土付き人参の保存方法!常温が適している?栄養は?

にんじんは1年中スーパーで売っていますし、値段も安くて手に入りやすい食材ですよね。

栄養も豊富なので家族にはたくさん食べてほしいので、買ってから少しでも長持ちしてくれたらうれしいものです。

普段スーパーで売られているニンジンは綺麗に洗ってあるので、土付きの人参がお目にかかれる機会はあまりないですよね。

しかし家庭菜園で育てているご家庭であったり、野菜の直売所や無人販売で運よく手に入る事もあるかと思います。

人参が皮つきで手に入るということは、新鮮な証拠ですね。

そんなときの土付き人参の適切な保存の仕方などについてご紹介させて頂きます。

また、土付きの人参は変えないけれど、人参はまとめて買って料理します!という方のためにも、
人参を大量保存する方法や切った人参の保存方法などについても併せて解説していきます。

この記事は、さまざまな人参の保存方法まとめ!だと思って読んでみてくださいね。

これを読んで、安くて栄養豊富な人参をうまく保存して、色々な料理に使ってもらえればと思います!

土付き人参を保存する方法!土は落とす?

 

まずは気になる土付き人参の保存方法について解説していきます。

土付きの状態で人参を手に入れる事ができたら、土は落としたほうがいいのでしょうか?

それとも、人参の土はつけたままで保存する方がいいのでしょうか?

土がついたままだとどうしても汚く見えてしまいますので、キレイに洗いたくなりますよね。

 

ですが、土付き人参の場合はそのまま

土をつけた状態のままで保存してください。

なぜ、土付きのままで人参を保存する方が良いのでしょうか?考えてみましょう。

 

食材は収穫する前の状態で保存すると長持ちする、と聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

なので、人参も収穫する前は土がついていることを考えると、

土は洗ってしまわずにそのままの状態で、保存する事で

収穫前の状態を少しでもキープすることが出来ます。

これが、長持ちすることに繋がりますよね。

 

人参の土を洗い流してしまうと、少なからず人参を傷つけてしまいます。

傷つけてしまうと、そこからどんどん傷んでしまいますので、

収穫してしまったら、あまり触らずに優しく保管をしなければならない

という理由でも、洗わないで保存したほうが良いかと思います。

 

どうしても土付きの状態での保存により、冷蔵庫が汚れてしまうのが

気になるようでしたら、専用の容器を用意してそこに保管しましょう。

人参を使うときには容器ごと取り出して使うようにすれば、

冷蔵庫自体が汚れることはないですので、ぜひ試してみて下さい。

人参の冷凍で栄養は失われる?まずい?解凍方法もご紹介

土付き人参の保存は常温で?

 

土付き人参の保存はどの場所で行うのが一番いいのでしょうか?

保管する場所については、土のついていない人参と同じです。

人参を保存するのに最適な温度は、0~5度程度なので

冷蔵庫で保存をする事をオススメします。

 

少しでも長持ちをさせるために収穫する前と同じ状態をキープする必要がある、

という事は先ほど説明させて頂きましたが、

収穫する前と同じように冷蔵庫で保管する場合にも

人参を立てて保存すると良いです。

人参は縦に植わっていますので、立てるのが有効になりますよ。

 

その際に、人参を新聞紙や紙袋にいれて保管してください。

にんじんは乾燥を嫌う性質がありますので、包んで乾燥から守る事で

更に長持ちをする事ができます。

土付きの人参は、土付きのままで包んでくださいね。

使うときには使う分だけ、直前に洗ってから使ってあげてください。

 

そのような正しい状態で保存をすることが出来れば、

にんじんは2週間は良い状態で保存ができますよ。

土付き人参を生で食べると栄養が減る!?

 

土付き人参を生で食べるとしたら、その栄栄養価に影響があるのでしょうか?

 

実は、にんじんは生で食べるとビタミンCを壊してしまう性質の酵素があるので、

折角のビタミンCを多く摂取することができなくなってしまうのです。

特に女性は、ビタミンをたくさん取りたいですよね。

ですが、酸と一緒に摂取する事で

ビタミンCを破壊する酵素の働きを邪魔してくれるので、

お酢の入ったものと一緒に食べるようにしてみましょう。

ひと手間加えると、栄養も上手に取る事が出来ますので知識をもつ事が大切ですよね。

 

ですが、人参はそのまま生で食べてしまうより、

加熱したほうが栄養が増すものがあります。それはカロテンです。

カロテンは火を通す事でその効果が増えます。

カロテンの効果としては、皮膚を守ってくれたり

免疫力を強めてくれますので、病気になりにくい

体づくりのための大切な役割をしてくれるのです。

 

にんじんに栄養がたくさん入っている部分はどこだと思いますか?

