セロリの皮はむかない?それとも…?下処理についての解説!

セロリの皮はむかない?それとも…?下処理についての解説! セロリ

みなさん、こんにちは!

今日は、セロリの下処理についてお話していきます。

みなさんはセロリ、好きですか?

セロリって臭いが独特なこともあって、好きな人嫌いな人はっきり分かれるお野菜だと思います。

 

元々は海外から入ってきたお野菜なので、日本人には馴染みがないセロリ!

四季がある日本では地域によって収穫時期が違うため、

1年間を通してスーパーなどで目にすることができます。

 

私自身は、実家であまりセロリを食べたことがなかったので

スーパーに行ってもセロリが売られているとか、全然気にしていませんでした。

大学生になり、一人暮らしを始めて買い物に行くとき

野菜コーナーにあるセロリを見たときは、なんだか驚いた記憶があります!!

え、セロリってこんなに大きんだ・・・!

なんかアロエじゃないけど、そんなイメージだったので、セロリの見た目にもその量にも色々と驚かされました笑

 

そんなセロリですが、普段あまり使わないからどうやって下処理をすればいいのか・・・

皮があるの??なんて疑問に思う方も多いと思います。

私もその一人でした。では、セロリの皮などの下処理についてお書きしていきますね。

スポンサードリンク

セロリの皮はむくかむかないか?どっちがいい?

 

まず、セロリに皮があるのか?そこから入っていきましょう。

なんだかそのまま食べられそうに見えるセロリには、皮が・・・・あります!

 

でも、人参や大根のような、みなさんが見て

これは皮だ!と思うようなものではなく、

ブロッコリーの茎の部分、あ、アスパラガスなどだとわかりやすいでしょうか。

そういったお野菜に似た感じの皮がセロリにもあります!

 

例に挙げたお野菜でお分かりの方も多いと思いますが、

皮というよりも・・・「筋」が多いのが特徴です。

なので、セロリの筋を取るか取らないかの話になっていきます。

これは完全に好みの問題になるので、筋が多くても気にならないや

筋があると嫌だな〜とそれぞれの主観で

皮むき(筋とり)をして行くことをお勧めします^^

 

セロリの皮をむかないとどうなるの?

 

正直、私はセロリの筋をしっかり取りたい派!!!

セロリではあまり気にしたことはなかったのですが、

アスパラガスやブロッコリーの茎の部分で何回も失敗しています。

 

筋の部分って、やはり噛みきれないんです。

なので、ずっと口の中に残ってしまいます・・・。

しかも、舌触りだったり歯の間に挟まったりと

私的にはいいことがないなぁ・・・と

感じることが多いので、あまり好きではありません笑

 

セロリは、煮込み料理や出汁をとるときに

臭み消しや風味付けなどでそのままお肉などと一緒に

煮込まれることが多いのですが、

煮込まれることによって柔らかくなると思いますか・・・????

 

そんなこと聞くということは、わかると思うのですが

筋は柔らかくなりません!!!!!!

なので、結局口の中に残ったり、捨てる羽目になるのです!

筋取りはしっかりしましょう〜!!!

スポンサードリンク

セロリの皮をむかない時の下処理の仕方と調理法とは?

 

え〜〜でもなぁ、セロリの皮(筋)をむくのはめんどくさい!!

とか、なんだか野菜の皮って栄養素多そうだし、全部食べてしまいたい!

廃棄出したくないな〜〜。

その気持ち、わかります。

 

まず、こういうのもなんですが、筋には栄養素はあまり含まれていません

なのでそう考える方は、むいてしまった方がいいかと思います!

 

めんどくさかったり廃棄を出したくない方は

筋が気にならない程度に薄切りにしたり刻んだりして

調理することをお勧めします^^

 

大きくカットしてしまうと、結局、食べるときに筋が残ってしまうので

食べるのもめんどくさくなるし結局廃棄は出るしで

意味がないので、みじん切りや薄切りスライスで使うようにしましょう^^

 

セロリを加熱調理して温めた状態だと、筋は柔らかくならないのに

セロリのみの部分は柔らかくなって、刻みにくくなるので

生の状態の時に刻むことをお勧めします!

フードプロセッサーとかだとうまく切り刻んでくれますよ^^

 

セロリの皮をむかないことのメリット・デメリット

 

セロリの皮をむかないことに対して、正直デメリットしか思い浮かびません笑

でも、少しお話ししたように廃棄を出さなくて済むこと

フードプロセッサーなど使えば、

簡単に刻めるので時短にはなるという点では、メリットかな〜と思います。

 

あとは、筋取りって、結局食べてみると残っていたりするので

筋取りしたのにまだ残ってる・・・って少し残念な気持ちになるんですが

それを回避できることぐらいです笑

 

あとは、筋と一緒にセロリの身の部分を

一緒に剥いてしまうのはどうしても避けられないので、

皮をむかないと、そのまま全部のセロリを食べることができる!!

というのが、メリットだと思います^^

 

デメリットは、先ほどお話したように

口の中に残り続ける、筋が歯に挟まる・・・など

食べるときに大変なところです。

セロリの皮はむかない?それとも…?下処理についての解説!

セロリの皮のむき方

 

やっぱり、セロリの皮は剥いたほうがいい!と思います。

なので剥き方を、お教えしますね^^

と、いっても簡単です。

 

ご自宅にあるピーラーで、人参などの皮をむくように

スイスイスイ〜〜〜っとセロリの表面を剥いていきます。

セロリの茎の上の方から下の方へ、

滑らかに流していくと、あっという間に綺麗に筋取りできますよ!!

 

ピーラー??いや、包丁しかないねん〜って方もいますよね?

もちろん、包丁でも簡単に筋取りできますよ^^!!

包丁で行うときは、セロリの茎の下から上にかけて剥いていきます。

筋を取る前に、セロリの根元をしっかりと取り除いてくださね^^

 

筋を削ぎ取るように包丁を横に入れて、親指で押さえながら

ゆっくりセロリの葉の方に向かって筋を取ってみてください^^

するする取れると思うので、気持ちがいいこと間違いなしです!!

この動画によると、上から下にむいてもできますね(笑)

 

少し手間ですが、こうすることで、セロリを食べるときに

何も気にせずに美味しく食べることができるので

皮むきというなの筋取りを是非やってみてください!!

 

包丁に慣れていなくて少し怖いな〜〜って思う場合は、

もうピーラーでやっちゃいましょう!!

 

セロリの皮はむかない?:まとめ

 

今回は、セロリの皮についてでした!

どんなお野菜でも、筋があると一気に萎えます。

食べていて、美味しくない〜〜〜〜!

 

なので、今からセロリを調理する人には

絶対に筋を取ってからお料理に使って欲しいです!!!

あ、でもね意外と好き〜って人も中に入ると思うので、それはそれで良いんです^^

筋を取らずに食べてくださいませ〜〜。

セロリの臭いが苦手な人多いですよね。

私もその一人なんですが、天ぷらにすると臭いが減る?感じなくなる?

そうなので、今度やってみようかな〜と思っています!

しっかり筋取りをしてね!!!!

みなさんも美味しくセロリ食べてくださいね〜!

スポンサードリンク

コメント