チーズ の食べ過ぎは太る?そうならない食べ方とデメリットとは?

チーズ の食べ過ぎは太る?そうならない食べ方とデメリットとは? チーズ

今流行のチーズ。とっても美味しいですよね!

チーズがたっぷりかかっていればいるほど、たまりません。

でもチーズはダイエットの天敵!たくさん食べてしまうと太るから我慢しないと…

と思っていませんか?

はたしてチーズの食べ過ぎは本当に太ってしまうのでしょうか。

スポンサードリンク

チーズの食べ過ぎで太るのは本当か?

 

本当にチーズの食べ過ぎで太ってしまうのでしょうか?

考えてみましょう。

パッケージの裏を見てみると、チーズはカロリーがとても高いですよね。

カロリーのみで考えるダイエット方法では、チーズは太る!

と言い切れるのでしょう。

 

では、何が脂肪に変わっていくのかを考えたときに、

体で使い切れなかった糖が脂肪に変わるのに気づくと思います。

糖質を摂取すると、ブドウ糖となって血液中に入ります。

そうすると血糖値が高くなりますよね。

血糖値が高くなると、インスリンというホルモンが

血糖値を下げるために放出されます。

 

このインスリンというホルモンは、血糖値を下げてくれると共に、

脂肪を分解するのを防ぐ力があるのです。

なので血糖値が上がるとインスリンが放出されて、結果的に

太ってしまう、という事がおきます。

 

つまり、太る原因は糖質の摂取と言えます。

血糖値を上げないようにすることがダイエットのポイントになります。

ではチーズの糖質はどうでしょうか?

 

実は、チーズは低糖食なのです。

チーズには栄養がたくさん含まれています。

ビタミンBが含まれています。

ビタミンBには脂肪を燃焼してくれる働きがあるため、

ダイエットにとても向いています。

 

なので、脂肪の多い食べ物を摂取するときには

チーズを一緒に食べると良いと言えます。

他にはビタミンAやタンパク質も含まれています。

 

ビタミンAにはお肌の調子を整えてくれる働きがありますし、

タンパク質には筋肉を蓄えるのに大切な役割があります。

筋肉があると、カロリーの消費量もアップして

余分な脂肪が付きにくくなりますので、

筋肉もつけて脂肪を燃焼していくことで、効率良くダイエットを行って

リバウンドのしにくい体づくりをしていくのがとてもオススメです。

 

なので、一概にチーズの食べ過ぎで太る、というのは

間違っている、と言えます。

 

チーズ の食べ過ぎは太るとされる要因とは?

 

では、何故チーズの食べ過ぎは太ると言われているのでしょうか?

それはチーズが高カロリーだからでしょう。

しかし、成分表示を見てみるとチーズはそこまで高カロリーではありません。

ですがチーズには色々な種類がありますよね。

その中でとても高カロリーのものもありますし、

逆にとても低カロリーのものもあります。

 

そして、脂質が多いからだと思います。

実際に脂質は多いのですが、脂質も人間に体には

程良く摂取する必要のある栄養素ではあります。

先ほどお話ししたとおり、脂肪を燃焼する働きのある

ビタミンBも含まれています。

 

他には、チーズには乳製品なのでカルシウムも含まれていますが、

カルシウムにも脂肪を吸収する働きがあることが分かっています。

なので太るというイメージが強いのも理解できますが、

それだけではないというのも分かると思います。

スポンサードリンク

チーズの食べ過ぎで太るのを予防する方法

 

やはり、どんなものでも極端に食べ過ぎるのは良くないです。

ですが、チーズの特性を理解して適度に食べれば問題はありません。

毎日大量に食べる訳でもなく、たまにドカッと食べ過ぎてしまう程度なら

問題はないかと思いますので、

チーズは大好きだけど、太るから食べるのをやめよう!と思う必要はありません。

 

ちなみに、チーズを食べるタイミングとして最もオススメなのは

空腹時です。食事の前に食べることをオススメします。

チーズには多くの栄養素が入っているので

バランスよく取り入れることができますし、

量のわりには満足感が得られるのもチーズの特徴だと思います。

 

糖質も少ないので、最初にチーズから食べるのが良いとおもいます。

私のオススメの食べ方は、サラダの中に入れて食べる、

というの良いと思いますし、

とろけるチーズをオーブンで焼いてパリパリに仕上げて

サラダにかけて見たり、和え物などに添えても

とってもオシャレだし、美味しくなると思います。

 

居酒屋などで色々なものをたくさん食べる前に前菜として、

チーズの盛り合わせを食べるのも良いと思います。

 

チーズは食べ過ぎなければ大丈夫!おすすめの食べ方・レシピ

 

他にチーズのオススメのメニューも少し紹介します。

鶏ささみのチーズ巻き

私が家で良く作る家族に人気のメニューが鶏ささみのチーズ巻きです。

鶏ささみはパサパサしがちなので、

平たく伸ばしてから酒・塩・マヨネーズに

10分ほど漬けておきます。

そうすると、ささみがふっくらとジューシーに仕上がります。

 

漬けた鶏ささみにとろけるチーズを巻き込み、

袋にオリーブオイルとパン粉を入れて

振りまぜたものをそのささみにまぶします。

まぶした鶏ささみはオーブンで焼きます。

 

難しそうに見えるのに意外と行程も少なくて、

簡単に出来てオーブン任せなので

焼いている間に他の料理が作れるのでオススメです!!

鶏ささみではみだす事がないようにチーズをしっかりと巻き込めば、

チーズが流れ出てしまう心配もありませんよ。

 

揚げないので油もそんなに使いませんし、ヘルシーな1品だと思います。

揚げてないのにサクサクで、とても美味しいです。

夕食のメニューにはもちろんですが、

冷めても美味しいのでお弁当にもオススメです。

 

野菜のチーズ蒸し

他には、スキレット鍋を使ったオシャレな1品で、

豚肉とナス、玉葱とトマトを切って炒めて、

トマトソース・コンソメ・塩・バターを適量加えて

味を調えたらそこにとろけるチーズを乗せて、

軽くアルミホイルで蓋をして蒸らしてチーズが溶けたら完成です。

スキレット鍋のまま食卓にだせて、豪華に見える1品なので

とてもオススメです。

 

これは本当に色々なバリエーションが楽しめると思います。

例えば豚バラキムチ、納豆卵、ウインナーとアスパラ、

等好きな組み合わせで最後にはチーズを乗せて完成させてみてください。

BBQやパーティー等でも絶対盛り上がる

人気メニューになること間違いありません。

是非とも試してみて下さい。

 

チーズの食べ過ぎで太る?:まとめ

 

どんな食べ物も、食べ過ぎるとよくありません。チーズも例外ではありません。

ほどほどに、でも美味しく、楽しく。

リバウンドする事なく、安全で適切なダイエットをする

お手伝いが出来たらうれしいです。

スポンサードリンク

コメント