りんごを冷凍すると栄養はどうなるの?冷凍方法と賞味期限とは!?

りんごを冷凍すると栄養はどうなるの?冷凍方法と賞味期限とは!? りんご

りんごは1年中スーパーにあって、わりと手軽に安く手に入るのでうれしい食材ですよね。

赤ちゃんの離乳食からお年寄りも好んで食べる方も多いかと思うので、年代を問わずにたくさん食べられているポピュラーな果物だと思います。

りんごはそのレシピのバリエーションも豊富で工夫しやすい食材なので、安売りをしているとついついたくさん購入してしまいますよね。

そんなりんごを少しでも長く保存したいというのが主婦心というものです。

冷凍保存できたら1か月くらいは持ちますのでこんな助かる事はないですよね。

しかし冷凍してしまうと鮮度が損なわれてしまって美味しくなくなってしまったり、栄養素が壊れてしまって栄養がなくなってしまうのではないでしょうか?

そんな悪いイメージもありますよね。

冷凍をしてみたくても、どのようにしたらいいのかが分からないという方もいるかと思います。

実際にりんごを冷凍するとどんな事が起きるのかと、その冷凍方法を詳しく紹介致します。

スポンサードリンク

りんごを冷凍すると栄養価が上がるメカニズムとは!?

 

冷凍保存をしてしまうと、栄養価が損なわれて

しまうようなイメージがありますよね。

実は、りんごを冷凍すると上がってくれる栄養素もあるのです。

それは果物の中にある、とっても大切な栄養素である

ビタミンCと抗酸化物質です。

 

ビタミンCと抗酸化物質というとお肌の老化を防止してくれたり、

抵抗力を高めて病気になりにくい体づくりをしてくれる効果があります。

健康な体作りの為にも少しでも多く摂取したい栄養素ですので、

この栄養素が増えてくれるのはとっても嬉しいですよね。

なので、一概に冷凍保存してしまうと

栄養価が下がってしまうという事ではありません。

果物全般は冷凍するとこのような栄養素の向上がみられるのです。

 

りんごの冷凍方法

 

りんごの冷凍方法をご紹介します。

冷凍保存をする為に大切なことは、酸素に触れないようにするという事です。

酸素に触れてしまうと風味も損なわれてしまいますし、

冷凍庫のイヤな匂いが移ってしまって

美味しく食べられなくなったり、冷凍焼けのリスクも出てきてしまいます。

なのでカットりんごの場合はひとつずつ

ラップで包んでから重ならないようにフリーザーパックに入れて

空気を抜いてから冷凍するのが適しています。

 

りんごの冷凍と栄養のメリットとデメリット

 

りんごを冷凍することで起きる、

栄養素に対してのメリットとデメリットについて紹介します。

メリットについては、先ほどお話した通りに

ビタミンCと抗酸化物質が向上することです。

 

デメリットについてですが、冷凍保存したものを解凍する時には

必ずドリップというものが出てきてしまいます。

そのなかに大事な栄養も流れ出てしまうという点です。

りんごを解凍すると、少なからず水が出てきますよね。

その中にりんごのペクチンという栄養素が流れてしまうのです。

ペクチンは水に溶けやすい性質がありますので、

その大半は流れ出てしまうと考えても良いでしょう。

 

では、ペクチンとはどんな働きがあるのでしょうか?

ペクチンは食物繊維が豊富なのでデトックスにも

大きな働きを見せてくれますし、腸内環境も整えてくれる

とっても優秀な栄養素なのです。

そんな大切な栄養素であるペクチンが流れ出てしまうのは残念な事ですよね。

 

どうしてもりんごを冷凍することで

ペクチンの摂取量は少なくなってしまいますので、

それが気にならない方はいいのですが、

ペクチンもたくさん摂取したいという方は

冷凍はしないで生のまま食べることをオススメします。

スポンサードリンク

りんごの栄養を損なわない冷凍方法と食べ方

 

りんごの栄養を少しでも損なわないようにする冷凍方法について紹介します。

やはり、栄養を損ないにくくするためには

りんごを小さ目にカットして冷凍をすることで

解凍時間を短くするという事だと思います。

解凍時間が短くなることでドリップも出にくくなりますので

ペクチンがたくさん流れてしまうのを防ぐ方法です。

 

あとは、ドリップごと使いやすくするために

すりおろすという方法があります。

りんごをすりおろしたら、その果汁ごと氷を作る製氷容器に入れて冷凍します。

固まったら、フリーザーパックに移して保存します。

 

すりおろしたときに出てくる果汁も一緒に冷凍するのがポイントです。

その果汁に栄養がつまっていますので、余すことなく食べることができます。

この方法は離乳食を作るうえでも、とってもやりやすい方法です。

離乳食では一度にたくさん食べられないので

すこしずつ小分けになっていると、すごく使いやすいのです。

 

りんごの栄養を損なわないようにするための

オススメの食べ方についても紹介します。

カットして冷凍したりんごを、そのまま

ヨーグルトと一緒にミキサーにかけます。

冷凍したまま使うので、解凍したときに出てしまうドリップが出ることもなく、

冷凍のまま使うので、しゃりしゃりとした食感も楽しめるスムージーができます。

 

他には、冷凍したすりおろしりんごのキューブを

冷凍のままカレーに加えます。

カレーの隠し味としてりんごはとても有名ですが、

やはりコクとまろやかさがプラスされて美味しいです。

 

煮込んでしまうので解凍をしてから使う必要もないですし、

冷凍してりんごキューブのストックをしておくと

手軽に試せますので、是非とも試してみてください。

 

りんごを冷凍してしまうと、どうしてもあの

独特のしゃきしゃき感はなくなって柔らかくなってしまいます。

ですがあの触感を苦手とする方も少なくないのではないでしょうか。

そういった方には、りんごをそのまま冷凍するのをオススメします。

りんごは切らずに丸のまま冷凍することもできます。

そのままラップにつつんで、空気に触れないように

フリーザーパックに入れて冷凍します。

食べる時にはそのまま解凍してから切り分けてください。

 

そのまま冷凍したりんごは煮りんごのような

コンポートのような味わい深いものがあります。

それもまたとっても美味しいので、りんごの食感が苦手な方は

わざと食感を変えるために冷凍してしまう

という方法も良いのではないでしょうか。

 

りんごを冷凍すると栄養は?:まとめ

 

りんごは本当に使いやすい食材ですので、

色々と工夫してたくさん楽しんでみて下さい。

料理の幅がどんどん広がっていくと思いますよ。

スポンサードリンク

コメント