カップラーメンが体に悪い理由はなぜ?実は嘘?容器は大丈夫?

カップラーメンが体に悪い理由はなぜ?実は嘘?容器は大丈夫? インスタント食品

お湯を注げば手軽に食べることができるカップラーメン!お好きですか?

私は好きです。深夜にカップラーメンを食べる背徳感、飲んだ後に食べる満足感、たまりませんよね…?(デブ)

手軽さゆえに、家に常備してるよ~なんて方も多いのではないでしょうか?

しかし、手軽で食べやすいからこそ気になるのが体への影響です。

今回は、カップラーメンが体に悪いのはなぜか、そもそも嘘なのか、そして容器についてなどを見ていきます。

スポンサードリンク

カップラーメンが体に悪いのは嘘?

 

率直に申し上げるのなら、「カップラーメンが体に悪い」というのは嘘ではありません

「野菜とか入ってるし…」と、カップラーメンに入っている微々たる良心に縋りつきたい気持ちはわかります!

でも、諦めてください!次からは、どうしてカップラーメンが体に悪いかを挙げました。

 

カップラーメンが体に悪い理由!なぜ?その1:塩分が多い

ではまず、カップラーメンに含まれている塩分から見ていきましょう。

ここでは国立研究開発法人 医療基盤・健康・栄養研究所が、平成24年の国民健康・栄養調査

のデータを元に解析し、平成29年に発表したランキングを参考にさせていただきます。

名称はズバリ、「食塩摂取源となっている加工食品のランキング」です。

そのランキングの1位が「カップめん」でした。1日当たり5.5グラムの塩分を摂取しているとあります。

「5.5グラムって言われても」なアナタへ、厚生労働省が公表している1日当たりの塩分摂取量をご紹介しますね。

なんと男性が1日8グラムで、女性は1日7グラムです。

カップラーメンが1日当たり5.5グラムだとしたら、1日に1回食べただけでも1日あたりの塩分摂取量をほぼ摂ったことになってしまいます。

 

カップラーメンが体に悪い理由なぜ?その2:栄養面・野菜とか入ってるけど?

つぎに、カップラーメンに含まれる栄養について見ていきましょう。

カップラーメンといえば、ほとんど麺ですよね?

野菜や肉、海藻類が入っていても僅かなものです…。(手元にカップラーメンがある方は成分表を見てみてくだいね)

つまり、カップラーメンを高頻度で食べると必要な栄養を摂取できず、栄養が偏った状態になってしまうということですね。

麺が揚げられていることが多いので、含まれる脂質も高いです。

 

カップラーメンが体に悪い理由!なぜ?その3:化学調味料や食品添加物

当たり前ですが、おいしさの秘訣は化学調味料や食品添加物です!

グルタミン酸ナトリウムやかんすい、カラメル色素、酸化防止剤などが含まれています。

これらの化学調味料や食品添加物は、緑内障の原因物質だったり、神経症を引き起こすきっかけになったり、発がん性物質だったりします。

おいしさを引き出すための調味料や添加物だとわかってはいても、怖さを感じてしまいますね…。

スポンサードリンク

カップラーメンの容器(発泡スチロール)も体に悪いの?

 

カップラーメンの容器といえば、紙製のものと発泡スチロール製の容器がありますね。

ここで気になるのは、発泡スチロール製の容器です。

「発泡スチロール製の容器に熱湯を入れると、容器が溶けて有害物質がスープに溶け出る」というイメージがある人もいるのではないでしょうか?

確かに、そのような旨の報道は90年代にはありました。

 

しかし、その後発泡スチロール製の容器について試験が行われていて、問題はないとの結果が出ています。

なので、人体に悪影響を及ぼす可能性は限りなく低いということですね。

どうしても心配な方は、丼に移して食べるなどの対策を取ればいいですし、

最近は発泡スチロール製の容器以外のカップラーメンも多いです。紙製の容器を選ぶのもアリですね。

 

体に悪いというカップラーメン、食べてはいけないの?

 

ここまでお話ししたように、カップラーメンはやはり体に悪いです。

でも、決して食べてはいけない、ということではありません!

冒頭の方に書きました塩分の話も、あくまで「スープ込み」の塩分の話なのです。

つまり、スープをなるべく飲まずにカップラーメンを食べれば、塩分は控えることができるということですね。

 

栄養面でも然りです。

カップラーメンを食べたときは、ビタミンやタンパク質などを補うように食事内容を調整をすればいいのです。

「それが面倒だからカップラーメンを食べるんだよ!」とお怒りの方、ごもっともです。

要はセルフコントロールなのです。

将来の自分の健康に時間と手間を割くか、カップラーメンだけで完結してしまうか、アナタ次第なのです…。

 

私の夫について書かせていただきますね。

私の夫は若い時からカップラーメン(高頻度)、ラーメン(高頻度)、弁当屋の弁当、

たまに作る炭水化物オンリーの食事で40歳手前まで生きてきました。ジャンクフードが大好きです。

今は結婚して配偶者(私)が作る食事が出ます。野菜も食べて、肉も魚も程よく食べて、たまの外食を楽しんでいる彼です。

 

しかし、長年の食事の不摂生で高脂血症を患ってしまいました。今も通院が欠かせません。毎日薬を飲んでいます。

なんとか食事でコントロールできているのは血圧だけです。(それでもやや高めです…)

もちろん、体質もあるので若い頃に不摂生をしてきても健康な方はいます。

でも、そうでない方もいます。この記事を読んでいるアナタが、どちらになるかはわからないのです。

そういうことなんです。セルフコントロールなのです。

 

こんなに脅しておいてズルいなと自分でも思うのですが、やはりカップラーメンをはじめとしたジャンクフードは美味しいです。

美味しいのに手軽でお腹も満たされるなんて最高ではないですか?

それに、美味しい食べ物はだいたい炭水化物と塩分と脂質がたっぷり含まれています。そういうものです。

なので、上手にお付き合いをしていくしかありません。

私はジャンクフードではなくお酒が好きですが、たまに「酒 悪影響」などとインターネットで調べて震えています。

きっとカップラーメンも同じです。たまに思い出して、気を付ければいいのではないでしょうか。

 

カップラーメンが体に悪い理由:まとめ

 

いかがだったでしょうか?

最終的に、将来のリスクを考えたセルフコントロールの話になってしまいましたね…。

やっぱりカップラーメンは体に良くはないんだ~ということがわかっていただけて、

容器のことを含めて次にどんなカップラーメンを選ぼうか?というヒントになれば幸いです。

読んでくれたあなたが、美味しくカップラーメンを啜れますように!!

カップラーメンは太るor痩せる?原因は?毎日はさすがにダメ?

カップラーメンはダイエット中にOK?おすすめ&食べ合わせは?

カップラーメンの健康への影響!工夫や食べ方次第で変わる?

カップ麺関連の記事として、こちらもぜひご覧ください↑

 

スポンサードリンク

コメント