でもやっぱりそのスープがおいしいんですよね。

結局、全部は飲みませんが誘惑に負けて3分の1くらいは飲んでしまいます。

 

ただ、カップラーメンはきちんとカロリーが記載されているものが多く、

カロリーコントロールという意味では決して悪い選択肢ではないように思えます。

最近は低糖質・低炭水化物麺でスープの塩分も控えめなヘルシー志向の麺類も増えてきて、

カロリーを気にする人たちに貢献してくれる商品も数多く登場していますよね。

でも、太るのが嫌なら食べないほうがいいんじゃないかな…?

それくらい我慢しないとダイエットなんてできないんじゃないだろうか…?

そう私は思うんですけどね。

数十年前からある定番のカップラーメンのカロリー控えめが発売された時に食べたんですが

・・・物足りないですね、やっぱり。

正直言ってまずかったんです(これはあくまで私個人の感想です)。

 

でも、カップラーメンって食べていると本当に太るのでしょうか?

実はカップラーメンばかり食べていると痩せる、というウワサもあるみたいです。

そんなカップラーメンについて、太るのか痩せるのか、原因や毎日食べても大丈夫か、などの情報をまとめました。

また、カップラーメンはどうしてダイエットに向かないとされているのか、などについての情報もご紹介していきます。

なので、カップラーメンについて気になっている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

カップラーメンは太るor痩せる?毎日食べているとどうなる?

 

カップラーメンのカロリーは、だいたい1食で400kcalほど。

大盛(ビッグ)サイズだと600kcalぐらいでしょうか。

 

もしこのカロリー計算をもとにして1日3食すべてカップラーメンだとすると、

合計で1200kcalになります。

ちなみに、成人1日の摂取目安カロリーが男性なら2200kcalの前後200kcal、女性なら1400~2000kcalなんだそうです。

参考元:「一日に必要なエネルギー量と摂取の目安:農林水産省

 

そうなると、1日3食カップラーメンでも太らないのでは…?

かえって痩せそうな気がしますよね。

まあ、痩せるというよりも、栄養が偏ってしまって身体を壊してしまう気がしますが…。

 

カップラーメンが「身体に良くない」と言われる要素は、

スープに含まれる多量の塩分と、カロリーと脂質の高さにあります。

カロリーだけ見れば400kcalと、そう気にするほどではありませんよね。

 

ですが、カップラーメンのなかに天ぷらやカレーが使われているものは脂質が高いものが多いです。

加えてカップ麺の具材に使用されているものは酸化されて古くなっているため、あまり良い質とは言い難いものです。

人は酸化された油を摂取しすぎると、花粉症や肥満を招くだけでなく、体臭にも影響があります。

 

また、カップラーメンのスープを飲むならば、半分でも十分過ぎる量の塩分が含まれています。

塩分を取り過ぎると、腎臓に負担がかかり、むくみや疲労感が生じます。

太るのか?痩せるのか?というよりも、健康への心配が大きいと言えるかもしれません。

 

カップラーメンで太る原因

 

では、「カップラーメンを食べると太る」と言われるのはどうしてでしょうか、

ここではカップラーメンを食べて太ってしまう原因についてご説明します。

ちょっとだけ考えてみてください。

あなたは1日3食カップラーメンだけで過ごせるでしょうか?

私には無理です。

食べるとしても、1日1食ですし。3食全部カップラーメンで済ませるなんて飽きて食べられません。

 

それにカップラーメンだけじゃ、物足りなくなりませんか?

ついつい、おにぎりやパンなどを一緒に合わせて食べませんか?

ちなみに私はおにぎりやご飯とセットで食べます。

そうしないと、早くおなかが空くからです。

でもこれが、炭水化物と炭水化物を同時に摂取するということで太る原因になるのです。

頭で分かってはいるのですが、カップラーメンとおにぎり、この組み合わせって美味しいんですよね。

 

ですが、太りたくないならぐっと我慢です。

栄養が偏らないように、サラダなどで野菜を取り入れてみてはいかがでしょうか?

