きゅうりは冷蔵庫で何日日持ちする?1週間か2週間か?

きゅうりは冷蔵庫で何日日持ちする?1週間か2週間か? きゅうり

きゅうりは夏野菜のイメージがあり、旬は6〜8月ですが、

今では年間を通して、スーパーなどで買うことができる野菜です。

きゅうりの実の95%は水分なんですけど、カリウムやビタミンK、ビタミンCも含まれており、

水分補給や熱がこもった体を冷やす効果が期待でき、

運動時の水分補給としても注目されています。

 

また育てやすいので、家庭菜園で育てている人や、

日差しを遮るグリーンカーテンとして育てている人も多いです。

ただ、育てやすい反面、たくさんできて困る人も多いのではないでしょうか?

ここでは、きゅうりの保存方法や保存期間、とりわけ冷蔵庫での日持ちなどについてご紹介します。

スポンサードリンク

きゅうりは冷蔵庫で何日日持ちするか

 

冬であれば風通しの良い冷暗所で保存も可能ですが、

基本的には、きゅうりは冷蔵庫で保存することにはなります。

 

ただし、きゅうりは熱にも水にも弱い野菜で、

急な温度変化、特に低温にさらされると傷みやすくなります。

冷やしすぎを防ぐために、ラップやビニールに包んで冷蔵庫で保存します。

 

表面に水分があるとそこから痛み始めますので、よく水分は拭いてください。

そして、できれば一本ずつキッチンペーパーで包んでからラップでつつむと万全です。

 

野菜室で立てた状態で保存すると長持ちします。

この状態で1週間くらいは保存できます。

買った時のきゅうりの状態にもよりますが、2週間保存できる場合もありますよ。

 

なお、使いかけの状態である場合、断面が空気に触れないように

ラップでくるんで、密封できる保存袋や保存容器に入れましょう。

それでも傷みやすいので、数日以内に食べきる方が良いですね。

スライスした状態だと、1〜2日程度です。

 

切った状態だと長持ちはしませんが、どうしても長期間保存したい場合は

水分を絞って冷凍保存したり、塩もみをして保存してください。

スポンサードリンク

きゅうりを冷蔵庫に放置したまま1週間経っている場合

 

上記の通りの保存方法をしていなかった場合でも、

きゅうりの表面に水分がなければ1週間は持つ場合が多いです。

ただし、内部の水分が抜けてカスカスの状態になり、

生で食べるのには適していないことがあります。

また、ビタミンCが失われている場合もあります。

 

食べることは可能でしょうが、風味や食感は失われていると思われますので

あまり美味しくはないことも多いです。

きゅうりを冷蔵庫に放置したまま2週間経っている場合

 

2週間も冷蔵庫で放置しているきゅうりは、食べられない状態である可能性が高くなります。

きゅうりは、見た目では食べられるかどうかの判断が難しい野菜です。

触ってみて、ふにゃふにゃに柔らかくなっていたり、

濁った液体が出てくる状態であれば、「もう食べられない」とすぐにわかりますが、

見た目では大丈夫でも、切ってみて

断面が全体的に白かったり、変な液体が出る、異臭がする、

などの変化がある場合は食べないようにしてください。

きゅうりは水分が多いので、カビていく可能性が高いのです。

 

古くなって、黄色や茶色に変化している場合も食べられませんが、

変化しているのが一部であれば、その部分を取り除いて食べることができます。

その際は、火を通す料理に使用してください。

 

きゅうりって生で食べるイメージが強いですが、

炒めたり煮たりしても意外と美味しいんですよ!

きゅうりは特にとの相性が良いので、甘酢炒めや黒酢炒めがおいしいですよ^^

 

きゅうりは冷蔵庫で何日?1週間?2週間?:おわりに

 

きゅうりの保存方法や保存期間、食べられない状態についてまとめました。

夏になるときゅうりは安くなり、とても有り難い野菜です。

夏バテにも良いので重宝しますが、傷みやすいのが難点ではあります。

ご紹介した保存方法でなるべく長く保存していくのも良いですが、

漬物やピクルスなどの保存食にして常備していくこともおススメですので、やってみてください。

きゅうりは皮ごと食べられる?実は栄養たっぷりだった!

↑きゅうり関連の記事として、こちらもぜひご覧ください!

 

スポンサードリンク

コメント