チーズにカビが!?青カビは食べられる?対処法は

チーズにカビが!?青カビは食べられる?チーズの常識と対処法 チーズ

冷蔵庫に入れてあったチーズ。

しばらくしてみるとカビが生えていた、なんてこと経験ありませんか?

デパートなどでいろいろなタイプのカビが生えたチーズも売られていますが、

自宅で自然に生えてしまったカビ付きチーズ、食べてしまっても平気なのでしょうか?

チーズのカビについて、ご説明します。

スポンサードリンク

チーズのカビと青カビ菌の違いとは?

 

食材に自然に生えたカビと、安全が確認されているカビ菌を食材に植え付ける

ことは安全性の面で大きく違います。

 

自分で買ってきたチーズに生えたカビ、

これはパンなどの食材に生えてしまったカビと変わりません。

これらのカビは、安全な菌を選んで植え付けているわけではないので

絶対に食べてはいけません。

 

どうしても“もったいない”、という場合はカビの部分をしっかりと切り抜いて

食べられないこともありません。

しかし、味が大きく違う場合は、残念ですが捨ててしまってくださいね。

 

日常生活で、青カビは最もよく見ることができるカビだと思います。

このカビは見えていなくても空中に胞子が飛んでいるので

前途のように一般家庭だとパンやお餅にすぐについてしまいます。

 

ちなみにこの青カビ、数えきれないほどの人命を助けたペニシリンの発見に

つながったんですよ。

食材に生えてしまい嫌がられがちな青カビも、使い方を変えれば

世の中の役に立つのですね。

 

一方お店で買うブルーチーズ、これは匂いが強いですよね。

このカビは食べることのできる安全な菌で作っているので

食べても大丈夫です。納豆菌を使った納豆も匂いは強いですが、オイシイですよね!

この様に、カビには何百種類もあり、体に害があるものと無害なものが

あります。何かで読んだのですが、カビは地球上の微生物の中で

約36%を占めるらしいです。

カビが生えてしまうのは仕方がないのですが、さすが偉大なる人類は

このカビを上手に使ってきていますね。

 

カビを食材に使うものにはチーズや納豆以外にも味噌、醤油などもあります。

これらはカビの酵素で“たんぱく質をアミノ酸に分解”したり、

“澱粉を糖化”させたり、“脱水”をさせたりする働きを使っています。

 

市販のチーズにできたカビが、青カビだった時の対処法は

 

前途の通り、市販のチーズに青カビが生えてしまった場合は

しっかりとその部分を削りとりましょう。

カビ部分は、少し大きめに取ってしまった方が良いですね。

 

カビは胞子で飛んで付着して増えていくものなので、

中のほうに浸透するには時間がかかります。

しっかりと削り取ってしまえばカビが残っている確率は低いでしょう。

 

海外からのお土産などの頂き物などで、大きなチーズの塊だった場合などは

全て食べ終わるのに時間がかかると思います。

カビが生えてしまったら、浸食を防ぐためにも

その部分を切り取りつつ保存してください。

 

ナチュラルチーズにカビが生えた場合は?

 

世界には、なんと1000種類以上のチーズが存在します!

チーズは、大きくナチュラルチーズとプロセスチーズに分けることができます。

まず、ナチュラルチーズにカビが生えた場合、食べても大丈夫なのでしょうか?

ナチュラルチーズには白カビや青カビのチーズなど、

すでにカビが生えている物があります。

ですがこのカビが冷蔵庫に保存している間に

カビの状態が変わり、タイプが違うカビが生えてきたりした場合、ちょっと不安になりますよね。

 

よく見るカマンベールなどの白カビチーズの白いカビが茶色に変色したり、

ブルーチーズの青カビ部分がオレンジ色になったりすることがあります。

匂いもこの熟成により、きつくなり、チーズ自体もちょっと状態が変わったりもします。

しかし、これは食べても大丈夫です。

 

この他のナチュラルチーズは、やはりカビの部分を

大きめに取り除いてから食べてくださいね。

ただ、食べてみて明らかにおかしい場合は、食べるのをやめて

残念ですが、破棄をしてください。

スポンサードリンク

 

 今後のために:チーズにカビが生えないための保存方法

 

最適な保存方法は、チーズによってかわってきます。

日本のスーパーで一般的に購入できるチーズは、冷凍OKです。

封を開けて、一度使ったけど余った、という場合はジップロックに入れて

冷凍庫に入れてください。

この際、小分けすると使いやすいですよ。

 

我が家では子供たちがチーズ大好き!なので、常にチーズはストックしてあります。

ですが塩分が多いので、過剰摂取を避けたくて少しずつ消費をしています。

家族の人数分1度で使う量をジップロックに小分けにして

冷凍していますが、これは便利ですよ!

 

ただ、どのような食材でも一度開封したらできるだけ早めに

食べきってしまうことをお勧めしますよ!

 

おまけ:チーズは使い切ろう!チーズを使うオススメ料理

 

我が家の人気チーズメニューを紹介します!

どれも10分もかからない料理なので、ぜひ試してみてください☆

チーズ入りオムレツ

朝、時間がないときにオススメです。

耐熱皿にオリーブオイルをたらし、チーズ、卵を入れてよくかき混ぜ、

レンジでチン(我が家では600ワットで卵1個分50秒)。

油と混ぜているからお皿からはキレイに取れるので

違うお皿に盛りかえて、トマトソースでもかけると

ちょっとした料理上手に見えちゃいますよ!

 

チーズ入り餃子

餃子を作るついでに、作ります。チーズを適量入れるだけです。

 

ポテトチーズ

じゃがいもの皮をむき、フライドポテトのサイズに切り、フライパンで熱を通します。

お皿に盛ってからすぐにとろけるチーズをのせ、青のりをかけると居酒屋風に!

 

チーズトースト

単純に食パンにチーズをのせ、トースターで焼きます。

 

チーズ明太ごはん

温かいご飯にダイス切りをしたチーズと、明太子を混ぜるだけ、意外と男性も好きですよ!

チーズの素敵なところは大した料理じゃなくても何となくひと手間かけたように

見えてくれることと、なによりも一段とおいしくなることですよね!

 

まとめ

 

チーズが使える料理は意外とたくさんありますが、

気が付いたら青カビが生えている!なんてこと、ありがちですよね。

そういう時は慌てず対処してくださいね!保存方法も大切ですよ。

チーズが賞味期限切れで臭い時は捨てどき?正しい保管とは?

チーズ の食べ過ぎは太る?そうならない食べ方とデメリットとは?

 

スポンサードリンク

コメント