それに最近はインターネットやレシピのアプリを見れば、いろいろなカップラーメンのアレンジレシピが紹介されています。

卵や野菜を取り入れてみて、自分だけのレシピを作ってみてはいかがでしょうか。

カップラーメンでダイエットも可能?痩せる人もいる?その原因は

 

カップラーメンだけを毎日食べてダイエット。他のものはまったく食べずにそれだけ。

だとすれば、痩せることはできると思います。

カップラーメンをダイエット中に食べることは、必ずしもダメというわけではありません。

でもそれはただ痩せるだけ、いえ栄養不足でやつれるといったほうが正しいでしょう。

ダイエットとは、健康的に痩せるということだと私は思います。

 

カップラーメンは栄養バランスが偏っているため、そればかり食べているとビタミンやミネラルを摂らない食生活になるので代謝が落ちるでしょう。

そのため、かえって太りやすい体質になる可能性があります。

さらに、麺類は手早く食べることができるのですが、

その分満足感が低く、つい追加で何かを食べてしまい、カロリーオーバーを引き起こしやすくなります。

そして、カップラーメンは食品添加物が多く使用されていますので、健康やダイエットの“大敵”と言われるのには納得がいきますね。

たまに食べる分には良いですが、

日常的にカップラーメンを食べる人でダイエットを志す場合は、注意しなければならない食品と言えます。

 

とはいえ、どうしても食べたいときや時間がないというときもありますよね。

そんな時におすすめのカップラーメンの食べ方を紹介します。

それは、低糖質・低炭水化物のカップラーメンを食べることです。

私にはちょっと合わないものでしたが、

その代わりに春雨やコンニャクを麺にしたカップラーメンがありますので、それをよく食べます。

春雨は糖質が白米よりも高めではありますが、低GI値でさらにローカロリー。

全体的な糖質コントロールをすれば、充分にダイエットできます。

ノンフライ麺のカップラーメンでもいいかもしれません。(揚げ麺よりは良い、ということです^^;)

 

次に、カップラーメンのスープを全部飲まないことです。

麺の糖質も気になるところですが、スープの塩分には要注意です!

高い塩分は身体にも良くないし、余ったスープについご飯を足してしまう人いませんか?(あるあるですね!私もよくやっちゃいます)

そこを何とか我慢すれば、太るリスクや健康への影響も抑えて、カップラーメンを美味しく召し上がっていただけるでしょう。

 

また、アイデアの一つとして、カップラーメンに野菜を加えてみてはどうでしょうか?

私と同じように「カップラーメンだけじゃ物足りない!」なんて人もきっといますよね。

キャベツやもやしなど、それ以外にもラーメンに合う野菜はいろいろあります。

レンジで軽く加熱して投入するだけで、手間もかかりません。

そのほかに卵を加えるのもいいですね。

ゆで卵でもそのままでもいいけど、私のオススメはちょっと時間がかかるかもしれませんが煮卵です!

まとめて作っておけば、とっても便利ですよ。

 

それと、食べ合わせ以外にも大事なことがあります。

それは、カップラーメンを食べる時間です。

多分、夕食も終わって寝る前に小腹が空いたなと思いて、

ついつい深夜にカップラーメンに手を出してしまう…そんなことはありませんか?

 

ダメです!

そこは絶対!

カップラーメンの誘惑に負けない自分になってください!

食べてもいい時間というのが決まっているわけじゃありませんが、夕食よりも昼食に食べるほうがいいですね。

 

人間の身体からは、脂肪を溜め込む作用のある「BMAL1」という酵素がでていますが、

これは22時から2時にかけてピークを迎えるそうです。

さらに、夜は副交感神経優位となるため、エネルギー消費量が低下しています。

そのため、夜に食べすぎると太りやすいと言われているんです。

「BMAL1」は15時にもっとも少なく、夜の20分の1ほどになります。

その点からも、カップラーメンを食べたいならダイエット中はお昼に食べた方が良いでしょう。

ダイエット中のカップラーメンの食べ方・工夫

 

