とうもろこしの冷凍期限は半年?おいしく食べるために知っておこう

とうもろこしの冷凍期限は半年?おいしく食べるために知っておこう とうもろこし

夏といえばスイカと並ぶぐらい食べるとうもろこし!!

意外と茹で時間が短くてさっと食べる事ができるので、

スーパーなんかで並んでいるとついつい買ってしまいがちですよね。

 

しかも、季節になると当たり前ですが安い!!!!

それにより買い占めモードに切り変わり、たくさん買ってしまったりします。

家に帰って茹でてから冷凍したら好きな時に食べられるし、便利ですよね〜!

 

そんなとうもろこしが半年ほど経って冷凍庫から発掘!!

これってどんな食材でもありますよね・・・

冷凍したけど食べるタイミングを逃したり、他の食材に隠れていたり

 

日付を書くのを忘れているとどれぐらいの期間、冷凍していたかも

わからなくなったりしますよね・・・

しっかり日付を書いていても、冷凍庫の食材を出し入れしていると

文字が擦れて消えたりするのでわからなくなったりもします・・・。

悲しい・・・

 

そんな話は置いといて!

そんな期間の経った、冷凍庫から発掘されたとうもろこしって食べられるのでしょうか。

冷凍とうもろこしの保存期間について、お伝えしますね!!

スポンサードリンク

とうもろこしの冷凍期限

 

とうもろこしの冷凍期間は、色々なサイトによって

様々な期間が挙げられています。

大体要約すると以下の通りです。

美味しく食べられる期間は、色々な食材と同じで

およそ1ヶ月だと言われています。

 

つまりは賞味期限が1ヶ月という事。

1ヶ月を過ぎると、味や栄養価が下がっていきます。

なので、「私はとうもろこしを美味しく食べたいんだ!!」

というそこのあなた!!

 

そんな人には1ヶ月以内、または

それよりも早く消費してしまうことをお勧めします!!

私のように保存食的な存在が欲しい〜

季節がずれてもとうもろこしが

食べたいんじゃ〜〜って方もいらっしゃいますよね。

 

そんな方は、長くても3ヶ月以内

冷凍したとうもろこしを消費するようにしましょう!

これも、他の食材と同じ期間ですね。

 

長く保存する事で乾燥して冷凍焼けしてしまうので

3ヶ月とはいっているものの

早めに食べるように心がけてくださいね!

 

でも、旬の時期にたくさん買って3ヶ月もの間

とうもろこしを楽しめるのは、とっても嬉しいですね^^

 

生のとうもろこしと茹でたとうもろこしでも

保存期間が変わってくるそうです!

生だったら1ヶ月、茹でだったら3ヶ月。そこにも違いがありますね。

 

長く保存したい時には茹でてがお勧めです!!

 

ところで、とうもろこしの冷凍期間はわかったけど・・・

冒頭に行ったように冷凍庫にあった半年ほど保存されていた

とうもろこしは食べても大丈夫なのでしょうか・・・

スポンサードリンク

とうもろこしを冷凍してから半年経っているけど大丈夫?

 

どんな食材でも、冷凍保存とは言っても

半年も経っている食材を食べることをあまりお勧めしません。

 

まずは、冷凍保存する事で元のとうもろこしより味が落ちます。

それは冷凍の期間が伸びれば伸びるほど、右肩下がりに落ちていきます。

味だけでなく、冷凍焼けなどを起こします。

 

しっかりとラップやジップロックで保存しても

どうしても冷凍焼けをしてしまうので、

解凍しても食材が乾燥して硬くなっていることもあります。

 

もし、解凍して食べられるとしても

冷凍庫の匂いがついてしまって、あまり美味しく感じないと思います。

なので、半年以上経った冷凍保存のとうもろこしは食べずに!!!

勿体無いかもしれませんが、そのまま捨てましょう。

 

そして、そうならないためにも3ヶ月以内に消費できるように

時々冷凍庫の整理なんかをしてもいいですね!!

 

あ、そうそう。

じゃあ、3ヶ月以内に消費しよ〜っとってなったそこのあなた!!

 

保存方法によっては、短い期間でも冷凍焼けなどを起こしてしまうので

しっかり密封して保存するように心がけてくださいね!!

そこが前提ですよ^^

 

とうもろこしを冷凍保存した後の解凍方法

 

とうもろこしの冷凍保存期間がわかったところで!

解凍方法についてです^^

 

これがとっても楽チンなので、主婦の方や時間がない働き盛りの方に

とっても最適なんです!!

まずは、加工せずに生のまま冷凍したとうもろこし!!

生のまま冷凍したトウモロコシの解凍方法

自然解凍・・・?必要ありません!

 

まず、鍋にたくさんのお湯を沸かします。

沸いたらそこに冷凍とうもろこしを入れて3分。

それで解凍&調理ができてしまうんです!!

 

蒸す場合も同じで、冷凍したとうもろこしを

蒸し器にほうりこむだけ!!

少し長く10分ほど蒸したら完成!

 

そして一番楽なのが、冷凍したとうもろこしを

レンジで7分ほど温める方法です。

それだけで解凍されるし、そのまま食べることができちゃうんです!!!

 

冷凍とうもろこしの良さはここです^^

時短でおかず1品増やせてしまうこと。

解凍することでそのまま加熱調理と並行して

行えるのでとても時短になりそして美味しい!

 

茹でて冷凍したトウモロコシの解凍方法

茹でた冷凍とうもろこしで行う場合は、

茹でや蒸しが必要ないので、そのままレンジで温めたら解凍されます!

さらに、冷凍する時に丸ごと保存せず

粒をばらけさせて冷凍した方もいらっしゃいますよね。

 

それはもう、使い道がすごく広がります。

スープの具として、そのまま使ったり

ハンバーグ、コロッケのタネに冷凍のまま混ぜてから

調理することで簡単に解凍されます。

 

冷凍とうもろこしは解凍に時間がかからないので、とても便利ですね^^

 

とうもろこしの冷凍期限は半年?:まとめ

 

さて、とうもろこしについてどうでしたでしょうか。

冷凍保存は長くても3ヶ月!美味しく食べたい場合は1ヶ月!

を目安にして消費をしてくださいね。

半年以上、なんなら3ヶ月以上経った冷凍のとうもろこしはお勧めしません!!

もし食べるときは自己責任です・・・!

 

実は今まで、とうもろこしを冷凍して保存したことがありませんでした。

まさかのこんなに解凍が楽チンなんて思わなかったので、

今年の夏はとうもろこしを買って冷凍保存しようかな〜と

考えております・・・!!

 

もともと茹で時間などは短いことは知っていましたが

解凍にも3分ほどで茹でれるとは・・・おそるべしとうもろこし!!

そして、粒にしておいたら活用の幅が広がるのも嬉しいですね。

 

私はよく、刻みネギを冷凍して使っているので

その要領でとうもろこしを使えると思うとなんだか幸せな気持ちになります・・・笑

みなさんも今年の夏はとうもろこしを買って冷凍してみてはいかがですか??

だけど、とうもろこしの冷凍保存の期間には気をつけて!!

美味しいとうもろこしを食べましょう!!

 

スポンサードリンク

コメント