それは人参の皮の部分なのです。

でも、にんじんの皮は大抵剥いてしまいますよね。

ですが、もし人参を土付きが手に入ったのならそれは新しいものの証拠ですので、

是非とも食べる直前によく洗って皮は剥かずに

そのままの状態で料理してみてください。

 

思っていたよりも、皮は気にならずに食べられてしまうと思いますよ。

皮ごとすりおろして、パンケーキやカップケーキに入れると

皮の栄養ごと全部食べられるのでオススメですよ!

 

なので、人参は生で食べるとしても加熱して食べるとしても

色々な方法を楽しみながら栄養を摂取する事が出来ますし、

飽きないで食べ続ける事ができるので

色々なバリエーションで料理をしてみてくださいね。

土付き人参の保存方法!常温が適している?栄養は?

生人参レシピをご紹介!

 

ですが、加熱した人参の料理はオーソドックスで定番のものが多いので

すぐに思いつくかとは思いますが、

生で人参をそのまま食べる機会はそう多くないかと思いますので、

いくつかの生人参のレシピを紹介します。

 

まず、生人参を想像すると思いつくのは、人参スティックだと思います。

生の人参は酢と一緒に食べると良いというお話をしましたが、

マヨネーズにも酢が入っていますので、

ただマヨネーズを付けて食べるだけでも大丈夫です。

少し工夫するとしたら、マヨネーズにみそと砂糖を足して

混ぜたものをディップしても美味しいですし、

アボカドをつぶしてマヨネーズで和えたものに

粉チーズを合わせたものも美味しいですよ。

 

私がよく作るのは、人参ソースです。

にんじんをすりおろして、酢と砂糖とオリーブオイルと塩こしょうを混ぜ合わせています。

人参ドレッシングのようなものです。

 

これは万能なので、チーズやハーブを足して

野菜と混ぜてヘルシーサラダにしたり、お肉の上にかけたり、

魚のフライにかけたりと色々なものに使えるですよ。

人参は加熱しないでもちろん生のままなのですが、人参臭さみたいなものも

消えますので、子どもも大好きで人参だとは思わずにたくさん食べてくれます。

土付きじゃない人参がいっぱい!大量保存はどうしたらいいの?

そんな使い勝手バツグンの人参だからこそ、土付き以外にも様々な状態での正しい保存方法を知っておくと生活の役に立つこと間違いなしです。

ですので、ここからはスーパーなどでよく売っている土付き人参ではない人参の正しい保存方法についても解説しますね。

まとめ買いで安かったので、ついつい人参を買い過ぎてしまった、なんて経験はないでしょうか。

たくさん買ってしまった大量の人参を保存する場合でも、理想は冷蔵庫の最適な温度で保存したいものです。

けれど、沢山ありすぎて冷蔵庫に入り切らない場合には、余った人参を常温で保存するしかありませんよね。

その時には、冷蔵庫が空き次第にんじんを移していくことはもちろんなのですが、一時的に常温保存する注意点として下記を覚えておいて下さい。

     

