栗を冷凍したらぶよぶよに!正しい冷凍期限はどのくらいだ?

栗を冷凍したらぶよぶよに!正しい冷凍期限はどのくらいだ?

栗は高価なものなので、手に入れることが出来たら少しでも長く美味しく保ちたいですよね。

ですが栗を冷凍して解凍したらなんだかぶよぶよになってしまっている

という経験をされた事のある方もいるのではないでしょうか?

折角の栗なので,上手に冷凍したいですよね。

その方法をご紹介します!

スポンサードリンク

栗を冷凍したらぶよぶよに!その原因とは?

 

栗を冷凍して解凍してみたら、なんだかふにゃふにゃのぶよぶよになってしまっているという時がありますよね。

何故ぶよぶよになってしまうのでしょうか?

ぶよぶよになってしまう原因としては、解凍したときに水分が出てしまって、

それを栗が吸ってしまうのが要因だと考えられます。

 

どうしても一度冷凍したものを解凍するとなると水分が出てしまうので、困りものですよね。

ぶよぶよになってしまったら、もう料理には使えないのか心配になってしまいます。

そんなことはないので、ご安心ください。

 

栗を冷凍してぶよぶよになった後の対処法

 

では、栗を冷凍してぶよぶよになってしまったらどうしたらいいのでしょうか?

どんな料理に利用すると美味しく食べられるのでしょうか?考えてみましょう。

オススメの方法としては、そのまま生の状態で炊飯器に入れてしまって

栗ご飯にすると美味しく食べる事が出来るかと思います。

 

渋川煮やグラッセなどの栗の形を残して煮込むような料理にするには

ぶよぶよしてしまってからだと、崩れてしまって味も悪くなってしまいます

なので、下手に手を加えるという事はしないで

そのまま炊飯器にお任せしちゃいましょう!

 

栗の風味がしてちゃんと美味しい栗ご飯ができあがるかと

思いますので、是非とも試してみてください。

栗は炭水化物だし太る?食べすぎに注意するべきなのか?

栗を冷凍して臭いこともある?原因や対処法は

 

栗を冷凍保存しておいたら、なんか臭くなってしまった…

という事もあるかと思います。その原因と対処方法について、ご紹介します。

栗を冷凍保存しておいて臭いがついてしまうという時は、

上手に冷凍保存をすることが出来なくて

冷凍庫の臭いが移ってしまって冷凍焼けしてしまっているというのが原因かと思います。

 

味付けをして料理をしても、臭いは残ってしまっていて

なんだか美味しくないし、食べていても臭いが気になってしまうかと思います。

それでもせっかく栗が手元になるのに

美味しくないからと捨ててしまうのはもったいないですよね。

そんな時は、どのように工夫をしたらいいのでしょうか?

 

濃いめの味付けをして栗と一緒に鶏肉・人参・きのこ等のおこのみの食材と一緒に煮込んでしまい、

その煮込んだ種をご飯と一緒に炊き込むと、美味しく食べられるかと思います。

臭いをごまかすという方法になりますので、

それでも気になる人は気になるかもしれませんが、だいぶましにはなります。

 

もち米を混ぜて炊飯してしまっておこわにしても美味しいですし、

もち米の香りで冷凍焼けの臭いも更にごまかせるかと思います。

少しでも美味しく食べるために試してみてください。

スポンサードリンク

本来の栗の冷凍期限!一年は持つ?

 

実は、栗は上手に冷凍保存をすることができれば

長期で冷凍保存をすることも可能なのです。そんな素敵な方法をご紹介します。

栗は涼しいところで保存をしておくと、甘味が増してくるという特徴があります。

 

なので、最初に冷蔵庫で1か月程そのまま冷蔵庫で保存をしておいてから、

水分がついていないかを確認して乾燥させてから

冷凍保存をすることで、半年は美味しく食べることが出来ます。

むしろ、手に入れた時よりも甘味が増して

もっともっと美味しく食べる事が出来るようになります。

 

一般的には冷凍保存をすることで、風味が落ちてしまって

美味しさが減ってしまうというイメージがあるかと思いますが、

更に美味しくなる食べ物もあるのです。

上手に保存をすることが出来たら、栗ももっともっと美味しくすることが可能なのです。

 

栗の正しい冷凍保存方法

 

栗の正しい冷凍保存の方法を紹介します。

一番大事なことは、栗をしっかりと乾燥させるという事です。

栗は水分に弱い食べ物ですし、水分がついたまま冷凍してしまうと

くっついて使いづらいという事もあります。

が、解凍したときに水分が出てしまって、その水分に

栗のうまみがすべて出てしまって

味のうすくて甘くない栗になってしまうので注意が必要なのです。

 

では、どのようにしたらいいのでしょうか?

まずは栗をいがから出したら、水に半日~1日漬けておきます

その後は陰干しをして、栗が完全に水気が抜けて乾燥するまで干して置きます。

この時に天気を気にして雨が降ってきたら、

室内に移動するなどの対応を忘れないようにしてください。

 

乾燥が終えた栗はそのままジップ袋などに入れて

平にならしたら、空気を抜いてそのまま冷凍庫に入れて下さい。

外に干して置くときには、ネットで吊り下げる事の出来るような形のものが100円ショップにも売っていますので

それを利用すると簡単に出し入れすることもできますのでオススメです!

栗を冷凍したらぶよぶよに!正しい冷凍期限はどのくらいだ?

栗を冷凍する時の正しい茹で方

 

栗を冷凍する時の正しいゆで方について考えてみましょう。

栗を冷凍する時には、渋皮煮や甘露煮にしたものを

冷凍するという方法もあるかと思います。

ですが、一般的に冷凍をしてしまうと甘味が抜けてしまって、

なんだか間のぬけたような味になってしまうという残念な結果になってしまうのです。

 

下茹でしてから冷凍をするという方法でも、

折角の栗の甘味を半減させてしまう原因となってしまいます。

なので、栗を冷凍保存する時には生のままで保存をするというのをオススメします。

 

生のままだ保存をしてしまうと

その後の調理に手間がかかってしまうイメージがありますよね。

ですが、解凍をするときには

そのまま皮のまま少しゆでてから剥いて使用してしまえば大丈夫です。

 

一度冷凍していますので、生のまま処理をするよりも簡単に皮を剥くことが出来て面白いですよ。

栗を解凍するときに水に漬けておいたり自然解凍という方法を取ってしまうと、

栗の甘味が水分と一緒に流れでてしまいますので、しないようにしてください。

自然解凍だとまた栗がぶよぶよになってしまって、悲しい思いをしてしまうかと思います。

上手に解凍をすることができれば、ほくほくで甘味の強い栗になるかと思いますので注意してくださいね。

 

まとめ

 

ぶよぶよになってしまった栗でも、復活は可能ですのでご心配されないでください。

折角の栗を少しでも美味しく食べる事のお手伝いをすることが出来たらうれしいです!

こちらの記事もご参考にどうぞ↓

栗は炭水化物だし太る?食べすぎに注意するべきなのか?

 

 

スポンサードリンク

コメント