人参を大量保存するにはどんな事が大切?上手な保管方法

人参を大量保存するにはどんな事が大切?上手な保管方法 人参(にんじん)

人参は毎日の食事で登場しやすくて料理のバリエーションの多い野菜ですよね。

常に冷蔵庫には常備している方も多いのではなでしょうか。

人参は1年中スーパーで手に入る値段の安い食材ですが、安売りをしているときには目を疑う程安い値段で売っているのを見かける事があります。

そんなスーパーの安売りで大量に購入したときや家庭菜園でたくさん人参が収穫できた時には保存の仕方を迷ってしまいますよね。

保存をしておく場所にも困りますし、できるだけ長持ちしてほしいので保存の方法も詳しく知りたい所だと思います。

そんなお悩みを解決できるアイディアをご紹介します!

スポンサードリンク

人参を大量保存する場所はどこが適当?常温か冷蔵庫?

 

人参が大量にある場合には、どこに保存をしておくのが適切なのでしょうか?解説させて頂きます。

まず、人参の保存にはどんな温度が一番長持ちするのでしょうか?

常温で保存できるのでしょうか?それとも冷蔵庫が良いのか?

どちらが人参に合っているのでしょうか?

 

人参を保存する上での最適な温度は、0~5度くらいなので

保存をする場所としては、冷蔵庫が最適だと言えますよね。

あまりにも量が多い場合には、一時的に常温で保存しておくのも

仕方がないかとは思いますが、冷蔵庫は空き次第、移していったほうがいいかと思います。

一時的に常温で保存する場合の注意点としては、

  • 直射日光を避ける
  • 野菜は乾燥を嫌う特性があるので、乾燥しないように注意する
  • 高温になりすぎないようにする

という点が挙げられます。

 

詳しく説明させて頂きます。直射日光を当ててしまうと、

人参はどんどん熟れていってしまい、腐るのが早まってしまうのです。

なので、直射日光は当たらないように

紙袋やダンボールの中に入れて保管するのをオススメします。

 

乾燥しないように注意するという点に関しましては、

対策として新聞紙で包んだり紙袋に入れたりという方法が適しています。

高温になりすぎないようにするという点では、やはり腐りやすくなるリスクが高くなってしまいます。

なので、夏場の場合は常温での保管はしないようにするのが良いかと思います。

 

これらはあくまでも一時的に常温での保管をせざるを得ない場合での対策ですが、

少しでも気を付けるのと気を付けないのとでは

人参の寿命に大きく差がついてしまいますので、試してみてください。

切った人参の正しい保存方法とは?賞味期限の目安はどのくらい?

人参の大量保存方法

 

大量に人参を保存する場合の保存方法について、アドバイスをさせて頂きます。

人参を保存する場所については、冷蔵庫の温度が最適だというお話は先ほどさせて頂きました。

では、どのような方法で冷蔵庫に保管するのが一番長持ちするのでしょうか?

一番は、人参が生えていた時と同じような状態にしておくという事です。

 

どういう事かと言いますと、人参は土に縦に生えていますので、

冷蔵庫の中でも縦に立てて保存しておくと寿命が延びます。

私は100円ショップでちょうどいい大きさの容器を購入して、うまくたつように工夫しています。

 

次のポイントとしては、やはり人参は乾燥を嫌う性質がありますので、

新聞紙や紙袋に包んでから冷蔵庫に入れると良いです。

1本ずつ新聞紙に包むのも、出すのも面倒であれば

そのまま一度に紙袋にいれてしまえば、手間は省けるかと思いますので試してみてください。

 

その包んだ人参をそのまま保存できる袋に入れておくと、

さらに長く保存することが可能になります。

保存袋はジップ袋ではなくて、普通の袋で大丈夫です。

口は堅く縛って密閉する必要はありませんので、軽めにしばってください。

 

あと次のポイントとして、家庭菜園で人参を収穫した場合や、

直売所や無人販売で購入したときには、

人参は土付きで手に入る事があるかと思います。

最初から土つきで手に入れられたのならば、すぐに洗ってしまわずに

土つきのままで保存すると更に寿命は延びます

 

冷蔵庫が土で汚れてしまうのが気になるようでしたら、

100円ショップで人参専用の容器を購入して

使用して紙袋に包んでしまって、専用容器ごと取り出して使えば

庫内が汚れるのも防げるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

人参が大量の場合冷凍保存する方法も…保存&使用方法をご紹介!

 

更に長く保存するためには、冷凍保存が良いのではないか?

と思う方も多いかと思いますので、冷凍保存の方法をご紹介します。

冷凍保存をする場合には人参を丸のまま保存するのではなく、

カットして保存するのをオススメします。

 

なぜかというとそのまま保存してしまうと、解凍するのにも時間がかかりますし、

触感が柔らかくなってしまうので、解凍してから切るのにも

非常に切りにくい為です。

理由としては味や触感というよりは、扱いづらいという理由が大きいです。

 

オススメする保存方法としては、人参を数種類の大きさにカットして

ジップ袋に保存する方法です。

人参は色々な料理に使うので切り方も色々ありますよね。

千切りや短冊切り・乱切りやいちょう切りが一般的だと思います。

最初から切り分けてあると、使うときに非常に使いやすいのでオススメです。

 

冷凍保存した人参を使うときには、煮ものに使うときには

そのまま冷凍のまま入れて、一緒に煮込んでしまえばいいだけなので

非常に簡単ですし、サラダに入れたいときも湯がいてから和えればいいだけです。

 

もちろん調理をしたものを冷凍保存しておくのも可能です。

例えばお弁当用に切り干し大根の煮物に人参を入れて作ったとしましょう。

出来上がって粗熱が取れたら、お弁当用のシリコンンカップに

小分けにして保存容器に並べていれます。

 

蓋をしてそのまま冷凍庫に入れてしまえば、完成です。

朝冷凍されたままでお弁当に入れてしまえば、お昼には解凍されて

食べごろになっていますので朝調理する手間が省けますよね。

 

このようにいくつかの食材を切り分けて冷凍保存しておけば、

いざ料理をするときに包丁をつかって食材を切り分ける手間を省けますし、

洗い物も減らすことができますよね。

お仕事が終わってから夕食づくりをしないといけない方には

かなりの時短になりますのでぜひとも活用して頂きたいです。

冷凍保存した人参は1か月ほどの保存が可能になります。

人参の冷凍で栄養は失われる?まずい?解凍方法もご紹介

まとめ

 

少しの工夫で人参の長期の保存ができるようになりますし、

便利になりますので冷凍と冷蔵を使い分けて料理を楽しんで下さいね。

こちらの記事もご参考ください↓

土付き人参の保存方法!常温が適している?栄養は?

 

スポンサードリンク

コメント