  • 直射日光を避ける
  •  

  • 野菜は乾燥を嫌う特性があるので、乾燥しないように注意する
  •  

  • 高温になりすぎないようにする

という点が挙げられます。

詳しく説明させて頂きます。直射日光を当ててしまうと、

人参はどんどん熟れていってしまい、腐るのが早まってしまうのです。

なので、直射日光は当たらないように

紙袋やダンボールの中に入れて保管するのをオススメします。

乾燥しないように注意するという点に関しましては、

対策として新聞紙で包んだり紙袋に入れたりという方法が適しています。

高温になりすぎないようにするという点では、やはり腐りやすくなるリスクが高くなってしまいます。

なので、夏場の場合は常温での保管はしないようにするのが良いかと思います。

これらはあくまでも一時的に常温での保管をせざるを得ない場合での対策ですが、

少しでも気を付けるのと気を付けないのとでは

人参の寿命に大きく差がついてしまいますので、試してみてください。

切った人参の正しい保存方法

少しだけ人参を使いたいのに、一度切ってしまったらすぐ全部使わないと・・・なんていうことありますよね。

では、カットした人参を冷蔵庫で保存する場合、どのように保存したら長持ちするでしょうか。

大切なのは、どこから傷んでいってしまうのかを知ることです。

人参をカットしてしまったら、その切り口からどんどん傷んでいってしまいますので、

ラップなどでぴったりと切り口を覆うようにして保存してください。

酸素に触れてしまうとどんどん悪くなってしまいますので、注意が必要ですね。

また、乾燥してしまうとどんどんしなびてしまいますので、

ラップで包んでからジップ付きの袋にいれて保存しておけば、なおいいかと思います。

では、カットしてしまった人参を冷蔵庫で保管した場合には、

どれくらいの期間保存できると思いますか?

切ってしまった人参は長くても3、4日が限界だと思います。

なので早めに食べきるようにしてくださいね。

切った人参の冷凍の保存方法と保存期間

 

冷凍すると長持ちしますのでとても助かりますよね。

切った人参を冷凍庫で保存した場合には、どのくらいの期間で保存が可能なのでしょうか?

 

切った人参を冷凍保存した場合には、長くても1か月ほどで食べきるようにしてください。

あまり長期で冷凍保存してしまうと、冷凍庫の匂いがついてしまったり

冷凍焼けをしてしまい、味が落ちる原因となってしまいますので、注意が必要です。

 

では冷凍する場合にはどのような方法が適しているのでしょうか?

やはり使いやすさを考えると、調理をするときに

切りたい形にしてしまってから冷凍するのが良いかと思います。

千切りやいちょう切りやスティック状に切り分けて、ジップ袋に分けて

保存をしておけば、用途別に使い分ける事が出来ますので

後で調理をするときにとても楽になりますよ。

 

お弁当を作るときなんかでも、なんだか色味がさみしくなってしまって

あと少しだけ色のあるものを入れたいな、と思うときもありますよね。

そんなときに切り分けて冷凍してある人参があると、

サッとすぐに調理することができてあと1品!って時には大活躍してくれるのです。


私も野菜は切り分けて冷凍をしているものがいくつかありますが、

朝の忙しい時間にはこれがあってよかった!と思うことが

何回もあってかなりの頻度で助けられています。

 

煮ものなどに使うときには、冷凍のまま使うことが出来ますので

そのまま取り出せばいいだけですし、解凍してから使いたいときでも

使う15分ほど前に取り出しておけば簡単に解凍できます。

 

そのように人参以外の野菜も、同じように切り分けてから

冷凍をしておけば、普段の調理時間の短縮にもつながりますので

働いている共働きの家庭の主婦の方には、心強い味方になるのではないでしょうか。

 

私の普段のお助けメニューとして、重宝している方法を一つだけご紹介します。

話を聞いて真似してくれている友人もいますので、是非参考にしてもらえたらうれしいです。

 

私は調理時間短縮とメニューに困ったときのために、手作りミックスベジタブルを必ず常備しています。

サイコロ状に切った人参と玉ねぎといんげんとコーンを先に火を通してしまって、

ラップで小分けにしてから冷凍しておいています。

そうするとお弁当の隙間を埋めるために、バターで軽くソテーするだけで

美味しいですし、卵に入れてだし巻きにしても彩りがキレイになりますし、

ほかにはケチャップとコンソメと鶏肉と一緒に炊き込めば、チキンライスにもなりますよね。

 

このように冷凍保存をうまく使えば、毎日の料理のバリエーションが

楽に増やせますのでとってもオススメです!
 

人参の保存方法:まとめ

 

あまり人参を生で食べるのが好きな方は多くはないかと思いますが、

また新しい人参の魅力に気付けるかと思います。是非とも試してみてください。

野菜の賞味期限とか、保存方法とかって意外と知らないまま使っていることもあると思います。

冷凍保存しておけば大丈夫でしょ!など・・・

その気持ちは分かります!ただ、この記事を読んで少しでもお得に、

おいしく野菜を食べてもらえたらいいな、と思っています。

 

工夫次第で毎日の料理の負担も少なくなるのかなと思いますので、

負担になることなく、楽しく料理をできるようになれるような

アイディアを提案するお手伝いをすることができたら、とっても嬉しいです。

にんじんの関連リンク(外部サイト)