カップラーメンはダイエット中にOK?おすすめ&食べ合わせは?

カップラーメンはダイエット中にok?おすすめ&食べ合わせは? インスタント食品

暖かくなって装いも軽くなると体型が気になってしまいますよね。

実際、雑誌などでは「夏に向けてダイエット」という特集が春になると組まれています。

とはいえ、コンビニなどに立ち寄ると、新商品やコラボ商品とラベルされた魅力的なスイーツやお弁当などの食べ物が並びます。

特に、カップ麺はその手軽さと安さから、「保存食にもなるし」と、

つい沢山買ってしまう人もいるのではないでしょうか。

買い置きの食べ物がある状態は、ダイエット中にもかかわらずついつい食べてしまう原因にもなります。

 

ところで、カップラーメンはきちんとカロリーが記載されているものが多く、

カロリーコントロールという意味では悪い選択肢では無いように思えます。

しかし、「カップラーメンダイエット」って、聞いたことはありませんよね。

カップラーメンはどうしてダイエットに向かないとされているのか、などについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

カップラーメンをダイエット中に食べてもok?夜中・お昼など時間によって変わる?

 

カップラーメンをダイエット中に食べることは、必ずしもダメというわけではありません

問題なのは、カロリーの高いものが多く、脂質や糖質も多いという点です。

なんの記載もなければ、大抵のカップラーメンの麺は油で揚げられた状態で、スープにも沢山の油が含まれています。

糖と油を同時に摂取すると太りやすいので、「ラーメンは太りやすい」と言われています。

 

また、栄養バランスはあまり良くなく、ミネラルやビタミン、タンパク質などはほかの食べ物からとらないといけません。

これらの栄養を欠いていると、いくらカロリーをコントロールしていても痩せにくくなります。

 

さらに、麺類は手早く食べることができるのですが、

その分満足感が低く、つい追加で何かを食べてしまい、カロリーオーバーを引き起こしやすくなります。

たまに食べる分には良いですが、

日常的にカップラーメンを食べる人でダイエットを志す場合は、注意しなければならない食品と言えます。

 

なお、その手軽さから夜食にカップラーメンを食べる人がいると思いますが、

ダイエットの観点からするとよくはありません

 

人間の体には、脂肪を溜め込む作用のあるBMAL1という酵素が出ていますが、

これは22時から2時にピークを迎えます。

さらに、夜は副交感神経優位となるため、エネルギー消費が低下しています。

そのため、夜に食べすぎると太りやすいと言われています。

 

このBMAL1は15時にもっとも少なく、夜の20分の1くらいになります。

カップラーメンを食べたいなら、ダイエット中は昼に食べた方が良いです。

 

ダイエット中のカップラーメンの食べ方・工夫

 

ダイエット中でもカップラーメンを食べたい場合、

一つのカロリーが200-300kcalで、ノンフライ麺のものを選んでください。

スープは油、さらに塩分が多いので、全て飲み干さないようにしましょう。

麺はしっかり噛んで、ゆっくり食べるようにしてください。

 

さらに、足りない栄養を補給するためにも、野菜ジュースやサラダを追加すると良いでしょう。

ラーメンなどの糖質が多いものを食べると、急に血糖値が上昇します。

すると、沢山のインスリンが分泌されますが、インスリンは糖を脂肪に変えて蓄える作用があるので、太りやすくなってしまいます。

野菜や野菜ジュースを先に摂取しておくと、急な血糖上昇を抑えられますので、一石二鳥です。

 

ノンフライ麺では無い場合、麺を一度「湯通し」するだけでも油の量は変わってきます。

あと、唐辛子入りのものも良いでしょう。

唐辛子のカプサイシンには脂肪を燃焼させる効果もあります。

スポンサードリンク

ダイエット中もokなおすすめのカップラーメン

 

最近ではダイエット志向が高いため、カロリーの低いものや

栄養価を考えたカップラーメンも見られます。

 

エースコックの「ノンフライわかめラーメン」は食べ応えもあるのにカロリーは261kcalと低めです。

明星にも「わかめラーメン」があります。こちらもカロリーは255kcalです。

総じて、「わかめ系」はカロリーが低くて食べ応えがあり、満足感が高くなります。

 

健康志向のカップ麺としては、SLIM「彩野菜の豆乳ラーメン」というものもあります。

カロリー217kcalで豆乳のコクもあり、満足感があります。

 

カップ麺と言えば、日清のカップヌードルを外すわけにはいきません。

「カップヌードル ライト」のシリーズでは198kcalと低カロリーな商品が揃っています。

シーフードやボルシチ、バーニャカウダなどの味のバリエーションが豊富なことも魅力です。

 

また、「特定保健用食品」のマークがついた「サイリウムヌードル」シリーズもあり、こちらはなんと159kcalです。

 

最近のカップラーメンの進化も著しいですね。

 

ダイエット中でもokなカップラーメンとの食べ合わせ

 

カップラーメンを食べる際に、どうしても気になるのが栄養バランスです。

先ほども言いましたように、いくらカロリーを制限しても栄養状態が悪い

きれいに痩せてはいきません。

 

野菜ジュースやサラダでビタミンやミネラルを補充することとともに、

タンパク質も加えていきたいところです。

 

手軽に取れるのはチーズで、

カップ麺を温めるときに中にチーズも加えてお湯を注ぐと、味の変化もあり、おススメです。

コンビニに置いてあるサラダチキンも良いと思います。

卵は、ビタミンやタンパク質を補充できる優秀な食品です。

 

先ほどあげた、低カロリーなカップ麺とこれらを合わせると、400kcalを超えてはきますが、

栄養バランスがよいので、ダイエットには向いてきます。

 

ダイエット中のカップラーメン:おわりに

 

ダイエット中でのカップラーメンの食べ方をご紹介しました。

最近は低カロリーで栄養豊富な商品も見られますし、

コンビニでは食品にカロリーが記載されていて、カロリーコントロールが簡単になっています。

これらを活用して、健康的にダイエットしていただきたいと思います。

カップラーメンは太るor痩せる?原因は?毎日はさすがにダメ?

カップラーメンが体に悪い理由はなぜ?実は嘘?容器は大丈夫?

カップラーメンの健康への影響!工夫や食べ方次第で変わる?

カップラーメンに関する記事は、こちらもご覧ください↑

 

スポンサードリンク

コメント