もしも、ダイエット中でもカップラーメンを食べたい場合、

一個あたりのカロリーが200-300kcalで、ノンフライ麺のものを選んでみてください。

スープは油、さらに塩分が多いので、すべて飲み干さないようにしましょう。

麺はしっかり噛んで、ゆっくり食べるようにしてください。

さらに、足りない栄養を補給するためにも、野菜ジュースやサラダを追加すると良いでしょう。

 

ラーメンなどの糖質が多いものを食べると、血糖値が急上昇します。

すると、沢山の体内からはインスリンが分泌されます。

インスリンは糖を脂肪に変えて蓄える作用があるので、簡単に言うと太りやすくなってしまいます

そのため、カップラーメンを食べる前に野菜や野菜ジュースを摂取しておくと急な血糖値上昇を抑えられますので、一石二鳥です。

ノンフライ麺では無い場合、麺を一度「湯通し」するだけでも油の量は変わってきますよ。

あと、唐辛子入りのカップラーメンを選ぶのも良いでしょう。

唐辛子に含まれている「カプサイシン」には脂肪を燃焼させる効果もありますので。

ダイエット中もokなおすすめのカップラーメン

 

最近ではダイエット志向や健康志向が高まっているため、カロリーが低いカップ麺や栄養価が考えられたカップラーメンも見られます。

エースコックの「ノンフライわかめラーメン」は食べ応えもあるのにカロリーは261kcalと低めです。

明星にも「わかめラーメン」があります。こちらもカロリーは255kcalです。

総じて、「わかめ系」はカロリーが低くて食べ応えがあり、満足感が高くなります。

健康志向のカップ麺としては、SLIM「彩野菜の豆乳ラーメン」というものもあります。

カロリー217kcalで豆乳のコクもあり、満足感があります。

 

そしてカップ麺と言えば、人気も知名度も抜群の日清のカップヌードルを外すわけにはいきませんね。

「カップヌードル ライト」シリーズでは、一個あたり198kcalと低カロリーな商品が揃っています。

シーフードやボルシチ、バーニャカウダなどの味のバリエーションが豊富なことも魅力です。

また、「特定保健用食品」のマークがついた「サイリウムヌードル」シリーズもあり、こちらはなんと159kcalと驚くべき低カロリーです。

最近のカップラーメンの進化も著しいです。
味に関しても、昔に比べて本当においしくなりました。
私は以前、低カロリーの野菜ヌードルを食べてあまり受け付けなかったのですが、
ご紹介した商品は、時々食べますし、いざという時のために買い置きしてあります。
とはいえ、大体は普通のカップヌードルを選んで食べちゃうんですけれど^^;)

ダイエット中でもokなカップラーメンとの食べ合わせ

 

カップラーメンを食べる際に、どうしても気になるのが栄養バランスです。

先ほども言いましたように、いくらカロリーを制限しても栄養状態が悪い

きれいに痩せることが難しくなってしまいます。

野菜ジュースやサラダでビタミンやミネラルを補充するのと一緒に、適度なタンパク質も摂っていきたいところです。

手軽にタンパク質を摂取できるのはチーズで、カップ麺を温めるときに中にチーズも加えてお湯を注ぐと、味の変化もあり、おすすめです。

コンビニに置いてあるサラダチキンも良いと思います。

卵は、ビタミンやタンパク質を補充できる優秀な食品です。

先ほどあげた低カロリーなカップ麺とこれらを合わせると、400kcalを超えてはきますが、

栄養バランスがよいので、ダイエットには向いているかと思います。

 

カップラーメンは太るor痩せる?原因&毎日は?:まとめ

 

ダイエット中でも、カップラーメンは食べてもいいと思います。

栄養のバランスを考えながらおいしく食べましょうね。

カップラーメンが体に悪い理由はなぜ?実は嘘?容器は大丈夫?

カップラーメンの健康への影響!工夫や食べ方次第で変わる?

カップ麺関連の記事として、こちらもぜひご覧ください↑

カップラーメンの関連リンク(外部サイト)